STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後のたてぶえ

TEXPOの「初恋」テーマのバトルがありました。2000字~4000字だったのに
なんだか短いまま出してしまいました。2000字超えたくらいかな。
痛い私の思い出も 微妙に織り込まれてたりします。(寂)







あのこのどこが好き?

体育を休んで見学した時 時田くんも見学だった。
ちぃちゃんは喘息ぎみで、ナツは生理。
真冬なのに半そで半パンの体操服でのポートボール。
ほんとは生理だって体育は出来るし
もう慣れっこになったし 別に気になんかならないのに
ナツはまだ母さんにそんなそぶりは見せない。
嫌な体育をサボりたい時は 重ぉい顔をして
「走りにくいし、おなかも何となく痛いんだよね」
なんて言うのが効果的。
先生もオトコだから、連絡帳の母さんの文字をちらと見ただけで、
「はい じゃあ、見学な」
さっと ページを閉じてナツに返すのだ。



時田くんは勉強が出来て、優しい。
スポーツのできるタカキと二人でクラスの人気を二分している。

ふっくら体型のえくぼの由紀ちゃんが時田くんに告白して、
付き合い始めたのは2週間前のこと。
由紀ちゃんに色々相談されて、
「頑張んなよ、絶対いい感じだよ」
知った顔してアドバイスしたのはナツ。

自分も時田くんのことずっと好きだったなんて、
決してだれにも言わないんだ。ナツは心に決めていた。
それでも。

ナツと時田くんはお母さん同士が仲良しだったから 家でも時田君の話が色々聞けた。
誰もきっと知らない 時田君のこと ナツだけが知ってる、そんなことが こっそり、嬉しかった。
由紀ちゃんが転校してくるまでは ナツと時田くんがうわさされていた。
時々お母さんまで、変な冷やかしを言ってきた。
だから余計に 好きじゃないふりをしたんだ。

*

「あの子って ナツのこと好きらしいよ」
ちぃちゃん情報はいつも、ちょっと嫌われ者の子や、勉強できない男子が 
好きな子は誰?って聞き出された結果、ナツの名前を言った・・なんて話ばかりだ。

皆みたいに、ありもしないバイキンを手で払ったり 
フォークダンスでその子の時だけ手をつながないなんて 
ガキっぽいこと、ナツはしない。

優しい、差別しない子
・・・自分のこと、その子たちがそう思っているからだろう。

でも違うんだ。
何か違うんだ。あたしはそんなに「いい子」じゃない。

嫌だ。好きだなんて言うな。
自分が嫌になるんだよ。

ギゼンシャ。ウソツキ。

ナツは 自分の日記に綴ってみる。



由紀ちゃんが にこにこしてるだけの子ならいっそ良かった。
由紀ちゃんは勉強も良くできる。でもちっとも偉そうじゃないし ガリ勉ぽくもない。
「ぶりっこ」っていうのも当たってない。
おしゃべりが上手でよく笑う。面倒見もいいし 怒らない。
由紀ちゃんのこと好きなわけなんて 聞かなくたって判るんだ。

ほっそりした体系も、きりりとした整った顔も
ナツの自慢だったのに、そんなのもう何の意味もない。



*


あのこのどこが好き?

やさしいところとか よく笑うところとか
そんなことを時田くんは言うんだろう。

それとも「ばかなこと聞くな」とかテレた顔して言うのかな
「別に好きじゃないから」・・怒った顔してそんな風に打ち消すかもしれない。
ちぃちゃんと一緒に 時田くんの傍に行って 二人で聞いた。

その時 時田くんは、からりとした笑顔で
「顔」
と答えたんだ。

「顔だってぇ」
ちいちゃんは 思い出して笑う。「話を短く済ましたよねぇ、もう、テレちゃってさ」

ちいちゃんは 自分ではタカキ派だっていってるけれど 
もし その時の時田君の答えが「優しい」だったら 
由紀ちゃんの どっかちょっと意地悪なところやキツかったこと 
探し出したかもしれないし
「明るい」なら 女の子ばかりの時は機嫌悪くてブスっとしてることもあるとか
そんなことを きっと数えあげる。

ナツの心が チクンと痛んだのは 負け惜しみ言ったって どうにもならないってことを
感じたからだ。

「顔」のことだってやっぱり、誰かと由紀ちゃんと比べて「あのこの方が可愛い」とか言ったって 
それだって何にもならない。 



ちいちゃんとミヤちゃんが きゃあきゃあ言いながら
皆が帰った後の教室で タカキの椅子を取り会いしている。

この間なんか タカキのリコーダーを 勝手に引っぱり出して、
吹いたとか吹かないとか 大騒ぎしていた。

*
放課後の教室。
時田君の机。
時田君の椅子。
時田くんのリコーダー。


日直の仕事を終え、日誌を書き
ナツはちらと視線をやる。
今日はみんな先に帰ってしまい ナツがひとり残っている。
一緒に日直のはずの男子は 何にもせずにさっさと帰ってしまった。




どうして先に好きだった方が 上手くいくんじゃないんだろう。
どうして好きだった時間が長い方が、いっぱい好きになってもらえないんだろう。

皆みたいに放課後こっそり 好きな子の物に触れるなんて
そんなガキっぽいこと、あたしはしない。
あたしはしない。

壁に貼ってある自画像の由紀ちゃんのえくぼ。
じっと見ていると なんだか悲しくて涙が出そうだ。
押しピン、赤チョーク 黒板消し 先生の机の上のはさみ。

ふと浮かぶ想いを 頭を振って振るい落とす。
あたしはそんなガキっぽことしない。
しないんだ。

壁じゅうのクラスの皆の自画像がナツを見下ろしている。





カチャリ カギ掛けてナツは しんと静まり返った教室を後にする。


スポンサーサイト

キミと帰る場所

今年の年末年始はバタバタしてて 
それよりも ずっと 「お話を創ること」を忘れていました。
締切も文字数もちゃんと守れなかったのですが お題だけ借りて 書かせていただきました
こちらへのUP、ずいぶん遅くなりましたが・・・。

