STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「の」~のら 駐車場のねこ

 noraneko.png


1階だったら 良かったのに・・。
弟のシンヤは よく そう言う。



ウチは ペット禁止のマンションの 12階。
子ども部屋の窓から 見下ろすと 
小さく駐車場が見える。

子猫の「のら」を見つけたのは 
その 駐車場の 植え込みの中だった。

そばにあった 白いトレイに 
何かエサが 入れられていた形跡があるが
もう すっかり 乾いている。

空腹なのか みゃー みゃー情けない声で鳴いていた。



「お姉ちゃん、牛乳とか やっちゃ ダメ?」

12階まで上がることも 大変だったけど それよりも・・

「ダメよ  アンタも知ってるでしょ。
 この前 向いの棟のおばあちゃんが・・」



動物好きの 1人暮らしのおばあさんが 
野良犬や野良猫にエサをやっているのは 
大抵の人が 知っていた。

本当は 敷地内で エサをやるのも禁止なのだ。



おばあさんがエサをやるので 
のら犬や のら猫が居つくようになったのだ、と
専用庭に ウンチやオシッコをされた1階の人が
言い出した。

おばあさんは そこの人に かなり厳しく文句を言われ
管理人さんは 「犬、猫の嫌うにおい」 のする粉末を
あっちこっちに 撒いて回った。





「エサやっちゃ やっぱり ダメかなぁ・・」
ママに 何気なく言ったら
ママは 私の 生物や保健や公民のテストの成績のことを
急に持ち出して

─そんなことも ちゃんと考えられないようだから あんな点取るのよ。

猫の柄のエプロンをつけたまま ぶつぶつ言った。







シンヤが こっそり 煮干やチーズを 持ち出して
「のら」にやっていることは 知っていた。
「のら」は すっかり大きくなって 堂々とした野良猫になっている。

チビのシンヤが それでも
赤ちゃんに言うような調子で「のら」に話し掛け、
指先を ペロリとなめてもらうだけで 嬉しそうにしているのを
笑いをこらえながら見るのが 私は好きだった。





ある夜中のことだ。 
シンヤが 窓を指して言った。 

「お姉ちゃん、のらが 来た。」



寝ぼけてるんじゃないの? 
いないよ。 大体ここ 12階だよ。

念のため ベランダに出てみたが 猫なんて いなかった。
私に探させておいて シンヤは とっくに寝息をたてていた。

その日から「のら」は ぱったり 駐車場に来なくなった。



動物好きの あのおばあさんが 
ひとり ひっそりと亡くなっていたという話は 後から聞いた。

あの夜だったんじゃないかな・・と ちょっと思う。
おばあさんは そのとき ひとりぼっちなんかじゃなかった

「のら」がいた・・そう思いたい。







「ルナちゃん」「ルナちゃん」

シンヤと 商店街を歩いていたら
店先でエサをもらっている「のら」そっくりの猫を見たのは
何ヶ月も 経ってからのことだ。


喉を鳴らし、おなかを見せて寝転ぶ様子を見て
飼い猫ですか?と聞くと 通い猫だという。




「『のら』じゃない。」
シンヤが 猫を横目で睨みながら言った。

「『のら』は あんな 甘え方する猫じゃないもん。」





元気に生きてて 誰かに可愛がられてたほうが いいじゃん・・・

そう言いかけて見た シンヤの目が 赤かったので
言うのをやめて 久しぶりに シンヤの 手を取った。


以前より少しだけ 骨ばった感じのするその手を 
きゅっと 握って

何も言わずに ふたり 歩いた。






スポンサーサイト

「ね」~ねこ(風と草の記憶)

cat.png



サワサワ ザワワ
いうのは 何?


ぼんやり 明るくなって 暗くなって
明るくなって 暗くなって

ボク うとうと 眠ってたんだよ。

そしたら いつのまにか

大きくて あったかくて
優しい 場所が

なくなっていた。


くちゅ くちゅ くちゅ
押し合い へし合い だんごになって 飲んだ
あの おいしくって しあわせなもの

そばに ない。



サワサワ ザワワ
音が 大きくなると
ちょっと こわくて


おんなじ大きさの あったかいぬくもりを
探し合って ひっついて また 眠った。

寒くは ないけど ぷるぷる ふるえた。


ミィミィ チィチィ
みんなで 呼んだ。

どこに いるの?
オカアサン。







明るくなって 暗くなって
気がついたら 
そばに もう だれも いなかった。


サワサワ ザワワ 音だけがした。
あなた だれ?
ザワザワ言わないで こわいから。

私は 風。 
サワサワいうのは 草の葉さ。
大丈夫。風も 草も おまえさんを いじめない。

こわいのは もっと もっと 別のもの。







色んな ぬくもりが 通り過ぎた。
抱き上げられ ほおずりされ 
下ろされた。

しっぽを つままれ 足をひっぱられ
なでまわされた。




おなか すいた。


いいにおいのもの 誰かがくれたけど
飲み方が わからなかった。

チュウ チュウできる あのやさしいぬくもりなら
おなかは いっぱいに 満たされるのに。






チクンとした。
キミは 誰?


オイラは 虫。
大きくなったら ネコは オイラを 追いかける。

気をつけな。
上から カラスがねらってる。

アンタがしっかり 育つまでは
鳥の方が だんぜん 強い。

気をつけな。
急降下してきたら オダブツさ。





ふわりと また 抱き上げられた。
そのまま 静かに なでられた。

オカアサンの ザラザラの舌の方が 気持ちいいけど
なんだか 安心できる あたたかさがあった。





オマエの幸運 祈ってるぜ。
虫が言った。

幸せにおなりね。
草たちの コーラスが聞こえた。





風があたらない物の中 ゆっくり ゆっくり下ろされた。

ユラリ ユラリ カタ カタン
ここは どこ?

ユラリ ユラリ カタ カタン
ボク どこに 行くの?

風の音が 遠い。








「ただいま。」

「なぁ ママ どうしよう。」

「何?何なの?カバンの中?」




やわらかい さっきの手が 明るいところに 連れ出した。





幸せにおなり、幸せにおなりよ。
風が ささやいた。


やわらかい手 
安心になる この におい。







明るくなって 
明るくなって

何でも見えるようになったら
この手の上を ちゃんと 見上げて

いっぱい いっぱい 言おう。



ありがとう。
だいすき。









ここから 実録blog「我が家に猫がやって来た~なずなさんちの大和くん」に 続きます 。
ここで「ママ この子飼っていい?」って すぐにかわいらしく言わないのは 実際の場面とリンクしたかったからです。ちょっと変な セリフですが・・

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。