STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら~公園の童話①

2004、秋頃 50音順お題:「さ」


sakura.png


その公園には、年寄りの それは立派な 桜の木があります。

花の頃になると、電車や車に乗って、
遠くの町からも たくさん人がやって来て、
思い思いに 写真を撮ったり お弁当を広げたりします。


隣に植えられた若い桜は、
そんな人々の 桜を見上げる時の 表情を見ると、
桜であることを、誇らしく思うのでした。



若い桜が その、か細い枝にやっと、かたい芽を少し つけた時、
一人の老人が うつむいたまま 通り過ぎました。

「桜じいさん、私には よく 解らない。
   もうすぐ つぼみが ふくらむのに、
   なぜあの老人は、顔を上げずに 通りすぎるの?」

じいさん桜は 話しかけても ほとんど、黙っています。

もう返事してくれないか、と若い桜が思ったとき
低い静かな声で じいさん桜は言いました。

━あの老人は ずっと若い頃、 
大好きだった女の人と ここへ来て、
指の先に初めて そっと触れたんだ。

戦争が 始まって、終わって、 
ここでまた やっと会えて、
それから一緒に歳をとって
   
・・けれども 彼の方が ひとり 
長く生きてくことになってしまった。

桜の花びらの色は、きっと 
あのときの、きれいな 指先を思い出すんだろうね・・。


若い桜の問いかけに 答えたというよりは、
まるで独り言のような、じいさん桜の言葉でありました。

若い桜は、毎日やってくる老人を 
もう少し黙って見守ろうと思いました。



若い桜の芽が 膨らんで、小さなつぼみに なりました。
女の人がひとり、ため息をついて 通り過ぎました。

「桜じいさん、私には まだ、解らない。
  もうすぐちらほら花が咲くのに、
  ため息をつく人がいる。」

長い沈黙の後、じいさん桜は また独り つぶやくように言いました。


━ あのご婦人は ずっと前の冬に 赤ちゃんを産んだ。
病気で生まれた赤ちゃんのため、
この道を毎日病院まで歩いたものだ。

花の咲くころにはきっと、赤ちゃんと一緒に公園に行こう。
満開の桜の下、元気になった赤ちゃんの
笑顔を 思い浮かべながらね。
それは、叶わなかったんだけれども・・。

若い桜は一瞬、女の人の思い浮かべたその光景を 
目にしたような気がしました。

そして、見てもらえるかどうか 解らないけど、
たくさん たくさん 花をつけよう・・と思いました。



若い桜の枝に ちらほら花が咲きました。
若い女の子が、悲しい顔で通りすぎました。

若い桜が聞く前に じいさん桜は 低い声で歌うように言いました。

━ あの子は 満開の桜の下、最初の恋に さよならした。
付き合うこと自体にウキウキしてるのが、
はたから見ても 解ったさ。
だけど 気がつけばいつの間にか 相手の心は 離れてた。 
   
花見で賑わう人の中、ぽつんと置き去りにされて、
あの子は どこへも行けないで立っていた。


若い桜は、女の子が いつか、
本当に心通う人と ここへ来ることを、心から願いました。



桜の花が 満開の頃、たくさんの人が 通り過ぎました。

じいさん桜は、もう何も話さず、

はしゃいで遊ぶ子供たちにも、賑やかな宴を 開く人たちにも
・・そして うつむいて歩く人、大切な思い出に涙する人にも  
同じようにその見事な花を咲かせて見せました。


やがて、若い桜の花は 散りました。

じいさん桜の花の終わりは それは美しい 花吹雪でした。          


そして 間もなく 桜の木々は 花の後に 青々とした葉をつけ、

夏には 柔らかな木陰をつくるのでした。



スポンサーサイト

ベンチ~公園の童話②

やすみさんがベンチの画像をHPにUPされたときから 
何か物語をつけさせてくださいとお願いしていました。
お待たせしました やすみさん。(笑)

