FC2ブログ

STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

「し」~しゅくだい

si.png


「おやすみ。」

こども達に声をかける。
これでやっと、自分の時間だ。

コーヒーを淹れるお湯が 沸くまでの間に、リモコンでTVをつける。
ドラマが今 始まったところだ。

ソファーにゆっくり腰を降ろした その時、
パジャマ姿のコウタが リビングに戻ってきた。


「寝なさいって言ったはずよ。何時だと思ってるの?」

コウタは ドアのところに立ったまま、
TVの画面をチラチラ見て 動こうとしない。

サトミはパチンとTVを消した。

今 小学生にも人気のあるドラマだとは聞いている。
きっとコウタも気になるのだろう。


だけど・・とサトミは思う。

━ 私なんて、8時半には寝るように言われてた。
高学年になったら、いくらなんでも早すぎると思ったけど・・。 
テレビ番組は親が選ぶものだったし、
家の約束事はしぶしぶでも 黙って守ったわ・・。

    
それでもコウタが まだ突っ立ったままなので、
サトミもついつい声を荒げてしまう。


「テレビはおしまい。約束のアニメ、時間分見たはずよ。
お兄ちゃんはもう寝てるんでしょ?」
 

    本当はサトミが見たいのだ。  
    続きを楽しみにしてたのだ。


でも、こんな時間のドラマを 小学校低学年の息子と一緒に見るなんて
サトミの中では考えられない事だった。  

「ゲームだって、今日は延長させてあげたでしょ。
いいかげんにしないと、お母さん怒るよ。」

コウタは 目に涙をためたまま、黙っている。


この次男坊は 言いたいことをはっきり言わず、
メソメソするところがある。

ついついサトミも 感情表現のはっきりした長男に較べてしまい 
こういうときは特に イライラするのだ。



「もう いい。」

コウタは くるりと向きをかえると 
いつもより少しだけ大きな音をたてて、ドアを閉めて出た行った。
               
伝えることを 諦めて、「もういい」と言ってしまう
・・・  こんなところが 自分自身の小さい頃とそっくりだ。
だから、余計にイライラするということは
サトミ自身もよく解っている。

そして、サトミもまた、
「お兄ちゃんに較べて おとなしかったから」 という理由で、
母から聞ける思い出話の少ない事を
ちょっとだけ、寂しく思っていた。
               
だからこそ 二人目にもいっぱい目をかけよう、
おしゃべりをしよう、
アルバムの写真の数だって、絶対に差をつけないんだから

・・・・サトミはずっと そう思ってきた。



お湯のふきこぼれる音に、あわててキッチンに行こうとした時、
ドアが少しだけ 開く音がした。

振り返って見ると 隙間にプリントが一枚 差し込まれている。 


━ ははん、点の悪いテストを見せそびれて、
それでモジモジしてたのか・・。


サトミは 情けないような 腹立たしいような気持ちで、
差し込まれたプリントを手に取った。


プリントには、コウタの
下手くそだけど 生真面目な字が並んでいる。

「  しゅくだい


   ① 今日あったことを おうちの人とはなそう
   ② 自分の小さいころのことや生まれたときのことをきこう
   ③ おうちの人の小さいときのはなしをきこう

    おうちの人のコメントらん (ここにかいてもらおう) 」




お湯はシュウシュウいっている。


コメント

ぎゅーってする・・

ストレートに言えば、そういう「しゅくだい」なんですよね。これも。

この「サトミ」はごくごく普通のお母さんで
ごくごく ありがちな 失敗だと思うの

きっと 後からでも 遅すぎない
「ごめんね」のぎゅー でしゅくだいをやり直そう。

抱きしめて欲しいの

ただ、それだけ。
子どもって、単純なようで、とても複雑で、
複雑なようで、ビックリするほど単純だったりします。
つまりは、人間は、複雑でかつ、単純だってことですよね。

人間の究極の願いは、たぶん、
誰か私を大切に思ってください。
誰か私を必要だといってください。
そして、思いっきり抱きしめてください。
なんじゃないかと思うんです。
いもとようこさんの『しゅくだい』の子のように、
コウタも抱きしめてお話してもらえるといいんだけど…な。

そうなんです(^。^)

ターさん いらっしゃいませ♪

この頃は、命を大事にすること~性のこと~衛生についてなど一貫して
教える取り組みがあるんですよ。

色々 こどもたちを取り巻く事件もあるし・・。
自分が大切なひとりだということ、親や周りの人とこうやって繋がっているということを 実感するため、こういう宿題がでたりします。

ちょっと めんどくさいときもあるけど 親子での いい話題づくりでもありますね(^。^)

親子のしゅくだい

しゅくだいって一人でするものと思ってたけど、こういうしゅくだいもあるんですね。
どちらかと言うと親に課せられたしゅくだいですね。
まあ、親と子の食い違いは宿命みたいなもので、なかなかピタリとは合わない。
このしゅくだい、ちょっと変えたら色んな大人に出せるね。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/tb.php/13-54497645

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

管理者ページ