STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら とけちゃったかき氷



「おやつ何にしようか」
ママは冷蔵庫の前で思案した後、冷凍庫を開けた。
「そうだ、かき氷 してあげるね」

シロップをかけただけのかき氷はあんまり好きじゃない。
抹茶のシロップにつぶあん添えて宇治金時か、イチゴでもせめてミルクぐらいかかってたらな と思う。
でも、「タケル君」と向かい合って座っても、何を喋ればいいかさっぱり解らないから、黙々と食べた。
黙って食べたら余計、頭がキンとした。

「ふう、一気に食べちゃったよ、美味しかったぁ」
わざとらしいくらいのテンションで言ってみる。
タケル君は スプーンでかき氷の表面をぺたぺた叩くばかりで、
器の中はちっとも食べた様子がない。氷はほとんどピンクの色水になっていた。

─感じ悪っ。せっかくママが用意したのに。
ちょっと睨んでやる。
何でこんな子と急におやつ食べることになったんだ。

その日、向いの芳子さんは腰を痛めて病院に行った。「タケル君」は芳子さんの孫で、この夏休みの間 独りで泊まりに来ているらしかった。
「小さい頃はよく一緒に遊んだのよ」
ママは言うけど、あたしには全く記憶がない。小5にもなっていきなりそんな男子と遊べといわれても戸惑うばかりだ。加えてこの子ときたら愛想もないし、何を考えてるのか全く分からない。

「嫌いだったら嫌いって言えばいいじゃん。無理しないでさ」
あたしは言ったけど、もちろんそれはかき氷のことだった。
なのにタケル君は 急に顔を真っ赤にし、唇をぎゅっと噛みしめてこちらを見、
そしてそのまま だんだん青ざめていった。
一瞬の内に こんなに人の顔色が変わるのをあたしは初めて見たのだった。

泣くんじゃないかと思った。殴りかかって来たらどうしようと思った。
だけどタケル君は泣きも殴りもせず、いきなりうちを飛び出して行った。
何だかもの凄く後味の悪い かき氷だった。
その次の日からタケル君は、向かいの家からいなくなった。
腰を痛めたお義母様にはいつまでも預けられないと言って、タケル君のお母さんが迎えに来たからだ。

「離婚するって決まったんだって。タケル君のところ」
ママは窓の外を見ながら そう言った。向かいの庭先に芳子さんが ぽつんと立っていた。
いつもより小さく小さく見えた。


「暑いねぇ」
通りすがりを装って 芳子さんに声を掛けた。
「ああ、やっちゃん、かき氷好きかい?」
芳子さんは あたしにくしゃりと笑いかける。
「孫が夏の間泊まるっていうからさ、大きいの買い込んじゃって。 イチゴのシロップ、あげようか」

あたしは こっくり、ただ頷くしかできなかったんだ。

スポンサーサイト

「る」~留守番

20051208175309.png




「一人で お留守番のとき、
宅配便のひとが来たら どうしたらいいのかな?」

「いないフリ~」
「インターホンで”今だーれもいません”って言う」
「いるじゃないですかって 言われるし~」

みんな口々に 好きなことを言っている。


「さまざまな危険から 自分で身を守りましょう」 
っていう 授業。

 
「ママは 私をひとり置いて 出かけません」
(だから 留守番したこと ありません・・・)
って 正直に言った方が いいのかな・・ 
ヒトミは ドキドキした。

ママは カギっ子だった。
自分が それで寂しかったから 
「おかえり」をいつも言いたいんだって。
だから 出かけても学校が終わるまでには
絶対に 帰ってくる。

結局 ヒトミは当てられないまま 授業は進み、
授業の終わりに 先生が
「ドアは絶対開けないで また改めて来て貰うように言う」
ということで 締めくくった。
2年生のときのことだ。





