FC2ブログ

STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

学生服の 箱 開ける (100字)

くん、と嗅ぐ。

真新しい布の香りだ。



深い黒色、曇りのない金釦。誰の形でもない学生服。

日々、たくさんのものをしみ染込ませ、3年を終えた時、

いい思い出の品になりますようにと、





母はただ祈っている。








スポンサーサイト

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