STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖精のいる街で

「妖精」をテーマに何か童話を・・という企画にのって、少し前に書いたものです。
枚数、文字数合わせるのに苦労した記憶が・・


yousei.png





「ママね、小さい頃この街で妖精に会ったことがあるのよ。」

お引越し先に向かう車の中で、ママは七海に言ったんだ。

「ここならおばあちゃんちも近いし・・
そこ、ママの通う病院。 赤ちゃん産むのもここよ。」

ママの指さす先に、白い建物が見えた。


─みんな、どうしてるかなぁ・・・
2年生までずっと仲良しだった友達のことを七海は考えていた。
ママのウキウキした様子には、ちょっぴり腹がたつ。

おばあちゃんちのとなり町。
ママは子どもの頃迷子になって、
小さな妖精に助けてもらったんだって。



「もういいよ、そんな話。」
ママの話をさえぎって七海は目をつぶった。







「お腹の赤ちゃんがびっくりするから、
あんまり張り切って片付けなくていいよ。
七海もしっかり、ママを手伝ってあげてね。」

聞こえないふりしていたら、
パパはママのお腹にバイバイして、仕事に出かけて行った。 





二階の窓から見下ろすと、となりの庭が見える。
あれ、おとなりのゆりさん、大きな木を見上げて何かしゃべっている。
だれもいないのに変なの。

ゆりさん、七海に気がついた。

「こ、こんにちは。何してるんですか?」

「ふふ、そろそろ桜の花、咲かせる気がないか、ちょっと聞いていたのよ。」
そう言ってゆりさんは、その木をぽんぽんって優しくさわった。
よく見るとまだ硬そうだけど、あちこちにつぼみがついている。

「あらあら七海ちゃん、春も近いのにそんな退屈そうな顔をしちゃって。
うーん、その様子じゃ、まだ会えてないようね。」

ゆりさんはまゆを上げ、目をクリンとさせて、笑った。
初めて会った日もゆりさんはこんな風に笑って、
七海の耳元でささやいたんだ。

「この街には妖精がいるのよ、七海ちゃんもきっと気に入るわ。」







今日もダンボール箱の山の中、大きなお腹をさすりながら、
ママはお片付けをしている。                 
「ああ、疲れた。七海はもう、お部屋片付いた?
できたらこっちも手伝って欲しいなぁ。」

ひと休みしようって下に降りて来たのに・・。

「そんなに大変なんだったら、引越しなんてしなきゃ良かったのに。」
七海の口からチクチクとがった言葉が飛び出した。
ママは少し驚いた顔をした。

「私は転校なんてしたくなかったもん。
きょうだいなんて、別に欲しくなかったもん。」


─楽しみだね、七海のお部屋もできるのよ。
お引越しの話がどんどんすすんで行く中で、今までどうしても言えなかったことが、涙といっしょにぼろぼろあふれ出した。

ママは、悲しそうな目をして七海の言葉を黙って聞いたあと、
「ごめん。ママ、はしゃぎすぎてたよね。」 

そう言って七海のおでこに自分のおでこをこつん、くっつけた。






トゥルルル、トゥルルル。
留守番してたら電話がなった。
あわてて出たら、病院に行ってるはずのママの声。何だか元気がない。

「急でごめんね。ママ、入院しなくちゃならないの。
パパからの連絡待ってるんだけど、そっちに電話があったら、
伝えてくれないかな?
入院用のかばん持って来て下さいって。
心配しなくていいのよ、おばあちゃんが夕方には来てくれるからね。
パパに連絡が取れない時は・・
ああ、でも、やっぱり一度帰らしてもらおうかなぁ・・。」

赤ちゃんは予定よりうんと早く生まれたがっていて、
でもそれは、赤ちゃんにとっても、ママにとっても大変なことなんだ。

─きっと、引越しで忙しかったの、良くなかったんだ。
私がちゃんと、お手伝いしてあげてたら・・。
どうしよう、赤ちゃんとママに何かあったら、どうしよう・・・。

七海の足はガクガクふるえた。
心臓はドクンドクンいっている。

「かばん、私持って行く。持っていくよ。
病院の場所わかる。ちゃんと覚えてる。動かないで待ってて。
すぐ行くからっ。」





ママが、いいよ、いいよ、というのを押し切って、
七海は必要なものを聞き出し、かばんにつめた。

玄関のカギ、カチャリ 閉めてると
「大丈夫?おばちゃん一緒に行こうか」
ゆりさんが言ってくれた。
だけど七海は、ひとりで大丈夫、ってきっぱり言ったんだ。

七海はくちびるをきゅっと結んで、ずんずん歩き続けた。
きっとすぐ解かる。
橋を渡って、真っ直ぐ行って・・右に曲がって、左に曲がって・・・。
そろそろ白い建物が見えてくるはず・・。
なのに、どうしても見えない。

