STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温かな向かいの席

Texpoというところで800字バトルのお題を頂いて書いた最初の作品です。
どこで「ゲーセン」
だれが「よぼよぼのじいさんが」
どんな時「空腹の時」

一気に書いたら、長くなっちゃったので これでは参加できません。
短くしたバージョンを投稿しています。



******

もう死のうかな・・なんて思っているのに、お腹が減るのが情けない。

結婚する気満々で仕事も辞めてしまったのに、
他の女に相手を取られてしまった。
「このまま結婚しても、君を傷つける、一旦白紙に戻して考えよう」
奇麗事並べんじゃないよ。ただの心変わりじゃない。

寒さに負けて何となく立ち寄ったのはゲームセンターだった。
ゲームの音にBGMが被りやたら煩い。
ゲームに熱中する子ども達は私のことなんか誰も見てない。

新しいゲームは残念ながら付いていけない。
せいぜいモグラたたきでばこばこ相手を叩くくらい。
それよりどっか隅っこで騒音に紛れて
おんおん泣くのもいいかもね、なんて思ったけれど、
お腹がきゅるきゅる鳴った・・という次第だ。

わぁっ・・という歓声が上がる方を振り向くと 人だかり。

「ねぇねぇ、ちょっとぉ、凄くね?あのじいさん」
化粧の濃い女子高校生が仲間を呼んで 人だかりの方へ駆けていく。
何だ?・・・近づいて 人のすきまから覗く。
白髪頭で腰の曲がった老人がドラムのゲームをやっていた。
若い子たちが口々に賞賛の言葉を掛け、
ドラムを叩く老人を取り囲む人の輪が何重にも増える。
ドラムのことも、ゲームのこともよく知らないけれど、
相当に上手いらしいということは私にも解った。

曲が終わる。ぴゅうぴゅうと口笛、握手を求める子、
盛大な拍手。クレーンで取った大きなぬいぐるみをプレゼントする女の子。
何だか老人の上だけ スポットライトでも当たっているように見えた。

照れた顔で振り向いたその老人が、どこかで見た顔だ、と思ったとき、
「春香ちゃん?」
あちらから声を掛けてきた。
ドラムを叩いていた後ろ姿とは打って代わって
別人みたいな弱弱しい立ち姿。かすれた声。
ああ・・この人は 実家の向かいのアパートの住人、高田のじいさんだ。
少し間を置いて気が付いた。

ひがな一日、アパートの前でしゃがんで、
登下校の子どもに声を掛ける 有名なじいさんだった。
どんな事情か知らないが 田舎から出て来て一人暮らしで
寂しかったんだろう、子ども相手に喋るのが好きだった。
時たま 私と友達は部屋に上げてもらってお菓子を食べた。

中学になると、流石にそんなじいさんと仲良くするのも気恥ずかしくなって、
声掛けられても知らん振りした。
小学生も当時と違い、各地で起きる数々の凄惨な事件のせいで、
他人を警戒することを教え込まれるらしい。
じいさんの傍を避けて通る子も多く、
タチ悪い子どもがじいさんをからかって逃げる、なんて姿も時々見かけた。

そして私も実家を出てからはたまにしか帰らなくなったし 
帰った時も高田のじいさんを見かけることもなくなった。
その存在も今やっと思い出したところだった。


「お腹すいてないかね、春ちゃん」

─知らない人が何か食べさせてあげるよ、と言っても
ほいほい付いていってはいけません。
そんなことは解ってます。でも知ってる人だしね。
自分に言い訳した。ぽつんと一人でテーブルに付くのが
どうしても嫌だったからかもしれない。
向かい合って座る恋人同士を見るのが
耐えられなかったからかもしれない。

がつがつとランチセットを食べる私を
高田のじいさんは目を細めて見ている。
この前まで、私の前に座って目を細めていたのは
 あの人だったのに・・・。

がつがつがつがつ食べながら、涙と鼻水があふれ出す。
─どうしたの?って聞かないんだね、高田のじいさん。

自分の皿にはほとんど手をつけず、水ばっかり飲んで、私の皿が空になったら、
「ほら、こっちも食べな」
自分の分も差し出した。
「遠慮すんなって。先のない年寄りは栄養なんていらねぇんだ。ほら、ほら」
にこにこと笑いながら皿を押し出す高田のじいさん。
涙と鼻水でぐじゃぐじゃになりながら、私はひたすら食べ続けた。

