STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

となりの森の・・(みんな みんな いいこ 8)




森からね、
見たことないようなやつが飛び出して来て、走って行った。
だから、追いかけた。

嘘じゃない、本当だもん。
森にいたの、見たんだよ。



ゆりちゃんの靴を抱いて、リクくんは必死で言い張ったんだ。
「森」っていうのは 幼稚園の脇にある。どんぐり拾いに行く所だ。
いつも薄暗くて、誰かとしっかり手を繋いでいないと、迷子になってしまいそうな気がする。
高い木の梢を見上げれば逆に、くるくる深い穴に落ちていくような不思議な気持ちになる。
だからいつも森に行くときは皆、わざとはしゃいだりおどけたりした。

リクくんはその日初めて一人、そこに行った。
ゆりちゃんの赤い運動靴を持っていた。
頬が熱い。心臓がドウシヨウドウシヨウと鳴っていた。

お帰りの時間はとっくに過ぎているのに、ゆりちゃんはたっちゃん先生とおしゃべりに夢中で、いつまでも出てこない。
靴箱にぽつんと残されたゆりちゃんの靴を、ちょっと持ち出してみただけだ。
すぐに「はい、どうぞ」って 出してあげるつもりだったんだ。

なのに、ゆりちゃんが、「靴がない」って泣き出した。
先生も他のお母さんも集まってきた。
こういう時ってさ、すぐに出て行けなくなっちゃっうんだよね。
少しして、とぼとぼ戻ってきたリクくんにマサエ先生が気づいた。
手にしたゆりちゃんの靴を、皆が見た。




─見たことない生き物って何よ
リクくんママは目を吊り上げた。
─見つかったし、もういいじゃない。ふざけただけよね、リクちゃん
ゆりちゃんのお母さんはいつも優しい。それでも ちょっといつもより、声が尖っていた。
─謝りなさい、ゆりちゃんの靴隠して 嘘なんかついてごまかして。ちゃんと ごめんなさいって言いなさい。
─だって、見たんだ、だって、いたんだ。
リクくんも 声振り絞って繰り返す。のどがひくひく震えて上手く喋れない。
園庭に残っているのはもうリクくん達だけだ。
ゆりちゃんの靴探し手伝ってたお母さん達も 愛想笑いして帰っていった。
ゆりちゃんはもうすっかり泣き止んで、困った顔で俯いている。
ゆりちゃんのお母さんも 
─もういいわよね、ゆり
と言い
─またゆっくり先生とお話しようね、お母さま方も、今日のところは・・・・
マサエ先生も、リクくんとゆりちゃんの頭をなでた。
─お友達のもの隠して、嘘ついて・・・
リクくんのママだけはまだ、笑わない。


リクくんから靴を受け取って、履き替えていたゆりちゃんが、急に、
あれれ、と大きな声を出した。
─あれぇ、リクちゃん、ゆりの靴、何か入ってるよ。何だろう。

拾った覚えも入れた覚えもないのに 
ゆりちゃんの靴から大きなつやつやのどんぐりが二つ ころんと飛び出した。

「いたんだよね、こぉんなやつ」
ゆりちゃんが両手を広げて、大きな生き物の形を作った。

「こんなのと、こんなのも」
中くらいのと 小さい形も作って見せた。

二人で何度も繰り返し観たアニメに出てくる、大好きな「奇妙な生き物」だ。
どんぐり運ぶ、不思議な生き物だ。

「いたんだ、本当にいたんだ」
アニメの主人公みたいにはしゃいでさ、
ゆりちゃんは踊るように跳ねると 
リクくんの手を引っ張ってぐるぐる回り出した。

「いたんだね。ほんとにほんとに いたんだね」
ゆりちゃんは嬉しくて仕方ないって顔で笑う。
最初戸惑っていたリクくんもつられて、やっと笑った。



「お母さん、帰ってリクちゃんといつものビデオ観る!」
ゆりちゃんがリクくんの手をしっかり握ったまま そう言った。







ゆりちゃんのポケットには、いつもお気に入りのどんぐりが、入っていたのかもしれない、
リクくんがそう思ったのは、それからずっとずっと後のことだ。

それでもさ、その時のことを思い出すとリクくんはいつも、
森の方からあの「奇妙な生き物たち」が、
目を ぱちくりさせながらこちらを伺っている様子が、
目に浮かぶんだ。




スポンサーサイト

だんごむし(みんな みんな いいこ1)

☆50音順「た」の時書いたものです
danngomusi.png



「ついてくんな。」


お兄ちゃんに おいてきぼりにされて
お外で しゃがんで 泣いてたら 

ユイちゃんの くつの上 そろりそろり、
ダンゴ虫 一匹、乗ってきた。



あれ、あれれ ダンゴ虫
こんなところに いっぱいいるよ。

あっち チョン。   こっち ツン。
みんな コロコロ ダンゴになった。


面白くって 面白くって 
ユイちゃんは 夕方まで 夢中になって 
だんご虫と遊んだんだ。


次の日 ユイちゃんは ビニール袋を持って お外に出かけた。

コロコロ まるい ダンゴ虫、袋にどっさり 集めたんだ。




ママ、見て すごいよ。 こんなに ダンゴ虫。

玄関で ママを呼んで 得意になって 見せた。
ママの顔が すーっと青くなって


ユイちゃん、お家に入れちゃダメ。  
逃がしてきてね。お願いよ!


