STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「り」~リボン結んで(Merry X’mas!)

クリスマスのstoryは2回目です。
去年のものとあわせ 新しくカテゴリーでまとめてみました。
宜しかったら あわせてどうぞ。



20051204131141.jpg





「お疲れっ。」

屈託ない笑顔と 湯気立ち上る 肉まん。
従業員出入口から外に出たら待っているのは
いつもタイミングよく「欲しいもの」。

  

「ラッキー!あったかい物 欲しかったんだぁ
 ・・お腹もグゥグゥ鳴りっぱなし~」

「でしょ、でしょ。」

大学の「B級グルメサークル」の後輩のカズシが
こうしてナホコの所へやってくるようになって もう2年近くなる。

特に都合を聞くでもなく 約束をするでもない。

シフト勤務を終え、何か食べて帰りたいな、と思うとき
カズシは いつも いいタイミングで そこにいた。



今年 卒業したカズシは ディスプレイの会社に入った。

ナホコの勤務するデパートが 閉店した後や定休日に
ショーウィンドウの飾りつけの作業などをする。

すれ違いの仕事になってしまったけれど 
それでも今日のように
何か 美味しいちょっとしたものを持って、
やっぱり カズシは そこに立っている。

      
    ☆


「今年のクリスマスプレゼントは ギョーザ100個で決まりだね!」

街はキラキラ電飾が綺麗で
クリスマスに向かって素敵にムードを盛り上げている。

確かにこの前一緒に見たポスターの
あの一口餃子は 美味しそうだった。

100個・・と言った記憶はないけれど
これならいっぱい食べられそうだなぁ、食べたいなぁ

・・と あのとき ナホコは言った。

でも・・・なんでクリスマスプレゼントが餃子なんだぁ?

この いつも元気な後輩とのことも  よくよく考えたら
食べ物でしか繋がってない・・のかもしれない・・・

ナホコは 肉まんに嬉しそうにかぶりつくカズシの横顔を
チラリ 見る。



そりゃ 一緒に食べたものは どれも 美味しかった。

小汚い裏通りのラーメン屋さんの ニンニクたっぷりのラーメン、
何で コレなの?!って言いながらも 結構美味しかったモツなべ。

地下足袋のおじさんがたくさんいた 一品料理屋さん・・
豪快なおばちゃんがやっている 焼肉屋さん

どの思い出も オシャレなデートには程遠いけど 
美味しいものを食べているときが一番幸せ!って感じの 
カズシの顔を見ながら食べるのは 
ナホコの楽しみでもあった。





