STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔 住んだ 部屋(100字)

新居探しの人囲み、曰く付きの部屋の話で盛り上がる。

こんな日は、確かめに来てしまう。



大切な思い出詰まった2DK。
あのこのお通夜をした場所。



見上げると、灯り点る窓、幸せな家族の気配がした。








スポンサーサイト

つきのかけら  (100字)

やり切れなさに、月を思いきり蹴り上げた。

水溜りの中、月は微かに揺れ、元に戻る。

跳ねた雫を被った馬鹿な自分を罵った。

服についた雫がきらり光る。




月の欠片だね。


黙って後をついてきた彼女が言った。









学生服の 箱 開ける (100字)

くん、と嗅ぐ。

真新しい布の香りだ。



深い黒色、曇りのない金釦。誰の形でもない学生服。

日々、たくさんのものをしみ染込ませ、3年を終えた時、

いい思い出の品になりますようにと、





母はただ祈っている。








 | HOME |  »

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。