               2005、8月、50音順:「へ」

sakurabennti.jpg






公園の じいさん桜の そばに
古いベンチが ひとつ ありました。




そのベンチのところに 
ある日 少女がやって来て
立ち止まって 話しかけました。


「わたし あなたを 知ってる。
 小さい頃 おかあさんと 
 しゃぼんだまを持って、よく来たわ。

 しゃぼん液のフタが うまく開けられなくって 
 ここで全部 こぼしちゃったことがある。

 ねぇ、ベンチさん、覚えてる?」




 
「さあてね、たくさんの子どもが 
 ここで しゃぼんだまをしたがるさ。

 そして 子どもは よくこぼす。
 おかげで、こっちはベタベタさ。
 迷惑な話だね。」



ベンチが何と 返事したか 気にする風もなく

「ふふ、なんだか 懐かしいね。」


少女はベンチを そっとなぜて、
スキップしながら 行ってしまいました。






また あるときは 青年がやって来て言いました。

「ああ、このベンチだ。
 小学校の はじめての遠足で お弁当食べたっけ。

 一緒に食べようって どうしても声をかけられなくて
 一人で ここに座ったら
 友達が ひとり また ひとり 寄って来た。
 一緒に 食べた。
 いいベンチ 見つけたね、って。」



ベンチは また 気難しく つぶやきます。

「小学生は どろんこ靴で
 足をブラブラさせるから 嫌いだね。

 なのに たくさんの 子どもが 
 わたしに座りたがって ケンカする。」



青年も ベンチと そのあたりの景色を
懐かしそうに 見渡して

「あれから 友達がたくさん できたんだ。
 あの日の お弁当は 最高においしかったよ。」


そして 何度も 振り返り 振り返り
行ってしまいました。




このベンチで 赤ちゃんに ミルクを飲ませたのが 
とても懐かしい という お母さんにも

初めての彼とドキドキしながら 座ったわ、という お嬢さんにも

ベンチは 同じように つっけんどんに答えます。




そんな ベンチの態度を見るにつけ
若いさくらや 季節の風たちが 
はらはらしたり いらいらしたりするのに 

じいさん桜は おだやかな顔のまま
ベンチの答えを 黙って聞いているのでした。






おしゃべりすずめが
公園の工事の話を 聞いてきたのは
じいさん桜の 花の時期が終わって 
公園に 静けさが 戻った頃でした。


「古ーい ベンチなんてさ 
 この機会に 一掃 
 なんてことに なるんじゃない?」

からすが勢いづいて言うと すずめたちも

「そうそう、新しくって おしゃれなベンチ、
 別の公園で 見た。

 あんな ベンチなら ここに 似合うわよ。
 ねぇ、さくらじいさん。」



じいさん桜が 返事をするかわりに
根元で昼寝していた 黒猫が

「ミャウー」
と一声 小さく鳴いて 
のっそり その場から 離れて行きました。




ベンチの下に 黒猫がもぐりこんだ時
おばあさんと若い娘さんが 
やって来て 座りました。



「おばあちゃん、おばあちゃん、
 思い出す?

 初めてここが 公園になったとき
 家族で 競争して このベンチに座ったんだってね。


 おばあちゃん、
 さくらの季節は にぎやかだけど

 おばあちゃんは このベンチに座って見る 
 どの季節の風景も ひとつ ひとつ
 大好きだったんだってね。

 おばあちゃん、

 そんな 話を 私が小さいときから
 いっぱい いっぱい してくれてたんだよ。

 おばあちゃん、おばあちゃん
 何か 思い出した? 」



おばあさんは 静かに顔を上げ
あたりを 見回し 小さくほほえんで
ベンチの ペンキのはがれたところを
そっと 指で なぞりました。


ぼんやりと どこかを見ているような その瞳に 
やわらかい光が 宿ったように見えました。




じいさん桜は 
そんな ふたりの座る ベンチの上に
静かな 木陰を つくり

さわさわと 優しい葉っぱの音を 聞かせてやりました。








ベンチの上で 黒猫が動きません、と
報告をうけた 公園の管理の人が駆けつけたのは

そのベンチを運び出す 予定の日のことでした。




「たかが ネコ一匹で どういうことだ。」

管理の人が 見にいくと

どうしたことでしょう



カラスたちと すずめたちが
ずらりと並んで
行く手を邪魔します



ベンチの上には いつもの 黒猫が どっかりと 座り 
近づこうとすると 
「フー」

威嚇の声を出し ジロリと睨みます。


カラスも すずめも ベンチを少しでも動かそうものなら
いっせいに 飛び掛ってきそうな様子です。




      ****************





じいさん桜の そばに
古いベンチが あります。

ペンキを 塗り替えられ
修理され
古いけれども それは大切にされています。






ベンチは このごろ こんな風につぶやきます。



覚えていてくれて ありがとう。
思い出にしてくれて ありがとう。


それは 何よりも 幸せなことなのだね・・・

なぁ・・さくらじいさん




そう言ってから コホンと咳払いしては
また、気難しい顔をして
黙り込むのでした。









続きを読む »

