STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

となりの森の・・(みんな みんな いいこ 8)




森からね、
見たことないようなやつが飛び出して来て、走って行った。
だから、追いかけた。

嘘じゃない、本当だもん。
森にいたの、見たんだよ。



ゆりちゃんの靴を抱いて、リクくんは必死で言い張ったんだ。
「森」っていうのは 幼稚園の脇にある。どんぐり拾いに行く所だ。
いつも薄暗くて、誰かとしっかり手を繋いでいないと、迷子になってしまいそうな気がする。
高い木の梢を見上げれば逆に、くるくる深い穴に落ちていくような不思議な気持ちになる。
だからいつも森に行くときは皆、わざとはしゃいだりおどけたりした。

リクくんはその日初めて一人、そこに行った。
ゆりちゃんの赤い運動靴を持っていた。
頬が熱い。心臓がドウシヨウドウシヨウと鳴っていた。

お帰りの時間はとっくに過ぎているのに、ゆりちゃんはたっちゃん先生とおしゃべりに夢中で、いつまでも出てこない。
靴箱にぽつんと残されたゆりちゃんの靴を、ちょっと持ち出してみただけだ。
すぐに「はい、どうぞ」って 出してあげるつもりだったんだ。

なのに、ゆりちゃんが、「靴がない」って泣き出した。
先生も他のお母さんも集まってきた。
こういう時ってさ、すぐに出て行けなくなっちゃっうんだよね。
少しして、とぼとぼ戻ってきたリクくんにマサエ先生が気づいた。
手にしたゆりちゃんの靴を、皆が見た。




─見たことない生き物って何よ
リクくんママは目を吊り上げた。
─見つかったし、もういいじゃない。ふざけただけよね、リクちゃん
ゆりちゃんのお母さんはいつも優しい。それでも ちょっといつもより、声が尖っていた。
─謝りなさい、ゆりちゃんの靴隠して 嘘なんかついてごまかして。ちゃんと ごめんなさいって言いなさい。
─だって、見たんだ、だって、いたんだ。
リクくんも 声振り絞って繰り返す。のどがひくひく震えて上手く喋れない。
園庭に残っているのはもうリクくん達だけだ。
ゆりちゃんの靴探し手伝ってたお母さん達も 愛想笑いして帰っていった。
ゆりちゃんはもうすっかり泣き止んで、困った顔で俯いている。
ゆりちゃんのお母さんも 
─もういいわよね、ゆり
と言い
─またゆっくり先生とお話しようね、お母さま方も、今日のところは・・・・
マサエ先生も、リクくんとゆりちゃんの頭をなでた。
─お友達のもの隠して、嘘ついて・・・
リクくんのママだけはまだ、笑わない。


リクくんから靴を受け取って、履き替えていたゆりちゃんが、急に、
あれれ、と大きな声を出した。
─あれぇ、リクちゃん、ゆりの靴、何か入ってるよ。何だろう。

拾った覚えも入れた覚えもないのに 
ゆりちゃんの靴から大きなつやつやのどんぐりが二つ ころんと飛び出した。

「いたんだよね、こぉんなやつ」
ゆりちゃんが両手を広げて、大きな生き物の形を作った。

「こんなのと、こんなのも」
中くらいのと 小さい形も作って見せた。

二人で何度も繰り返し観たアニメに出てくる、大好きな「奇妙な生き物」だ。
どんぐり運ぶ、不思議な生き物だ。

「いたんだ、本当にいたんだ」
アニメの主人公みたいにはしゃいでさ、
ゆりちゃんは踊るように跳ねると 
リクくんの手を引っ張ってぐるぐる回り出した。

「いたんだね。ほんとにほんとに いたんだね」
ゆりちゃんは嬉しくて仕方ないって顔で笑う。
最初戸惑っていたリクくんもつられて、やっと笑った。



「お母さん、帰ってリクちゃんといつものビデオ観る!」
ゆりちゃんがリクくんの手をしっかり握ったまま そう言った。







ゆりちゃんのポケットには、いつもお気に入りのどんぐりが、入っていたのかもしれない、
リクくんがそう思ったのは、それからずっとずっと後のことだ。

それでもさ、その時のことを思い出すとリクくんはいつも、
森の方からあの「奇妙な生き物たち」が、
目を ぱちくりさせながらこちらを伺っている様子が、
目に浮かぶんだ。




スポンサーサイト

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。