    ☆


「ナホコさん・・クリスマスイヴ・・って 予定あるよね・・」

おずおずと聞いてきたのは 職場のモリノ先輩だった。

優しくて真面目で よく相談にも乗ってくれて色々助けてくれる。
誰からも いい人だと言われる・・そんな 先輩だ。


「よかったら・・・なんだけど 
 ディナークルーズなんて 興味ないかな、なんて思って・・
 確か ボクと同じシフトだったから・・・ 

 早番で 上がるのって やっぱり無理かな・・?」
 
ディナークルーズ・・リッチでキラキラした その語感
頭の中の天秤のギョーザの皿が ピコンと跳ね上がる。

クリスマスが忙しいとは言っても、全部のフロアではない。
残業、応援・・ 拝み倒されての交代
・・クリアする項目を 頭の中で考える。


「え・・予定ある・・といえば ・・あるような・・・」

カズシの笑顔がギョーザに加担して 天秤はまたユラユラ戻る。


─ 2、3日中に返事欲しいな。

モリノ先輩はそう言って  
後ろ姿で 「ヨッシャ!」とガッツポーズした。

バレンタインに 課の女の子皆でした義理チョコの お返し、
ナホコのだけ リボンのかかったオシャレなラッピングだったこと
後から知った。



    ☆



「ほい!」

目の前にニュっとつきだされた 棒付きアメ。
従業員出入り口で カズシはニコニコ待っていた。

「プリン味、ナホさん 大好きでしょ?」



そう 色々悩んだり 身体が疲れたときは 甘いもの。
プリン味の このアメ大好き・・・。

なんで いつもこんなに 解かっちゃうんだろうな
・・ナホコは カズシをまじまじと見つめる。



「あのさ・・イヴなんだけど」

「あ、オレ 仕事少し入っちゃってさ
 ・・でも心配しなくてもいいよ ギョウザは必ず届けるから。」

頭の中で オシャレなリボンが 
ヒラヒラ舞いながら空の彼方へ遠ざかる。



「わたし・・・、先輩にディナークルーズ 誘われてるんだよね。」

カズシは 棒付きアメをくわえたまま 横目で責める。
─ 何で責められなきゃなんないんだ・・


「・・・そういうロマンチックなムードとかさ、
 私だって 憧れたりもするんだから。

 クリスマスにオシャレなところに連れて行ってもらうなんて
 そんな事だって
 た、たまには 私だって 期待とかも するし・・・。」

カズシが ビックリ顔で ナホコを見つめる。
まだ 表情が ふざけている 。



「何 その ディナーナントカっていうの・・? 
     そいつと ナホさんは行きたいわけ?」

「そいつ なんて言わなくってもいいじゃない、
 先輩のこと何にも知らないくせに。

 プレゼントにリボンかけて 素敵にラッピングして
 ・・そういう気持ちって何だかすごく 嬉しい時ってあるんだから

 センスのいい気遣いとか そういうので
 大切に思われてるって 感じたときって
 感激だったりも・・・するんだから!!」



まだ なめきれてない 大好きなプリン味の棒付きアメ
口の中にもまだ 味が広がってるっていうのに

一体私は 何を言ってるんだろう・・そう思いながらも、
ナホコの口からは そんな言葉が続けて出てしまった。






「今日はここで仕事するから。」

オシャレなファッションビルの前で カズシと別れた。
一人でとぼとぼ帰り道、
プリン味のアメが こんなにまずく感じたのは初めてだった。

カズシは それから2日間 連絡して来なかった。



   ☆



先輩に返事をしないまま 2日が過ぎた。

クリスマス商戦で仕事は忙しく 忙しくしているほうが
何にも考えなくて良くて 楽な気がした。

へとへとに疲れ 足は棒。 声がかれて肌もかさかさ。
外に出ると 北風が冷たくて 震え上がった。

マフラーをぐるぐるに巻きつけて 俯きがちに歩き出すと
見慣れた スニーカーが 行く手をさえぎった。



「欲しかったら あげる。
   ナホさんの好きな シナモン入り。」

コーヒーショップのロゴの入ったカップには ココアが入っていた。

手渡された ココアのカップが熱くって 
指先から 身体全体にじわじわ温かさが広がってくる。

一口すすって、ああ、今 これが飲みたかったんだ
・・ナホコは心からそう思った。



「それと・・コレ」
餃子屋のマークの入った紙袋。

「クリスマスには、まだ早いから
 プレゼントとかそういうのじゃなく・・・。

 家 帰って食べて。あ、100個は ないけどね。」
紙袋を押し付けるように 渡す。



