FC2ブログ

STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

「け」~けっして忘れないこと / 決心

baby.png


(キミたちが、会えなかった  もう一人のお姉ちゃんの 
  生まれた時の話をさせてね。)



「ウン、生まれたよぉ、元気、元気。
凄く楽だったよ。 ツルンて感じ。
ちょっと小さかったからかなぁ・・
いいよ、いつでも会いに来てね。」


夜中に二人目の赤ちゃんを産んだ。  
その朝、お母さんは浮かれていた。
一人目のときは、長びく陣痛と、酷い出血があったけど、
今回は、朝の自分の元気さに、時間も体力も持て余していた。

産んですぐは、母子別室なので
面会時間に ガラス越しに見に行くだけでいい。

公衆電話の周りをウロウロし、
友達に 出産の報告の電話を かけまくった。

何にも考えてなかったよ。
ほら、お母さんは大事なときには、カンがちっとも働かない。



面会用の小部屋で、看護婦さんに名前を言って待つ。
赤ちゃんが連れてこられる・・はずだった。

待ち時間が、長い。
とても、長い。
不安が初めて、心の隅から広がりだした。


別室のガラス越し、保育器の中で、赤ちゃんは 
小さな指をピクピク 動かしていた。
唇の動いている様子も、遠いガラス越しでも、ちゃんと 判る。

そして、思ってもみなかったことを お医者さんは言ったんだ。


赤ちゃんは  いずれ 手術しなくてはなりません・・。

おっぱいを飲む力がつくまで、一日一回練習に来てください。
あとは、哺乳瓶使います。
母乳が出たら、搾乳して持って来て下さいね。
お母さんは予定通り退院できますよ。


何が一番悲しかったかって?
そうね、気が付かなかった事だな。

五体満足でさえあればとか、健康でさえあれば・・・
・・とすら思ってなかった・・
当たり前のように思ってたんだ。

そして、産婦人科の病棟が、
生まれる喜びだけで 満ちているものだと思ってたんだ。

おなかの中で、そんなに頑張ってることなんて、全く知らないで、
生まれてからもあんなハコの中で 唇動かして、
おっぱい待ってるなんて 思いもしないでいた。



自分が情けなくって、赤ちゃんに申し訳なくって 
お母さんはぼろぼろ泣いた。

母子同室になったら使うはずだった、おしり拭きの綿花を 
カットしながら、 ぼろぼろ泣いた。



そのあと、どうしたのって?
そのあとね、お母さん、ひとつだけ決めたんだ。

いいおっぱい、いっぱい作る。
こんなにいらないよって 言われるくらい、
いっぱい搾って 持って行く。


だって それしか、してあげられない。

だから、クヨクヨしてて 
おっぱいが 涸れちゃわないようにするってね。



お母さん、面白いよ、だって、それからはね、
肩で風切って (病院内の廊下だから風は吹かないの)
ノシノシ歩いたんだよ。

怖い顔?それはしてないよ。
だって赤ちゃん、びっくりするもの。



あのときがあったから、今キミたちとこうしている。

だから、キミたちを抱きしめる。
思い出と一緒に抱きしめる。



今でも ときどき、思い出す。ノシノシ歩いてた若い自分。


少しずつ話すから・・また、聞いてね。




コメント

ふふふ

今のところ、ご想像にまかせちゃいます。

実話メーター 何パーセントって 表示するのもおもしろいかも(^。^)

実話???

だったりしないですよね?
それとも…。

ちょっと、このお母さんの気持ちが分かっちゃったりして…。
本来出産手言うのは、母子共に命がけなんですよね。
だから、無事な時もあれば、片方がダメな時もあり、
悲劇だけど、両方ダメな時もある。

小児医療センターに行ったりすると、色んな価値観が変わったりします。
ちょっとばっかりおへちゃでも、ちょっとばっかり勉強が出来なくても、
ちょっとばっかりとろくても、
普通に元気に生きていてくれることのありがたさが、身にしみます。
本当に、本当に・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/tb.php/10-83cb95ef

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

管理者ページ