満月の夜に~公園の童話③

春のトラックバック企画「月と桜」に参加した時のものです 
          2005.4  50音順:「ま」


mooncat.png




毎年、桜の花が咲きだすと
公園の係りの人たちが 花見客のために
提灯の準備を始めます。

去年、じいさん桜の周りには
花を 下から照らし出す、ライトも取り付けられました。

ますます見事な 夜桜に
たくさんの人がやって来て 
口々に じいさん桜を 褒めて行きます。


若い桜は、そんなじいさん桜を 
いつも誇らしく思っておりました。




夜の花見の客が 増えだすと、
若い桜がうきうきするのに対して
じいさん桜が、ますます無口になっていくことは
若い桜も 気づいておりました。

それでも、前は ぼちぼち、
昔話なんぞを しゃべってくれていたのに

去年からのじいさんときたら
提灯の準備の始まる頃から、
むっつりと押し黙ったまま
何一つ答えても くれません。 




お喋りすずめが言いました。

「じいさんは うるさい歌がきらいなのよ。
  花見の客の歌ったら、全くひどいものだもの。」



知ったかぶりのカラスが言いました。

「じいさんは オイラが ゴミの置き土産を喜ぶのが 
             気に食わないのさ。」


春風が ふわりと口を挟みます。

「違うわ。桜じいさんは 威張ってると思われるのがいやなのよ。
    一番の人気者は 桜じいさんなのは 皆認めてるのにね。」



若い桜は みんなのおしゃべりを聞きながら、
どれもそのようであり 
でもやっぱり 
どこか違うような 気がするのでした。

 
  

桜じいさんの足元で 昼寝していた黒猫が、のっそり起き上がり、
じいさん桜を 首を伸ばして見上げた後、

慌てて飛び立つすずめを チラと横目でみただけで 
ツイと どこかへいってしまいました。

誰も その棲家を知らず、
いつからこの公園にいるのかもわからない黒猫、
じいさん桜と 同じくらい長生きしてるという噂のある 黒猫です。






「桜じいさん、今日はいいお花見日和だね。」

「今日の夜あたりは 随分と人が集まって にぎやかだろうね。」

「じいさんの足元は 一番人気だから、
  ほら もうこんなに早くから 場所を取ってる人がいるよ。」

若い桜は じいさん桜の心の内が 解らないまま 
時々話しかけてみましたが
やはり じいさんは 黙々と見事な花を咲かせているだけです。






ある日、久しぶりに 黒猫がまた、桜じいさんの足元にやってきて、
一声「ミャウ」と鳴きました。

若い桜は そのとき、じいさん桜が
久しぶりに「ホゥ・・」と  
ため息とも返事ともつかない 声を出したのを 聞きました。


その夜のことです。



大勢の花見の客の 
それぞれの宴がにぎやかな その時に
どうしたことでしょう
フイっと ライトが消えました。

つづいて、連なって揺れている提灯も 消え
あたりは 漆黒の闇になりました。



一瞬のざわめきの後、誰とはなしに 空を見上げると
雲の間から、それは美しい満月が現れ
じいさん桜を 上から 柔らかな光で照らしました。



若い桜は、お月様に照らされて
ため息がでるほど美しい じいさん桜を見て

じいさんが一度だけポツリと言った
「お月様に 申し訳ない。」
という言葉を 思い出しました。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




「何でまた 電気がいっせいに 消えちまったんだろう。」

「まぁ いいさ、すぐに復旧したことだし。
  どこからも苦情が来なかっただけでも 儲けものなのにさ、
  なんとオレなんか、今日褒められちまったんだよ、            
  すばらしい夜桜でしたってさ。
 
  オイ、黒猫、お前 昨日の晩、
  電気に何か悪さ しなかっただろうな?」



じいさん桜の周りを掃除する 公園の係りの人たちの足元で
 
黒猫は 目をつぶったまま、

耳だけピクン、と動かしました。

 | HOME |  »

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。