  ★


「ごめんねヒトミ、今日は少し遅くなるかもしれない。」
初めてママが ヒトミに言ったのは 4年生になってから。

もう鍵持ってる子も多くって
かわいいキ-ホルダーの見せっことか している。
ちょっと羨ましいな、ヒトミは思う。

「いいよ。誰か呼んで遊んでてもいい?」

─部屋、片付けとくね・・
ママは キラキラ光る銀色の鍵をヒトミの手に乗せた。



こういう日に限って 誘っても誰も遊べる人がいないんだ。
塾、習い事、お医者さん、買い物・・
ごめんね、って言って みんなに断られた。

ポケットの鍵を 何度も何度も確かめながら
ヒトミは マンションのエレベーターに乗る。
ドアが閉まりかけたとき タイチが滑り込んできた。

─ いつもは うちの前のらせん階段 
  ガタガタいわせて駆け上がるくせに

横目でタイチを睨む。

長いコイル状のキーホルダーに玄関の鍵付けて、
ズボンのベルト通しから ぶら下げている、
これは1年生のときからの タイチのスタイル。
最近は 中学生の真似して ズボンを少し下げて穿いている。


    

「ハンコ押して 受け取る」

あの授業の時 となりの席のタイチは 小声で言った。
でも その声はみんなの声にまぎれ かき消されてしまった。


タイチは それから ずっと
つまらなそうに 鉛筆をコロコロ転がしながら
授業が終わるまで ひと言も言わなかった。


    ★


ヒトミが幼稚園の時 タイチは大阪から引っ越してきた。
─ 同じ歳の子が真上の部屋に来た
ヒトミはちょっと嬉しかったんだ。

でも 男の子だし、保育園に通っていたし
一緒に遊べるタイプじゃなさそうだった。
ヒトミはとても がっかりしたのを 覚えている。



   


5階でヒトミが降りると、タイチも何故だか降りてきた。

「何で 降りたの?ここ5階だよ。」ヒトミが言うと
「エレベーターなんか かったるい。」

タイチは答えて 玄関前のらせん階段を駆け上って行った。

「変なヤツ」
鍵をガチャガチャやって、開ける。


「ただいまっ。」

誰もいないのが解かっているくせに、大きな声を出す。
さっきまでお天気だったのに 
なんだか急に空が曇ってきて家の中が 暗い。

家中の電気を点けて回って、TVのスイッチをONにする。

ワイドショーでは 誘拐事件
ドラマはサスペンスの再放送。
いきなり死体役の女優さんのアップ。

やだやだ、お昼って何で こんなのしかやってないんだろう。
通販の番組をつけたまま ヒトミはおやつを探した。

空がますます 暗くなる。





ピカッ・・

バキバキバキッ・・・・・

イナビカリ、 そしてかみなり・・・。





上の階のタイチが暴れてるのも たいがいうるさいけど
見晴らしのいい5階、
ベランダの窓から見える イナビカリは思いっきり迫力があった。

ガラス戸を全部閉め、カーテンも閉めた。
イナビカリがまた 空を裂く。




─ ピンポーン

ママだ!ヒトミは慌ててドアを開けた。

立っていたのは タイチ。

「何?」

ぶっきらぼうに言ったつもりだけど 
実はタイチの顔見て安心した。
安心したの、ばれたかな・・・コホンとヒトミは咳払いする。

「これ」

回覧板。

「え?上の階の人全部回してからだよ、誰もいなかったの?」
「さぁ」
「いるのに 飛ばしたらだめなんだよ、
 この前も隣のおばちゃん怒ってたもの。」

「なら いい。」
タイチは クルリと後ろ向いて また階段を駆け上る。

「もうちょっと 静かに上がってって この前お母さんが・・・」
後ろから叫んだが タイチの逃げ足は 速かった。


雨が バタバタと音を立て、強く降りだした。
ママは今日は乾燥機使ってたから 取り込む物はない。
ヒトミは ふと、タイチん家って どうなのかな、
そう思ったら じっとしてられなくなって
階段、駆け上がった。 

