STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな花火もきっと楽しい

涼しくなりました・・・・ もう秋ですね。
ぼやぼやしているうちに 季節感無視の更新となりました(汗)
TEXPOの夏のバトルで出したもので 「夏らしい作品を」がテーマ。
今更ですが、去りゆく夏を思い出し(無理やり)お読み頂けると幸いです。






 暑い!海だ!と、いかにもなノリで、付き合って日も浅い雄太と海に行き、伊理ちゃんと知り合った。
宿のロビーで初めて見た時、伊理ちゃんは随分年上の男と一緒だった。彼女が色々と話し、相手は穏やかな聞き役という感じだ。宿や海辺で伊理ちゃんとは何度か会ってお喋りしたが、男の方はそれから見かけない。雄太は「あれは絶対に不倫だ」と、細かい点を挙げてはどうでもいい推理を披露し、得意げに鼻の穴を膨らませた。
ゴシップ好きのオバさんみたいなその性格にげんなりし、雄太の鼻の穴が嫌いになった。
その後は早い。雄太のすることが全て馬鹿っぽく見え、水着のセンスに相容れないものをひしと感じ、3日と持たず我慢の限界が来た。

─打ち上げ花火なんだよね。いつも。
待ち合わせたオフィス近くの店で、伊理ちゃんに近況を報告する。偶然にも互いの職場はすぐ近くだ。窓の外、ツクツクボーシがひと際騒々しく鳴いて飛び立った。
─だったら線香花火かな、私。
融けかけの氷をストローでつつきながら、伊理ちゃんは言う。
消えたかと思っても、ちろりとまた花を咲かせ、祈るように見つめる中、ぽとり 玉を落として終わる。そんな なのかな。伊理ちゃんの恋。
─子どもの頃から 線香花火が一番好きだった。由香さんは?やっぱり打ち上げ花火?

私は、と考える。線香花火は、暗がりでどっちが先だか解らなくて火をつける側をよく間違えた。朝になって見ると大抵、気付かずにやり残した線香花火が数本落ちていた。
打ち上げ花火。そう、花火大会が大好きだったな。夏も終わりだねぇ、なんて言いながら一緒に見たのは毎年、違う彼氏だ。
─けど、どれも結構いい思い出だよ。相手はどうだか解らないけどね。
そう言って笑うと、伊理ちゃんもくすっと笑った。

─あの人、中学の時の先生。私、時々手紙を出してたの。でも住所不明で手紙が返ってくるようになった。最近、あの近くの学校に勤めてるって噂聞いて。だから行ったの。あそこで偶然知ったみたいな事言って出て来て貰った。泊まってたのは私一人。情けないよね、振られたくないから 告白もしないで。
線香花火でもないね。湿気ちゃった花火。火も付いてない。

結局、デザートを3種類も追加し、コーヒーを4回おかわりして、休憩時間いっぱい二人で過ごした。お腹苦しいっ!って笑って別れた後 母からのメールに気がついた。不況でスポンサー探しが難しく、花火大会は中止だそうだ。

今年はこのまま田舎に帰らずに、伊理ちゃんと二人 線香花火大会をしよう。
うろこ雲 眺めながら、そう思う。

スポンサーサイト

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。