「それにしても・・・・高田さんは何でまた あんなとこにいたんですか?
ドラムのゲーム上手いなんて吃驚しちゃった」
口の周りをナプキンで拭き拭き、問いかける。
お腹がいっぱいになったら、身体の中が温かくなって、
自分のことしか考えていなかった事が何だかちょっと恥ずかしくなった。

「あんな風に叶うとは思わなんだなぁ・・・」
高田のじいさんは水を一杯飲み干すと、トンと音を立ててテーブルに置き、
ガラス窓の向こうに広がる空をじっと見て言った。
「信じるか信じんかはあんた次第だが・・・ワシはもうすぐ死ぬのでな」
「え?」
「『孤独死救済キャンペーン』とかでな、
死ぬ直前に願いを二つ、聞いてもらった」
手にした水をこぼしそうになる。高田のじいさん、大丈夫・・?
「天使だか 神様だか 死神だか そこんところはよう解らん
・・・いや、これもどうせ一瞬の夢かなんかで、
ワシはアパートの部屋の中、もうひとりで死んでるのかも知らん」
「ふうん・・・?」

「ボケてるとか思たじゃろ、今?まあ、それでもええ。
こんな風にして願いが叶ったんだしの」
高田のじいさんはそう言って 
しわしわの顔をしわしわの両の手でこすると 
ふっふっと声立てて笑った。

「若い頃ドラマーになりたくてな、
映画の主人公みたいに女の子にきゃあきゃあ言われて、スタアになって・・」
オイラはドラマー・・・ 
じいさんは、指でテーブルをコツコツ叩き
聞いたことのあるような昔の歌を口ずさんだ。

「それが 一つ目の願い?」
うむ、と高田のじいさんは深く頷く。
「ちょっと思ってたのとは違ってたがね」

「そして、もうひとつはこれ。誰かと一緒に食事がしたかった・・・いや
好きな誰かが一生懸命食べてるのを、
向かいで見たかった、っていうのが正しいかなあ・・」
向かいで微笑むその顔を見返すと、
ほんのり血色のよくなった顔で高田のじいさんは付け加えた。
「いい一生だったと、これで思えた。大満足した。ありがとう春ちゃん」



「じゃあな・・ワシはこれで」
高田のじいさんは私の手を両手で包み、
「いいか、死のうなんて思うんじゃねぇぞ、春ちゃん」
握られたはずの手に何の感触もなく、
不思議に温かい空気だけがまとわりついた。
おどろいて、高田のじいさんを見つめると、
その細い身体はゆらゆら薄くなってやがて見えなくなった。

風がごうっと私の周りを吹き くるくると枯葉が舞った。
レストランの中にいたはずなのに 気づくと舗道に立っていた。
満腹感と身体の温かさを確認する。



まだ、間に合うかもしれない・・・そう思った。
孤独になんか死なせない・・そう思った。
私は走り出す。
高田のじいさんは、もう一つ願いが叶わなくっちゃいけないんだ。 
「誰かに看取られて逝きたい」っていう願いがね。




スポンサーサイト

土手を走る

初心に帰って、
少しずつMC以外の場所でやってる募集のテーマをもらってきたり、
自分でちまちま書いたりしていこうかな・・と思っています。
オチなしの短編や心温まらない話もあると思いますが、どうぞお許し下さいね







今年初めて 耳が切れそうなほど寒い と思った。

ずっと後ろ離れて 娘の玲菜が自転車で付いて来る。
自転車で子どもと出かけると
進みの遅い子どものに合わせて ゆっくり走るのが嫌いだ。
こどもの足が小さなペダルをキコキコ。
小さなタイヤがやっとのことで一回り。
どんなにゆっくりペダル踏んでも
気を抜くと 後ろに遠く離れてしまう。


土手の風景を見ながらゆるゆる進む。
水のほとんどない川。
土手の斜面には近隣のひとが勝手に育てているのか、所々が花壇のようになっていたり
草ボウボウの中、古ぼけた自転車の残骸が転がっていたりする。
何がいるのかこの寒さの中で、アミを持って 水面を覗き込んでいる小学生もいた。


自転車が好きだ。

「ちょこっとだけ・・」
風切って 進む心地よさを思い出したくて
ペダル漕ぐ足に力を入れる。
きんと冷たい空気にかじかむ手。
真っ直ぐ遠くを見やると山の辺り、あれは雪空。
こんな冬の日が確か前にもあった。