─ ピンポーン

鍵を開け、チェーンを外す音がする。

「何?」
「チェーン 外しちゃダメなんじゃないの?」
「覗き穴から オマエ見えたもん。
 オマエこそさっき いきなり開けたんちゃうん?」

タイチは 大阪弁を直さない。
ふざけて言ってる訳じゃないのに 笑われる時があって
時々それが ケンカの原因になっている。

「あれは・・お、お母さんが帰ってきたかと思ったの。 
 あ、えっと・・雨降ってるよ。洗濯物入れた?」

「とっくに。こっちは 留守番、プロやもん」

ヒトミだって ほんとはちゃんと知っている。
保育園、放課後の学童保育、友達といる時間は長くっても、
その後の時間タイチは お母さんが仕事から帰るまで
ひとりで待っている。

─ よその家に上がり込むのは良くない、
  外で遊ぶのは5時半まで。

タイチはお母さんとの約束を きっちり守っている。

洗濯物の取り入れどころか 
ガスコンロを使って簡単な料理だって
小さいときから 出来るらしい。

そんなことも「留守番の時の安全」の授業では
タイチは 言い出せなかったに違いない。

    ★ 

「それよりオマエ、家の鍵閉めてきたんか?」
「ああっ」
ヒトミが 慌てて階段を駆け下りる。
ガチャガチャ鍵かけて タイチもすぐに後を追ってきた。

ドアの前で顔を見合す。

「泥棒・・いないよね・・」
「開けてみぃ・・」
「うん・・・」

おそるおそる ドアを開ける。
人の気配はない。 玄関は 出たときのまま・・。

「中 見て来い」
「ええっ タイチ見てきてよ」
「アホ 自分の家やろ」
タイチの服をつかんだまま、ヒトミは 少しだけ家の中に入ってみた。

心臓がバクバクいう。

あのカーテンの陰、それとも そのクローゼットの中・・
誰か潜んでいたら どうしよう・・

タイチが カーテンをガバッと捲くる。
ヒトミも 息を止め目を閉じたまま クローゼットを開けた。

だれも潜んでない・・・。

でも この 廊下の奥は・・・・




その時 

「ただいま、ヒトミ。遅くなってごめんね。」
玄関でママの声がした。

まだ、奥まで見ていないのに 緊張が一気に解けて
二人ヘナヘナと 座り込む。

「あらあら どうしたの・・?」



  ★


ママに事情を話すと 全部の部屋を 開けて見せ

「そんなに長い間じゃなかったんでしょ?
 大丈夫よ、よかった、何もなくって。」

ママは笑って 言った。
ママの笑顔で心がほわほわ柔らかくなった。



─ 今日は特別だから 

タイチはママに引き止められて
ヒトミの家で おみやげのクッキーを食べた。

「もう遅いから」
きっちり5時半に タイチは言って ひとりの家に戻る。


「今日はさ・・・ありがとう」

タイチを玄関まで送って ヒトミは聞いた。
「ねぇ・・タイチってさ、留守番 寂しくない?」


タイチのことだ、簡単に否定するとヒトミは思っていた。

