FC2ブログ

STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

「び」~病気のこと 少し

hosi.png




おかあさんの 病気について 少し 話しておきます。

キミたちは ちょっとくらいは 覚えているのかな。



それは とっても 突然で ひょっこり顔を出したんだ。

左の胸の上 何となく触ったら 
ビー球くらいの こりこリ があった。



相変わらず お母さんは カンが悪い。


肌着のワイヤーが いつも当たって痛かったから、
そのせいで 何か出来たのかな

なんて 思ってた。

でも やっぱり ちょっとは 気になって、
1週間くらいは 本を読み読み考えた。

似た症状の 病気のところを読みながら

一番 深刻そうじゃないのを 何回も読んで、
コレならいいなぁ・・って思ってた。



おとうさんにも相談して 
やっぱり 病院行こうって決めたんだ。





おとうさんの 大きなジャンバーを 
その日だけ はおって 出かけたよ。

やっぱり 不安だったんだね。

いったい 何科に行けばいいのかさえ 解らなかったよ。

病院なんて 自分のことでは ほとんど縁がなかったもの。



何日かに分けて 色んな 検査をして 
結果を聞く日になった。

おとうさんと ふたりで行った。





よく ドラマにも出てくる 病名だったよ。

そのなかでも「悪いカオした」ヤツだと 先生は言った。



色んな説明があった。

手術の日程を 向こうから決めてきた。





何が 一番 気がかりだったと思う?



それは 幼稚園の クリスマス発表会のことで

それは 入院中の ご飯の用意のことで

それは 今 クラスがゴタゴタしてて 楽しくない学校生活をして

傷つきやすくなってる お姉ちゃんのことだった。



何よりもまず おかあさんが 先生に聞いたのは


おかしいと思うかな?


違う病名で それを 人に言うなら  
何て言ったら 一番いいか ってことだった。

何日で 家に帰って 普通に過ごせるかってことだった。



キミたちが どこかで 心無い言葉を聞いて 
傷つくことだけが 心配だった。

薄っぺらな テレビドラマ見て 心配をつのらすことが嫌だった。



キミたちが おかあさん無しでも

支えてくれる大好きな人たちと 元気にやっていけるのは
いったい 何年後かなって

とっさに 数えてみた。

何年後だったら 大丈夫かって 考えてみたんだよ。





親なんて そんなものなのかも しれないね。

いや、他の「親」は もっと 
ちゃんと 考えなさるのかもしれないよ。



ただ おかあさんは

残された人が 残ったことで傷つくのが 一番哀しい。

残された キミたちが 幸せに笑ってるのが 一番 嬉しい。

それだけは 忘れないで。







あれから 何年もたったけど 
おかあさんは 今のところ 元気です。



胸にマジックで 治療の目印の バッテン 描かれてて 

お風呂で へんなの、って笑ったことも、

少しの間 点滴に通うのに 付き合ってくれたことも

キミたちはもう 忘れちゃったかな?



おかあさんの 今の目標 知ってるかな?

あのね

みんなを 安心させること。

大丈夫。 
こうやって 病気とつきあいながらでも きっと 笑って生きられる。

大丈夫。 
身体の形が多少悪くなっても 問題なんて 何にもない。



家族で 協力して 団結して 病気と 闘うのは
もう少し 先に 延ばしたい。


今は こんなでも いいかなって


そう 思っているんだ。





少しずつ 話すから また 聞いてね。









(このシリーズは、 「おかあさん」が子ども達に語りかけるかたちをとって 私自身のことを 少し お話させていただいています。)

コメント

はじめまして!!

ゆいさん いらっしゃいませ(^。^)
書き込み遠慮しなくっていいですよ~。

今現在、元気だから 言えるような事なのかもしれないです。

今のところ、子どもには積極的には書いたもの、読ませてるわけではないんですよ・・。(^_^;)
ちゃんと話してやったこともないので、勝手に読んでくれたら
また それもいいかな?なんて感じで このblogはデスクトップの見えるところにおいています。

ゆいさんの書かれるものも また ゆっくり読みに行かせてくださいね。

はじめまして。
コメントを書こうかどうしようか迷いました。
子供たちに元夫の事をちょこちょこ語ったことあるけど
果たして、自分のこと語ってるかな・・・
昔、子供だった頃や今の自分。

>ただ おかあさんは
残された人が 残ったことで傷つくのが 一番哀しい。
残された キミたちが 幸せに笑ってるのが 一番 嬉しい。
それだけは 忘れないで。

涙が出ました。
なずなさんのように強く優しい母を目指したいな。

ん・・っと・・・ね

ケ・セラ母ちゃん いらっしゃい

何事も早期発見 早期治療!のいい例です。
気になる前に 定期検査してね~。(^_^)

なずなさん

お久しぶりです。びっくりです。
いつも素敵な絵とあったかいお話を楽しませて
いただいていたけれど、病気でいらしたなんて、
つゆとも感じませんでした。
「真っ先に考えるのは子供のこと」
とっても分かる気がするけど、私にはきっと
そんな強さはないだろうなと、その静かな強さが
このサイトのカラーになってるんだなと思いました。
応援してます。

オリオリさん

ありがとう(*^_^*)

思うように身体が動かないのも 辛いですね。
それより そんな気持ちを 伝えられないとき、
伝えないで置こうと決めて そのせいで もどかしい時
ありますよね。

そう、そう 無理せず のんびり いきましょう!!

私は去年の春、脳梗塞で運悪く階段で顔から落ち
気が付いたときは左半身がまったく動かない状態でした
おかげさまで後遺症もわずかな麻痺ですみ現在に至りますが
病気になって気づいたシアワセって抱えきれないほどあります
そして誰にもいえないつらいこともたくさんあります
お互い無理せずがんばりましょうね

何だか恥ずかしいです

たぶん 真面目に取り組む 精神力が むしろ無いんだと思うのよ。
とりあえず 今元気なので(^_^;)。

知らなくて・・・ごめんね♪

なずなさんのご病気のこと、こちらを読ませてもらい
始めて知りました・・・
大変な思いをされていたんですね。

でも母はどんな時にでも強いものなんだなぁってそして
なずなさん自身がとても心根がやさしくて大きな精神力を
持っていらしゃるんだなと思いました。

どうぞ無理をなさらずにお身体の方は労わってあげること
もなさって下さいね♪

何だか

しんみりさせちゃって ゴメンナサイ。
とりあえず、お気楽に元気に 過ごしているし
それで いいと 思っています。

凄く 強くて 優しい「母(私)」のようにイメージUPしてしまいましたが
ごく ごく 普通でございます。
小うるさかったり、手抜いたり・・。

おはようございます。

お母さんとゆうのは、絶対的に家族の癒しの存在だったり、悲しい時いつでもよりかかれる柱だったりすると思うので、お母さんがご病気なのは、なずなさん本当につらいでしょうね・・・。
だけど、いつも明るく清々しいなずなさんが、このことをみなさんに告白するのってけっこう勇気がいったのではないですか?
私も、どうコメントしたらいいのか・・・と、考えましたが、私なら強がってしまい、なかなか話せない事だと思ったので、この事に正面から向き合うなずなさんを、凄く強い人だなと感じました。

なずなさんからは、優しさと強さを感じるのは、このことが底流に
あったからなんだね。

なにもいえないです

お母さんは強いんだなぁ、と思うばかりです。
いや、なずなさんが強いんだ。

ふふ・・

そうでした。(^_^;)

そうかぁ。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/tb.php/28-49032ced

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

管理者ページ