目線を戻す。
いつからいたんだろう、前を走る自転車。
黒い学生服。上着の中に着た赤いパーカー。
フードだけ出して。
片手をポケットに入れ、耳にイヤホン。
歌っているのか 時々ふらふらと頭が揺れる。
あの後ろ姿 ・・・わたし知ってる。

振り向いて。振り向かないで。
気が付いて。気が付かないで。

方向が一緒なだけだから。
後ろ走りたいわけじゃあないんだから。

寒いのに こんなに寒いのに。
心だけはほこほことして、
うしろ頭 見つめてた。

待って。
待って。
待って。

お願い。一度だけ

振り向け。





ぷぁ、ぷぁ、ぷぁー。
クラクションに驚き、急ブレーキをかける。
赤信号の向こう。
遠ざかるのは きっとわたしの知らない少年。



「ママー 待ってよぉ」

幼い声に振り向くと
ほっぺたを真っ赤にした玲菜が
小さな自転車を精一杯漕ぎながら
ちょっとむくれた表情をして 後を追ってきた。





MCバトン


MCバトンだそうです。
バトンはね、本当は苦手なんですが・・
「強制じゃないよ。 ・・・・・でも、やんなかったら、僕にとんでもない仇名付けられるかもね。 ぷすすっ♪」
って書かれたら、やるよねぇ・・。

*******


Q1:あなたのHNを教えてねっ!
なずな 
最近 「すずはらなずな」で書いてるものもあります。


Q2:あなたの持っているブログ名全てとURL、簡単な紹介をお願いねっ!
STAND BY ME =ここです。
絡まる糸をそっとほどいて=大人のコラム掲載したものとか、ぼそぼそ自分ネタ。(日記ではなく)


Q3:MC暦はどれぐらい? 何作品ぐらいが掲載されているのかな?
2006年9月vol.6から 27作品。(わ、凄い)



Q4:イチオシは何回貰った?

何回だろう。ずーっともらえないこともあったし。


Q5:みそ(ぴよ、みじんこも含む)は何回取ったかな?
取ってないもん。皆勤賞ですからっ。えっへん・・(ここだけ威張る)


Q6:僕(night_stalker)に誘われて来た? それとも、別の人?
誘われました。
初期メンバーさんから仲間を増やすべく、内藤さんが勧誘頑張ってたころ。
あちこちで同じこと書いてますが、怪しいコメントだと思うだけで、消したり拒否して終わりにしなくて本当に良かったと・・(しつこい)


Q7:僕(night_stalker)の寸評は、甘い? 辛い? 感想、文句もあったらどうぞ。
「私には甘い」・・なんて書くとこれから辛くなるかもしれないので・・・・書かない。
すぐにへこむタイプです。
上手におだてて育てて頂いていることに感謝しています。


Q8:MC以外にも、創作の場やコミュニティに所属している?
「おとなのコラム」 


Q9:MC以外でも、創作作品は書いている方かな?
「お題ないと書けない」症候群なので、なかなか他には書けないです。
「おとなのコラム」の激突コラムとかエンジェルコラムに時々出させてもらっています。
こちらでノベルの募集も始められたので、参加したいなぁ・・とは思っています。



Q10:MCのお題は、辛い? 楽勝?
楽ではないけど、締め切りにはなんとかなるところが嬉しい。


Q11:作品の創作は、お題を見て考える? それとも、イメージした作品にお題を当て嵌める?
何となく出題の前後に気になってたことと貰ったお題が上手く結びつく時と
お題の中のクセのある語句から ひねり出す時と両方。


Q12:出題から締め切りまでの期間を、「10」としたら、構想と執筆の割り合いは?
構想=1 
書き出して一応ラストまでたどり着く=3

あとは繰り返し 声に出して読む。
ぼそぼそぼそぼそ。(結構これが怪しい。会話文に合わせ顔が笑ってたり怒ってたりする・・と思う)

細かい語句の修正(そのくせUP後に必ず修正が必要なミスを見つけるのは何故?)
登場人物の性格が書くうちに見えてきて やっと思い出したように出来上がるエピソードや
この人ならこうでしょ・・という心理描写、だんだん形になってくる風景などの書き足し=6
実はここで、主人公の性別や名前が変わっちゃったってこともあります。



