FC2ブログ

STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

「ふ」~風船 飛んだ




ひまわりの種と小さな手紙をつけた 
色とりどりの 風船が
1クラスの人数分 青い空に いっせいに飛んだ。



どうか 風に流されず 
まっすぐ上へ昇っていって・・

祈るような気持ちで 風船を見続けた。



本当の気持ちなんて押し隠して
人に合わせて ふらふら流されてるだけの

自分のことを どう書き表していいか解らなくって

自己紹介の手紙の 文字を
書いては 消し 書いては 消した。

結局 小学校の住所、自分の名前と学年だけ 
なんとか書いて ひまわりの種に添えた。



学校にその葉書がついたのは 卒業も間近い 冬の終わりだった。

「 あなたが 風船につけて 
 送ってくださった ひまわりの種 
 受け取っています。

 もうすぐ中学生、
 ひまわりで言うと まだつぼみをつける前
 空に向かって ぐんぐん 伸びている時期でしょうね。

 時期が来ましたら 
 畑の日当たりの良いところに 
 植えたいと思っています。」






ほとんど同じメンバーで 
そのまま中学生になって 2年半が過ぎたけれど
ひまわりの種をつけて 飛ばした風船の話は 
それからほとんど出ることもなかった。

他に手紙が届いた子もいたが 会いに行ったという話もない。

気になってはいたが いつか 忘れていた。
忘れた・・と思うことにした。



「みんな」が行く高校を 
友達と見学に行くことにした日、
電車の路線図に その駅名を 見つけた。
差出人の「おっちゃん」の 住む町の駅だ。


「マユ どうしたのぉ・・行くよぉ」

友達の声が 遠く 聞こえた。
初めて 「みんな」の声に逆らって
反対向きの その駅まで 切符を買った。







丈の高い ひまわりが 
畑の一角に たくさん並んでいる。

立ち止まって 見ていたら 
花の間から 年配の男の人が 出てきた。 

腰は少し曲がっているけれど
こっちを まっすぐに見て ゆっくり話し、
畑仕事で日焼けした顔に 白い歯を見せて 
大きく笑う。

「今度は 風船に女の子がついて来たのかと思った 」



何かのキャンペーンとかで 駅前で配っていた風船を
何となく 受け取ったまま 持っていたことに 気づいた。





 

知らない人に こんなに自分のことを 話したことがない。

一言でなんか言えない 自分のこと、
どうしても好きになれない自分のこと・・。
興味もないアイドルの話に 楽しそうに うなずき、
嫌いでもない子を 「みんながするから」 避けたりして
中学もまた そのまま 終わろうしていること。

風船につけられなかった 自己紹介のかわりに
一言で書く事ができなかった 手紙のかわりに
言葉が 溢れるように出てきた。



毎年 ひまわりを見るたびに こうやって 心の中で 
この人に話しかけていたのかもしれない。





「おっちゃん」に頼んで 
種が出来たところから 少し分けてもらって 包みに入れ
持っていた風船に つけた。

手を離すと風船は ふわりと風に流されて行った。



─ 今度、風船をたくさん持って 来ます。
  色んな想いを いっぱい託して
  ここから 飛ばしてもいいですか?



「おっちゃん」に また来る約束をして 帰りの電車に乗った。

「みんな」が行く高校以外に 少し気になっていた別の高校も
今度 一人で 見に行ってみよう。




電車の窓の外 遠く 
風船が 一つ 
風に ゆっくり流されながら
それでも 高く 高く 
昇って行った。


コメント

了解。

なんだか とんでもないものに手をだしてしまったよ。
あんな出だしと終わりで 何書けるのかなぁ・・
(w_-; ウゥ・・

お題出たからねぇ~!
宜しくねぇ~!

http://nightstalker.blog17.fc2.com/blog-entry-56.html

前に・・・

「探偵ナイトスクープ」のような 番組で、
受け取った相手のおじいちゃんに会いに行く話しを
チラっと見ました。

おじいちゃんは さらに おじいちゃんになっていて
味のある とぼけた受け答えで 
ほのぼのした笑いをとっていました。
手紙の内容と おじいちゃんのキャラクターが 
すっごくよかったように覚えています(^。^)

こんばんは!

風船に向日葵の種をつけて・・・
これに似たお話を、確か昔どこかで聞いたような、
見たような・・・そんな、懐かしい記憶が蘇りました!
そのお話は、正直ほとんど覚えていないのだけど、
風船に何かの種か手紙をつけて飛ばして・・・みたいな内容だったような気がします。
こういうお話、テーマいいですね!
小瓶に手紙を入れて海に流して・・・とか。
この後の、いろんな想像が膨らみます!
どんな人に拾われるのかな~って♪

男の子!

そうだった、受け取り人が 男の子って手もありましたね。
どうも 発想が 恋愛とか 同世代同士になりにくい

こんどは さらりとしてて ちょっと切ない 
男の子と女の子の話、考えてみますネ。

何か、胸キュンとなるのは、先に弥一さんの話を読んでいたからかな(笑)

なずなさんらしいお話よね。お年寄りを大切に思う心が底流にあるのね。これが、若い男の子で、淡いラブロマンスになってはありきたりのお話になってしまうけど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/tb.php/34-c53a5e32

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

管理者ページ