お話を書くワクワク感を 思い出させて頂いてありがとうございます。

*********************************




もういい、初詣行かない…なんて言った日にゃ あれこれ詮索されるに決まってる。
朝から黙って母親に着物を着せてもらい 何事もないそぶりで外に出た。

クリスマス、「彼女」へのプレゼントとしては微妙な タオルのギフトセットを「お返しに」貰った。
ノリの悪い充の様子も全く気にしない顔で 
「初詣は絶対着物着るから、期待してね」
一人で喋りつづけ 結局何の約束もないまま年が明けた。

 行く当てもないのに駅に着き、改札前で柱にもたれて立っている。
能天気なメールが友人達から来て、一個ずつ返信している内に何とか時間が過ぎた。
そのくせ「暇?出て来ない?」の一言が書けない。

充からの古いメールを読み返し 削除しようとして 指が止まる。
何やってんだ 私。
自分が馬鹿で ダメダメで どうしようもなくちっぽけに思える。
─でも 好きだったんだよなぁ…
思ったとたん 涙がボロボロこぼれてきた。


「じゃあな、オレ帰って 餅食って寝るから」
人波の中、聞き覚えのある声がした。
幼稚園から高校まで一緒、くされ縁のジンタに違いない。

泣き顔を見られたくなくて 柱に隠れてしゃがんだのに 見つかった。
「おい こんな所で何やってんねん?腹でも痛いんか?」
声を出すとしゃくりあげそうで 黙ったままぶんぶん首を横に振る。

「食いすぎか。餅何個食った?」
うら若き乙女がそんなに何個も餅食うか。
「歩かれへんのか?ちょっと待っとけ」
答える隙もなくジンタはそう言うと 自転車を押して戻って来た。
「乗れ ほら」
着物の袖を引っ張られ 荷台に横座りする。
「アホ ちゃんと跨げ」
着物なんですけど、私。
思い出した。
ジンタ、お嬢さん学校の子と付き合った時 横座りの彼女を乗せて転んで、
その後喧嘩になって 別れたんだっけ。


「で、どこ行く?トイレ借りにコンビニか?薬屋か?彼氏ん家か?」

 
「行きたいとこなんか、ない」


言われるまま 着物の裾 摘み上げ自転車を跨ぐ。
鼻をすすりながらも 自分の姿にちょっと笑える。

「何や、それ。じゃ、どうしたいんや 今」

後ろ姿のままで聞いて来るジンタの言葉に やっと声 絞り出して言う。

「…帰りたい」




家に向かって ゆっくり流れだす風景を見ながら 少しずつ涙が乾いていく。
手をつないで通った幼稚園の頃、男女混ざって遊んでた小学校の頃 ちょっと意識した中学の頃、
それぞれの恋愛相談し合った高校の頃。
見栄張らず素直だったのはいつ頃だったろう。

私は どこに帰りたいのかな。

「ごめん、ちょっとだけ 甘える」

頭をコツンとジンタの背中に付けた。


風船の行方   (原題;言葉がカタカナだった頃)

800字バトル お題 「乗り物、男の子、携帯」
TEXPOに参加しています。私のページはコチラ





遊園地の乗り物の長い列。やっと順が来たと思った時目の前でチェーンが掛けられた。
口を尖らす美佐を、順番が来るまで宥めてくれた係の女性は、私を見て一瞬驚いた顔をした後 
はにかんだ笑顔で小さく唇を動かした。
「奈央?」

 *

ベンチで待っていると 瞳は、遊園地のキャラクターグッズを沢山持って来てくれた。
「なんだ姪っ子なんだ。こんな大きな子がいるのかと思った」
グッズの小袋を開け、何かと美佐の世話を焼きながら 瞳は眩しそうに笑った。
ピアスに茶髪だった中学の頃より、ずっと素顔に近い。
赤ちゃんができて早くに結婚したと噂に聞いた。
まだお母さんと一緒にいたい年頃なんじゃないかな…優しく美佐に話しかける瞳の様子を見ながら
思っていると 彼女が先に切り出した。
「最初の子、ダメだったんだ。それから、なかなかできなくてね」
言葉に詰まる。
着ぐるみに向かって走り出す美佐の背中を目で追い、瞳が続ける。
「先生に酷いこと言ったね。奈央だけが本気で怒った」
「何度も辛い思いをして産んだ子だって 母から私自身の話 聞かされてたからね。
私の存在だってなかったかもしれないって」

リューザンしちまえ。オマエの子供なんて生まれる方がカワイソウなんだよっ。

あの時の荒んだ瞳の様子と、先生の悲しい目は忘れられない。

「言葉の持つ重さなんて 全然解ってなかった」
瞳がぽそり呟いた。
「どうしてるのかな」
手から離れて飛んでいく風船を指差し、情けない顔をする美佐に手を振りながら 私が言うと

「見る?結構イケメン」
瞳が携帯を開いた。意味が解らない。

携帯の画面に瞳と一緒に写っていたのは 見覚えのある女性と彼女によく似た男の子。
目を疑った。
「先生と、あの時の?」
「他にもいっぱいあるんだよ」
画像を探す瞳の照れた横顔を見て やっと事情が呑み込めた。

「いつでもメールしておいで」  アドレスを教えてくれた先生。
先生はずっと瞳の「先生」だったんだね。

爽やかな風が通り抜け
新しい風船を持った美佐が いっぱいの笑顔で駆けてくる。

 | HOME |  »

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。