でも タイチは 階段の一段目に片足乗っけたまま少し考えて

「最初のころは むっちゃ 寂しくて
 このまま だれも帰ってこんかったら
 どうしようってばかり思ってた。」

「それは ・・・怖いね。」

ヒトミは うなずく。

同居してたおばあちゃんが亡くなって、 
タイチはここに引っ越してきたと聞いている。

タイチが階段を上がりながら話すので ヒトミも後ろを追いかける。

「あんまり静かで 怖くなったから 家ん中で
 ダダダーって走り回ってドドドッてソファに倒れこんで遊んだ。」

「・・・・」

「そしたら」
「そしたら?」

「オマエのカアチャンが 来た」
「ママが?」

「うん。 『ごめんね、今うちのヒトミ、熱出して寝てるのよ。
  もう少し、静かに遊んでくれないかな?』って言われた。」

「ええ~?そんなこと ママ言いに行ったのぉ?
 知らなかった!ごめん!
 嫌だったよね、怒った?
 ・・・・えっと・・か、悲しかった?」

6階の自分の家の玄関ドアに手をかけて タイチは振り向いて言った。

「なんかナ、変かもしらんけど・・・
   ・・・・その時 オレ ちょっとだけ 嬉しかってん。」
「え?」

「うまく言えんけど、下に 知ってる人がいて、
 熱出して寝てるとか そういうのん、解かって・・

 ほら、2階建ての家で ばあちゃんと住んでた時って
 そういうのって あって・・・。

 あ、ははは・・変かな? 変やな?」


タイチは 手でかみの毛をくしゃくしゃにしながら そう言って
「ほなな。」

後ろを向いたまま 片手をあげ、
さっさと 家に入ってしまった。




らせん階段をカンカン鳴らして下りながら 
ヒトミは タイチの言葉を頭の中で繰り返してみる。


2階建てのおうち。
タイチが上にいて 家の中の階段を 
時々トントン降りてくる。

熱出して寝てる私を見て 
照れくさそうに 声かける。

「オマエ 大丈夫かぁ? 変なものでも食べたんちゃう?」


・・その想像は かなり変だけど 

そういうのって ちょっと いいかも・・・・
ヒトミは思う。
 

「よ」~四葉のクローバー

実は 私の大事なお友達の思い出話と
自分の思い出話のミックスです。
どこがどうって・・?
それは ナイショです。

20051205141849.png





「いっぺん 泣いて。」

教室の隅にわざわざ呼ぶから 何かと思ったら
手を合わせて カツヤは言った。

小学校6年間、組がえでほとんどの子が一度は同じクラスになる。
サナエとカツヤは 結構縁があるのか 
何回も 同じクラスになっている。

「泣き顔みたことない女子って オマエだけなんだよなぁ。」



女の子に限らず 6年の間にみんなよく泣いた。
転んで泣く、出来なくて泣く 失敗して泣く。
イジワル言われて泣く、けんかして泣く しかられて泣く。
・・・感動して泣く ってのもあったなぁ。



