STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

デザートに無花果添えて

以前TEXPOの「まったりバトル」というのに参加した作品です。
お題は「美味しそうな朝食の風景を描く」(だったかな?)
いきなり 消費期限切れそうだったり、萎びてたりしますが、
読み終えた後、美味しかった気がして下さればうれしいです。




食パンを一枚、トースターに入れる。
パンが焼けるのを待つ間、冷蔵庫を覗く。
ついでに寝ぼけ頭を冷気で覚ます。
野菜室には胡瓜。冷蔵室にはハム。
胡瓜を出して縦に薄く切る。胡瓜はちょっと、萎びかけている。

早く使い切らなきゃね。
ハムを一枚、後はラップして仕舞う。
これも気付くといつも、賞味期限近い。
玉子を一個、油を引いたフライパンの上
ぱかんと割って目玉焼きを作る。
マグカップに入れたインスタントコーヒーを立ったままちょっと啜る。
足元に置いたダンボールが目に入る。
送り状の差出人の欄には実家の住所。さっき届いた宅配便だ。

今頃、父は納豆をこねている。神妙な顔をして100回以上必ず煉る。
味噌汁、焼き魚、玉子焼き。母は昨日の残り物も温め直す。
─どうも作りすぎちゃって困るわね。
あたしが家を出て何年経っても、ばあちゃんが一昨年、
じいちゃんが去年、いなくなっても 
やっぱり母は同じ分量で作ってしまうのだ。

弟は昨日コンビニで買ってきた菓子パンを
もそもそ食べているかもしれない。
お裾分けを期待して犬のブンタは弟の足元で
そわそわしているだろうか。


ちゃんと朝ご飯食べなきゃだめよ。
納豆食え。納豆。
ほら、玉子焼き。
どう?お漬け物。


弟はきっとTVから目を離さず、
それでもちゃんと漬物だけは食べるのだ。
ばあちゃんのぬか床はまだ生きている。

パンにマーガリンを塗り、胡瓜とハムを載せ、
マヨネーズでくるくる模様を描く。

半熟の目玉焼きがお皿の上でぷるんと揺れる。
父はソース、母は醤油。
目玉焼きに掛ける物にも、こだわりがあった。
あたしは塩をひとつまみ。



大家さんちの庭先、むくげの白い花の向こう側から
「キズナ」の吠える声がする。
生垣の低いところを乗り越え、いつも一直線に駈けてくる、
真っ直ぐな明るい目。

─キズナがさ、あんたに会いたいって言って聞かないんだよね。
遠回りになって敵わないや、ホント。

犬に引きずられるようにやって来る彼は 
またそう言ってくしゃりと笑うだろう。

今日はちゃんと、飼い主の「彼」にも名前を聞こう。


陽ざしの中、きらきら光るキズナの黄金色の毛を思う。
心を温めてくれる生き物の、柔らかな手触りが大好きだ。
買っておいたジャーキーを出しておく。ブンタの好物だ。

実家の庭先で、いつもうとうと眠ってた年寄犬のことを考える。
キズナもこの味、好きだといいな。

ダンボールから移して冷蔵庫に入れた無花果、幾つか出しておこう。
毎年母が送ってくる無花果は、じいちゃんが育てた。
ばあちゃんが毎年楽しみにしていた。

キズナの飼い主さん、彼は無花果、好きだろうか?

手に持った無花果の心地よい重さを確かめながら 
懐かしい香りをくんと嗅ぐ。


そうだ、今度は余った胡瓜を漬物にしよう、と思う。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