少し引き返し、立ち止まり、また考えた。

─どうしよう、迷子になっちゃった・・・。

心細さを追い出すみたいに、足をふんばってぎゅっと目をつぶると、
ママの小さい頃のあの話、思い出した。
迷子になって泣いてたママ、道案内してくれた小さな小さな妖精・・。



「妖精さん、いるの?いるならお願い。道がわからないの。
病院でママが待ってるの。」

泣きたくなんかないのに、涙が出てきて、
まわりがぼんやりかすんで見えた。



 そのときなんだ。小さな羽音、聞こえたよ。


「コッチダヨ、ツイテキテ。」

桜の花びら色の小さなものが、七海の耳元からふわり、
風に乗って七海の先を飛んでいく。
涙をふいて追いかけると、お日様の光を受け、
とんぼの羽のみたいなものがキラキラ輝いた。


「ヤット気ガツイタネ。」
嬉しそうな声がした。




「ママ!はい、かばん。」

ママに会えてほっとする。
こんなに重いかばんを持ってたんだ、七海は今頃気がついた。

「七海、ありがとう。」
ママは七海をぎゅーっと抱きしめてくれたよ。

「初めての道なのに、よく来られたね。」

「あのね、あのね、私にも妖精、ちゃんと来てくれたんだ。
 ここまで一緒だったの。」
夏海は嬉しくて、クルクル回ってそう言った。






帰り道、行きかう街の人たちの笑顔の先に、肩ごしに、
キラリ 妖精の羽が見える気がする。

ゆりさんが心配して後ろを付いて来てたことや、
大きなかばんを持って泣きそうな顔した七海に、
色んな人が声を掛けようとしてくれていたことを、七海は全然知らない。

だけど、七海は心から思ったんだ。

「この街、大好きになりそうよ。」





家にはおばあちゃんの焼くケーキのにおい。
ゆりさんちの桜、いっせいに咲いている。
そして七海にもはっきり、誰かさんたちの呼びかける声が、聞こえたよ。




「オカエリ。ガンバッタネ。」

「オカエリ。ヨクヤッタネ。」




スポンサーサイト

メロディさんの音楽教室

猫の大好きな心優しいお友達 melody♪さん。彼女にイメージを頂いて お話を書きました。
勝手に創作した部分もたくさんありますので ご了承下さいね。

久しぶりの 童話です。深く考えず、にっこり笑ってもらえたら うれしいです。 では どうぞ。



melody.jpg







メロディさんのおうちには、
大きなピアノのある、すてきに日当たりのいい お部屋があります。

黒猫のななくんはいつも足をきれいにして 爪もちゃんとといで、毛なんかも散らさない おりこう猫なので

そのお部屋の いちばん日当たりのいいところで
好きなように寝転んでお昼寝します。



今日もメロディさんは 
素敵な春の曲を奏でています。

春の日には花の咲くような曲
夏の日には水の音のする曲
秋の日には葉っぱたちのささやきが似合う曲

冬は・・寒がりのななくんのために
ほかほか心が あったかくなる曲

メロディさんの弾くピアノはいつも
ななくんを ふかふか 幸せな眠りに
連れて行ってくれるのでした。



でも ななくんはこの頃メロディさんの奏でるピアノの音の中に
賑やかだった昔を懐かしんでいるような
ちょっと寂しいつぶやきが 聞こえてくる気がします。

一時 たくさん通ってきた音楽好きの子供たちも
もう すっかり大人になって
今では ご近所もお年寄りばっかりの住宅地になっていて
新しくピアノを教えてくださいと
やってくる子どもが なかなか いないのです。

あの ちょっぴり乱暴だったり 
指が上手く動かなくって とたとたと、たよりなかったりする
あの、子供らしい鍵盤の音・・
メロディさんは なによりもその音が大好きなのでした。

(ななくんは どちらかといえばメロディさんが弾いているほうが、眠りやすくって 良かったのですがね。)







トントン カリリ・・

何の音かしら?