「すんげー嬉しそうな顔するんだよな、
 食い物の話する時のナホさんってさ。

 美味しいもの食べてるときって 
 ナホさん むっちゃ幸せそうな顔してて ・・・。」

「・・・・。」

「だから ついつい そういうのしか オレ、
  考え浮かばなくなっちゃって・・・・、あ、コレ」

ポケットをごそごそして カズシが出してきたのは
ヨレヨレになった 銀色のリボン。

「シャレで ギョーザの箱に結ぼうかなんて思ったんだけど 
 上手く出来なくってさ・・。

 ・・・・・ごめん。」

─ バカだなぁ カズシ・・馬鹿だなぁ・・・私・・・



ナホコは カズシの持つ銀色のリボンに  そっと手を伸ばす。

「あ、待って、こっちの手貸して。」



カズシはナホコの左手を取ると、
薬指にくるっと リボンを巻きつけて きゅっと蝶結びにした。

「この前の仕事先で、ナホさんに似合いそうなの見つけて・・
 こういうのって、内緒で用意した方がいいんだろうけどさ
 ・・オレ サイズとか全然知らないし

 ロマンチックとかも、あんまり よくわかんない ・・・

 ああ・・・・このリボンを ってのじゃなく
 ・・あ、でも 箱にリボンもかけてさ・・・

 ちゃんとクリスマスプレゼントは したいから・・・・・」



カズシの言葉がしどろもどろで なんだかおかしくって
でも 伝わる気持ちが 嬉しくって 
ものすごく嬉しくって

巻いたリボンの先がひらひら 小刻みに震えた。



カズシはナホコの指から 輪にしたままのリボンをそっと抜くと

「ええと・・・・だから あの ナントカクルーズは・・・」



「うん。仕事があるなら 少しの時間でもいいよ。
      イヴはカズシと一緒にいる。」

ほんとは 銀色のリボンの指輪でも 充分だった。
ホカホカ温かいのは ココアのせいだけじゃない。


  ☆


イブの夜も 結局 お互いに仕事で
やっと会えたのは 夜中近かった。

「ナホさんに見てほしいんだ」

カズシが飾った ファッションビルのエントランス。
吹き抜けの天井まで伸びだ 真っ白なクリスマスツリー。

閉店後の暗がりの中、ポォっと光って見える。




「ナホさんにスペシャルプレゼントだよ。」

カズシが電源をONにすると 
ミラーボールの光が キラキラ雪のように舞った。

ブルーのライトに照らされた ツリー。
飾りは ナホコの指に結んだのと同じ、銀色のリボン。

その下で カズシは リボンをかけた小箱を
照れくさそうに 差し出した。






「緊張解けたら 何か食べたくなっちゃった。ナホさん何食べたい?」

空調は切っててもビルの中は まだ暖かかった。
外に出たとたん、ビルの隙間から 冷たい風が吹き付ける。



そうだなぁ・・・・まだ 夢見ごこちの顔で ナホコは考える。



「うーん 美味しい屋台のおでん・・かな?
 すばらしいクリスマスのディスプレイに 乾杯!といきますか?」



カズシ 凄い、凄いよぉ!って 
いっぱい いっぱい 褒めたかった。

カズシと 一緒にいられて ほんとに 良かった
ほんとに 良かったよ・・って 告げたかった。

泣きそうな顔が 照れくさくって ナホコは先に走り出す。
カズシがあわてて 駆け足で追ってきた。



「・・それってさ、ロマンチックなの?」



「ロマンチックだよ。」

立ち止まって 振り向くと すぐ後ろにカズシが立っていた。



思ってたより がっちりした大きな身体。
背だってこんなに高かったんだ・・

ナホコは カズシの胸に コツンと頭をひっけて言う。



 ─ Merry X’mas!!

       だ   い   す   き ─

スポンサーサイト

「よ」~四葉のクローバー

実は 私の大事なお友達の思い出話と
自分の思い出話のミックスです。
どこがどうって・・?
それは ナイショです。

20051205141849.png





「いっぺん 泣いて。」

教室の隅にわざわざ呼ぶから 何かと思ったら
手を合わせて カツヤは言った。

小学校6年間、組がえでほとんどの子が一度は同じクラスになる。
サナエとカツヤは 結構縁があるのか 
何回も 同じクラスになっている。

「泣き顔みたことない女子って オマエだけなんだよなぁ。」



女の子に限らず 6年の間にみんなよく泣いた。
転んで泣く、出来なくて泣く 失敗して泣く。
イジワル言われて泣く、けんかして泣く しかられて泣く。
・・・感動して泣く ってのもあったなぁ。