この間の球技大会では 決勝戦で競り合った末負けた。
悔しがって クラスのほとんどが泣いた。

サナエだって 胸がキュンってなって 目頭が熱くなった。

一番最初に泣きそうになったのは 自分だ、と サナエは思う。

でも 気がついたら みんなワンワン泣いていて
もらい泣きっぽい子も多くって
なんだか 涙がこぼれる前に 退いた。

泣きたい気持ちは サナエだって ちゃあんと持っている。
でも 涙は ちょっと ガマンする。
それだけのことだ。


  ☆
 

ふうぅぅ・・・・サナエは 朝から ため息ばかり。

サイアク、今日は 体重測定だ。



「成長期の子どもがダイエットなんか 
       絶対 しちゃだめだからねっ。」
ママは わざと ご飯を山のように盛った。

「身長の伸びる時期と体重の増える時期が 順に来るのよ。」
保健の先生みたいなことまで言う。

今日は 重い体に加えて足におもりが付いてるみたいだ。
雨上がりでぬかるんだ校庭。 
水たまりが ところどころに光っている。

ぬかるみを避けて サナエは進んだ。



のろのろと 上靴に履き替えて
ポケットに手を入れると 小さな紙のようなものが触れた。

「あ、チカちゃんがくれた お守りだ」

四葉のクローバーを押し葉にして 
仲良しのチカちゃんが作ってくれた しおり。

「普通のよく見るクローバーより ちょっと小さめでしょ。
 これ サナエちゃんと私だけの おそろいのお守りだよ。」

細くって 小さくって可愛いチカちゃんがくれた 
小さくって可愛い四葉のクローバーのしおり。

ふうぅぅ・・・・
お守り 眺めながら、やっぱり ため息が出る。



「なーんだ、コレ」

サナエの手の中から しおりが するりと逃げ出した。
後ろから走ってきた カツヤのしわざだ。

「返してよ。」

「いやーだねー。取れるもんなら取ってみな~。」

にくったらしい。

わざと しおりをひらひらさせて、
アッカンベーした顔をチラチラ見せながら カツヤは逃げていく。



男子のほとんどが まだサナエより小さい。
ちょっとふざけてするくらいのケンカなら 
まだまだ サナエたち女子が強かった。



カツヤはサナエをからかいながら 
みんなが上靴に履き替えている中をチョロチョロ、縫って逃げる。

くやしい。すばしっこくて 追いつけない。

玄関から 泥んこの校庭に飛び出そうとしたカツヤを 
サナエは 全速力で 追いかけた。

「返してよぅ。」

上靴で 外に出たくない。
玄関ギリギリで カツヤの 腕を 思いっきり引っ張った。

振り払おうとして カツヤは腕を振り回す。
急に バランスを崩し、カツヤが よろけた。



小さな可愛い四葉のクローバーの しおり
・・・ひらひらと 泥んこの玄関先に 舞い降りた。
一瞬のできごとだったのに 
サナエはスローモーションで見てるみたいな気がした。



ペタンとしゃがみこんで呆然と サナエが落ちたしおりを見ていると

「重てぇ。 オマエ また 体重増えただろ。」

カツヤが 言った。

サナエのひじが ほんの少しだけ 
床に突っ伏したカツヤの背中に乗っていた。



何か 言い返そうとした。
泥んこになったしおりのことで 思い切り文句言ってやりたかった。

なのに胸がキュンキュンして カァっと顔が熱くなって
何も言葉が出ない。

立ち上がり カツヤに背をむけたまま 黙ってしおりを拾った。


泥んこになったしおりが ゆらゆら くもって見えた。

ポタン・・ポタン・・

しおりを持つ手に 涙が落ちた。

何か言おうとしたのに 喉がヒクヒクした。




   ☆


どんなに大声で 泣いたのか 
もう恥ずかしいから 思い出さない。

カツヤの顔を見るのも 嫌だ。

あの日 カツヤが 誰に責められ 誰にしかられたかなんて
そんなの 知らない。

「ちゃんと はじめっから説明して。」
先生は言ったけど サナエは黙って 泥んこのしおりだけ見せた。



   ☆



カツヤが近づいてきたから 
サナエはわざと チカちゃんとおしゃべりに夢中のフリをした。

「何よっ」

チカちゃんはあれから カツヤのこと、むちゃくちゃ怒っている。 

「これ やる。」

白い紙に セロテープでベタっと貼り付けた
やたら大きな 四葉のクローバー。

サナエの机の上に ドン と置くと 
カツヤは すぐに走って離れて行った。



「何よこれ、お詫びのつもり?」

チカちゃんは 可愛いけど 結構 口は悪いんだ。

「アタシたち二人の お守りだったんだからねっ。
 特別可愛いの探して 押し葉にして リボンつけて・・
 こんなの 全然 違うんだからっ。」

カツヤが 遠くから 言い返す。

「うるさい ばーか。 
 川原で いっちばん でっかい 四葉だぞ。
 一番でっかいのが いっちばんいいに決まってらぁ。」

チカちゃんは まだ プンプン怒ってる。




チカちゃんとおそろいの 可愛いしおり、 
気に入ってたから すごく悔しかったけど

カツヤ、許してやろうかな・・サナエは ちょっと 思う。


この 一週間 
カツヤが川原にしゃがみっぱなしで 何か探していたことを
サナエは ちゃあんと知っている。




「でっかくて 可愛い」四葉のクローバーのしおり

ツンと つついて サナエは 笑った。







 | HOME |  »

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。