ある日のこと。
ピアノの部屋の大きなガラス窓のところで音がします。
外を見ますと 一匹のとらねこが 座っておりました。

「あらあら、すてきなとらさんだこと。」
メロディさんが 窓を開けて少しお相手をしますと
とらねこは、すりすり 甘えてきます。

とらねこは ゆっくり遊んだ後、何か言いたそうな顔で 
振り向き、振り向き 帰って行きました。




コリコリ コツン・・

次の日は ぶちねこがやってきました。

「あらあら 今日はぶちねこさんだ。昨日のとらさんのお友達かしら?」

ぶちねこも 窓のそばからはなれません。
「今日はピアノの生徒さんが来ているの。あまりお相手できないわ。」
メロディさんが言うと ぶちねこはその場に丸まって座り
長いこと そこから離れませんでした。


ゴツゴツ ガリン・・

その次の日は さびねこです。

窓のそばで ゴロンとしてメロディさんを呼んでいます。
その日は メロディさんは長い曲をを弾いていましたので
そのままにしておきますと
曲のあいだ中、さびねこは それはそれは気持ちよさそうに
うっとりと寝そべっておりました。





「この頃 おきゃくさまの多いこと。」

メロディさんは 近頃のこのようすについて
嬉しいけれど 少し不思議に思いながら
ななくんの ふかふかの黒い毛をなでながら 言いました。
今日は ぽかぽか 気持ちよい日差し。
ななくんに寄り添って お昼寝したい気分です。


コリンコ コツンコ トンカラリン

不思議で楽しい音がします。
おや、と見ると小さなおきゃくさまが
窓のところに立っています。
大きなシルクハットを被り、だぼだぼの黒い燕尾服、
胸と袖のところから真っ白なシャツが覗いています。



おやおや おしゃれなおきゃくさまだこと。
そして メロディさんは そのおきゃくさまに
長くてふさふさの しっぽがついているのに気がつきました。

「オホン、ここは メロディさんの音楽教室ですね。」

「ええ、ええ、そうですよ。
 子どもから大人まで 音楽のお好きな方なら 
 どなたでも お教えいたします。」

「実は、昨日と一昨日、そうして一昨昨日、
 子どもが ここにお邪魔したのですが
 なにしろ照れ屋なもので うまくお願いすることが
 できませんでした。」
メロディさんは 昨日と一昨日と一昨昨日のことを思い出し
なるほど、と思いました。
毎日やって来た猫さんたちは 音楽が習いたかったのね。

「そうですか、それでしたら どうぞ いつでもおいで下さい。
 そうそう・・ちょうどいい楽器がたくさんあるわ。」

親猫の生真面目な物言いが 可笑しくて、メロディさんはニコニコしてしまいます。
ななくんが子猫だったときお気に入りだった音のなるおもちゃ、
私がこどもの頃遊んだおもちゃの楽器も、きっと物置のどこかに眠っているはず。

ななくんは ピアノの下に隠れて片目をそっと開け、様子を伺っています。
(実は ななくん、おうちの中で育ったものだから、他の猫がちょっと苦手なんです。)


「それでは 私たち来てもよろしいのですね。
 ありがとう、ありがとう メロディさん。」

親猫はメロディさんの手を取って ぶんぶん振りました。
あんまり振り回されるので メロディさんが目をまん丸にしていると
今度は ぎゅうぎゅう抱きしめてきました。

「やったー。ピアノ、ピアノ・・」

いつの間にやってきたのか、子猫たちもぴょんぴょん飛びついてきます。
メロディさんがよろけて、ソファに倒れこんでも おかまいなし。
ふかふかの猫たちが メロディさんの上に登ってぐるぐる喉を鳴らします。

「そんなに一度に乗ってきたら苦しいわ・・」






くすくすくすくす・・笑いながら 目が覚めました。

「あら、あら、あら、眠ってたのね。」
お腹の上に乗って ぐるぐる喉鳴らしてたのは ななくんでした。

─メロディさんたら 他の猫の夢なんか見ちゃってさ・・・。
ななくんは ちょっぴり やきもちです。


とんとん かりり・・

「あら、ななくん見て 本当にまた、やって来てくれましたよ。」

今日は親猫に連れられた3匹の子猫です。親猫の毛並みを見て
メロディさんは おやおや・・と思います。
だって 胸と足のところがふさふさ白い毛の 黒猫さんだったんですから。







メロディさんのおうちには 小さなおもちゃのグランドピアノ
ぽんぽん踏んだら音の出る、鍵盤の絵のついたシート
ころんと転がしたら きれいな音のする大きなクッション

その他いろいろなものがある すてきに楽しいお部屋ができました。

メロディさんがピアノを弾くと、今日も猫たちがやって来て
それぞれ気に入った楽器を鳴らして遊びます。

ななくんはのら猫さんに少しずつ馴れて
上品な足の拭き方、毛を散らさない優雅な歩き方など
マナーの先生を引き受けてくれています。

今日もメロディさんの音楽教室は大賑わい。

でも、みんなが 一番大好きなのは・・
(ほらほら、そっと覗いて見てください)
 
メロディさんのピアノを聴きながら 一番暖かいところに寄り添って
うとうと お昼寝すること

・・みたいですね。


 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。