この間の球技大会では 決勝戦で競り合った末負けた。
悔しがって クラスのほとんどが泣いた。

サナエだって 胸がキュンってなって 目頭が熱くなった。

一番最初に泣きそうになったのは 自分だ、と サナエは思う。

でも 気がついたら みんなワンワン泣いていて
もらい泣きっぽい子も多くって
なんだか 涙がこぼれる前に 退いた。

泣きたい気持ちは サナエだって ちゃあんと持っている。
でも 涙は ちょっと ガマンする。
それだけのことだ。


  ☆
 

ふうぅぅ・・・・サナエは 朝から ため息ばかり。

サイアク、今日は 体重測定だ。



「成長期の子どもがダイエットなんか 
       絶対 しちゃだめだからねっ。」
ママは わざと ご飯を山のように盛った。

「身長の伸びる時期と体重の増える時期が 順に来るのよ。」
保健の先生みたいなことまで言う。

今日は 重い体に加えて足におもりが付いてるみたいだ。
雨上がりでぬかるんだ校庭。 
水たまりが ところどころに光っている。

ぬかるみを避けて サナエは進んだ。



のろのろと 上靴に履き替えて
ポケットに手を入れると 小さな紙のようなものが触れた。

「あ、チカちゃんがくれた お守りだ」

四葉のクローバーを押し葉にして 
仲良しのチカちゃんが作ってくれた しおり。

「普通のよく見るクローバーより ちょっと小さめでしょ。
 これ サナエちゃんと私だけの おそろいのお守りだよ。」

細くって 小さくって可愛いチカちゃんがくれた 
小さくって可愛い四葉のクローバーのしおり。

ふうぅぅ・・・・
お守り 眺めながら、やっぱり ため息が出る。



「なーんだ、コレ」

サナエの手の中から しおりが するりと逃げ出した。
後ろから走ってきた カツヤのしわざだ。

「返してよ。」

「いやーだねー。取れるもんなら取ってみな~。」

にくったらしい。

わざと しおりをひらひらさせて、
アッカンベーした顔をチラチラ見せながら カツヤは逃げていく。



男子のほとんどが まだサナエより小さい。
ちょっとふざけてするくらいのケンカなら 
まだまだ サナエたち女子が強かった。



カツヤはサナエをからかいながら 
みんなが上靴に履き替えている中をチョロチョロ、縫って逃げる。

くやしい。すばしっこくて 追いつけない。

玄関から 泥んこの校庭に飛び出そうとしたカツヤを 
サナエは 全速力で 追いかけた。

「返してよぅ。」

上靴で 外に出たくない。
玄関ギリギリで カツヤの 腕を 思いっきり引っ張った。

振り払おうとして カツヤは腕を振り回す。
急に バランスを崩し、カツヤが よろけた。



小さな可愛い四葉のクローバーの しおり
・・・ひらひらと 泥んこの玄関先に 舞い降りた。
一瞬のできごとだったのに 
サナエはスローモーションで見てるみたいな気がした。



ペタンとしゃがみこんで呆然と サナエが落ちたしおりを見ていると

「重てぇ。 オマエ また 体重増えただろ。」

カツヤが 言った。

サナエのひじが ほんの少しだけ 
床に突っ伏したカツヤの背中に乗っていた。



何か 言い返そうとした。
泥んこになったしおりのことで 思い切り文句言ってやりたかった。

なのに胸がキュンキュンして カァっと顔が熱くなって
何も言葉が出ない。

立ち上がり カツヤに背をむけたまま 黙ってしおりを拾った。


泥んこになったしおりが ゆらゆら くもって見えた。

ポタン・・ポタン・・

しおりを持つ手に 涙が落ちた。

何か言おうとしたのに 喉がヒクヒクした。




   ☆


どんなに大声で 泣いたのか 
もう恥ずかしいから 思い出さない。

カツヤの顔を見るのも 嫌だ。

あの日 カツヤが 誰に責められ 誰にしかられたかなんて
そんなの 知らない。

「ちゃんと はじめっから説明して。」
先生は言ったけど サナエは黙って 泥んこのしおりだけ見せた。



   ☆



カツヤが近づいてきたから 
サナエはわざと チカちゃんとおしゃべりに夢中のフリをした。

「何よっ」

チカちゃんはあれから カツヤのこと、むちゃくちゃ怒っている。 

「これ やる。」

白い紙に セロテープでベタっと貼り付けた
やたら大きな 四葉のクローバー。

サナエの机の上に ドン と置くと 
カツヤは すぐに走って離れて行った。



「何よこれ、お詫びのつもり?」

チカちゃんは 可愛いけど 結構 口は悪いんだ。

「アタシたち二人の お守りだったんだからねっ。
 特別可愛いの探して 押し葉にして リボンつけて・・
 こんなの 全然 違うんだからっ。」

カツヤが 遠くから 言い返す。

「うるさい ばーか。 
 川原で いっちばん でっかい 四葉だぞ。
 一番でっかいのが いっちばんいいに決まってらぁ。」

チカちゃんは まだ プンプン怒ってる。




チカちゃんとおそろいの 可愛いしおり、 
気に入ってたから すごく悔しかったけど

カツヤ、許してやろうかな・・サナエは ちょっと 思う。


この 一週間 
カツヤが川原にしゃがみっぱなしで 何か探していたことを
サナエは ちゃあんと知っている。




「でっかくて 可愛い」四葉のクローバーのしおり

ツンと つついて サナエは 笑った。







 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。