Q13:MC作品を作り上げるのは、正直言って厳しいですかぁ?
「厳しい」とは思わない。


Q14:今の執筆期間に満足しているかな?
うん。あまり長いと余計プレッシャー大きい。


Q15:通常MCの間に挟まる企画は、多いと思う? 少ないと思う?
いいのではないでしょうか。絶対無理だったらパスするし・・(撲)


Q16:執筆に苦労する点はどこですかぁ?
語彙が少ない。あれって何ていうんだろう・・と よくそこんとこで止まってる。
解んないから いいやもう・・省略!とか。


Q17:ストーリーが一番思い浮かぶ時はどんな時? どんな場所?
書いてる最中。


Q18:推敲には時間掛けてる?
だらだら読み直してる割に、UP後の修正が多いのは何故なんだ?


Q19:自分の創作作品って、どんな感じだと思う?
なかなか登場人物を殺せない。ツメが甘い。
長編の「あらすじ」みたい。



Q20:他の人の作品は読んでいる?

はい。長い時間かかるけど。


Q21:今まで出題した事がある人へ質問。その時に選んだ本の紹介と、選んだ理由を教えてね。

「ポプラの秋」湯本香実
「バッテリー」あさのあつこ
好きな作家だし、読んだところだったから。


Q22:影響を受けたとか、お気に入りのMC作家さんを教えてね。(何人でも)
初回のオススメ大賞の 絵空さん。(バレバレなコメントは私です)
この場所、このメンバーだったら、こんな話を書こう・・とか変に構えず、自分の書き方で感動を伝えた姿勢にガツンときました。
暇子さんとか、好きだったなぁ。
MCにはまだそんなに作品数ないけど、rudoちゃんには影響受けてます。ずっと気になる存在だし。
後 挙げたらキリがない。みんな好き。



Q23:自分のMC作品で、自分で気に入っている作品を三つ教えてね。そしてその理由も。
どれも可愛いこどもなんで・・。
「夕焼け色の小さな箱」 初期作品で、下手くそですが書きたいものが固まった作品だったかもしれない。
「びわの木のある家」母子(女としての母親)、友情 猫がチョイ役・・ 
構成が荒くて読み取りづらい拙作なんですが、なんとなく 捨てがたく。
「屋根の上から見えるのは」年寄りが出てくるのも好きなので。





Q24;「今日から君も管理者の仲間入りねっ!」って言われたら、どうする?
ログインしまくって、自分の手直しばっかりするんだろうな。



Q25:今年度の抱負や、今後の目標などを・・・。

絵を描きたい。写真を少しはまともに撮りたい。
書ける世界を広げたい(無謀)



お疲れ様でしたっ!!!
はい。

2008年、明けました。

すずめ


なんてこと無い一日の朝が来て
2008年が始まりました。


すずめが次々に集まって
玄関のささやかな しめ縄の稲穂を
ついばんでいます。

内弁慶な うちのねこは
玄関扉の内側の灯油タンクの陰から
すりガラス越しに 覗き見て

きゅるる きゅるる
鳴いていたりしています。


お正月 ねこ





お正月って何さ
ねこが聞きます。

美味しい缶詰のごはん もらえる日だっていうんなら
クリスマスでも誰かの誕生日でもいいさ。
おめでとう、って言ってやるよ。
ねこがいいます。




ねこは今年で5歳になります。




今年もよろしくね、
ねこに言い

それでも あちらこちらと出かけるので
お留守番させてしまいます。

ホントはひとりが好きなんじゃないかな
暗くても平気なんじゃないかな

それでも。


遅くに 家族が帰ってきたら
冷える玄関で いつからそこにいたのか 
ねこは待っていたような顔をして丸まっていて
ぞろぞろと部屋に入って 電気をつけたりなんぞしていると

早くからお皿にいれていったはずのフードを
今気づいたかのように足元でかりかり食べ

家族がコートや荷物を片付けて
ほこほこ温もりだした一つ部屋で
一息ついてたりしますと

いつの間に上がったのやら
ソファーの背もたれの上
誰よりも高い特等の席で
何だかちょっと幸せそうに 何だかちょっと偉そうに

うとうとうとうと 眠るのでした。


*****


もちろん 皆様にも 今年もよろしくお願いします・・のご挨拶。
遅ればせながら。


 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。