ママは あわてて部屋に入ってしまい、
手だけ出して、早く、早くって ユイちゃんを追い出した。



ママ、ダンゴ虫 かわいくないのかな。

ユイちゃんは 一匹 一匹 さよなら言って 戻してやった。





次の日 幼稚園のお絵かきの時、ユイちゃんはダンゴ虫 描いた。


のぞきこんだアリサちゃんとエリカちゃんは
つっつき合って 「いやーん」って言って 笑ってた。



次の日も、その次の日も その次の日も 
ユイちゃんは ダンゴ虫 描いた。


好きなもの描きましょうって マサエ先生は言ったのに

「うーん、ユイちゃん、他のもの 描いてごらんよ。」
「ほーら、色んな色 使うと楽しいよ。」


そして、お迎えに来たママと、真剣な顔で ヒソヒソ話してた。


 ダンゴ虫・・・・だめ?




ユイちゃんは、今日は ダンゴ虫、3匹並べて 描いてみた。

このごろは のぞきこむ女の子も いないんだ。



ユイちゃんが 「出来上がり」 って クレヨン置いたとき
突然 うしろから、大きな 大きな声がした。


「お~ ユイちゃん、ダンゴ虫かぁ、おもしろいなぁ!」


ときどき ユイちゃんの組にもやってくる おとこ先生だ。



「な、ユイちゃん、今日のダンゴ虫、先生にくれないかな?」 
 変なこと言う たっちゃん先生。


「ちょっといいこと思いついた。それ 切り抜いてもいい?」
 たっちゃん先生 ユイの嫌なこと しないよね?


ユイちゃんは、お絵かき帳を 先生に差し出した。


先生は エプロンのポケットから はさみを出して
今 作ったみたいな、でたらめの「ダンゴ虫のうた」 歌いながら
ユイちゃんの 3匹のダンゴ虫を 
チョキチョキ チョキチョキ 切り抜いていく。

集まってきた みんなの顔を、ぐるっと見てから 
たっちゃん先生は、

「さて さて、 ナニが 出るのかな~?」って言って、
手品みたいに、今度は 割りばしを 3本 出してきた。



そして 3匹のダンゴ虫の裏がわに
セロテープで ぺたっ ぺたっ ぺたっ て くっつけたんだ。





たっちゃん先生の だんご虫劇場は 大人気。



ユイちゃんに笑顔 やっと 戻った 


ちょうちょ(みんな みんな いいこ2)

50音順「ち」の時書いたものです。
tyoutyo.png


たっちゃん先生が 何かたくらんでいる。


お散歩の時間 アリサちゃんは ピンときた。
たっちゃん先生たら 
変なかたちの 大きな紙包みを持って 
ついて来るんだ。
  
マサエ先生が、
「よそみしないで! まっすぐ二列!」
って、いくら言っても

皆、たっちゃん先生の まわりを 
ヒラヒラ 行ったり来たりして
先生のナイショの計画を 知りたがっていた。


「わぁ・・」


公園についた 皆は 
目をまん丸にして いっせいに声をあげた。

ひらひら ちょうちょが 
あっちにも こっちにも。


みんな きゃあきゃあ 言って、てんでに追っかけはじめた。



そしたらね、たっちゃん先生 みんなを集めて、

「さて さて 何が出てくるでしょう。」

持ってきた 紙包み カサカサ開けたんだ。

出てきたのは 虫取りアミ。
もち手のところが グーンと伸びるヤツだ。

「やったー。」

アッくんが さっと つかむと 
いきなり ブンブン 振り回す。


あんまり めちゃくちゃに振り回すもんだから、
アリサちゃんも みんなも、大騒ぎしちゃったんだ。


ちょうちょ びっくりさせちゃった。





アッ君から アミが まだ、
誰にも回してもらえないうちのことだった。

マサエ先生が 知らない女の人に しかられた。


「ちょうちょが かわいそう。 
  こんなに大勢でやって来て、なんて乱暴なんでしょう。」

おばさんは、カンキョウホゴとか アイゴノセイシンとか
難しいことを いっぱい言った。

マサエ先生は黙って聞いて、あやまっていた。



追いかけまわしたり、アミでとったりしたら、
ちょうちょがかわいそうだ   

  ・・おばさんがそういってることだけは、
    アリサちゃんにも解ったよ。


 

       
だけど、アミを片付けた後の お散歩は つまらなかった。

マサエ先生は 「騒がないで」とか 「走らないよ」 とか
「ほらほら 他の人に迷惑よ」  とか
 
注意 ばっかり。


たっちゃん先生は、マサエ先生に
「今日は もう、勝手なことしないでくださいよ。」
 って こっそり 言われてた。


だから それからは ずぅっと 
「アンゼンカクニン」とか「ユウドウ」とかばっかり やっていた。



でもね、そんな たっちゃん先生の まわりを、
幼稚園に帰るまで  ひらひら ひらひら ちょうちょ 
付いてきてたんだ。



先生とちょうちょ 仲良しだ。

アリサちゃんは なんだか ちょっと ホッとした。


そうしてね、アリサちゃんは もうひとつ 気が付いている。

たっちゃん先生 幼稚園に着くころは もう 
歩きながら、フンフン でたらめ歌 歌ってた。

そして 鼻の下キューンって伸ばして、
目、クリクリ させたんだ。

これって、 たっちゃん先生が 

何かまた いいこと 思いついた証拠なんだよ。


 | HOME |  »

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。