STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

つきのかけら  (100字)

やり切れなさに、月を思いきり蹴り上げた。

水溜りの中、月は微かに揺れ、元に戻る。

跳ねた雫を被った馬鹿な自分を罵った。

服についた雫がきらり光る。




月の欠片だね。


黙って後をついてきた彼女が言った。









スポンサーサイト

コメント

読んでくれてありがとう。
テキスポの100文字バトルの参加作品です。
ミメイさんのがとても良かったですよー。

タルホ風かと思ったら、また違っていいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