FC2ブログ

STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

「ほ」~ほたる

重松清さんの「きよしこ」という小説に 大阪弁のおじさんが出てきます。
おしゃべりが苦手で 友達がなかなかできない少年の、引越し先での 初めての友達です。
 
「ほたる」の題で 私も 子どもと孤独なおじさんのふれあいを描いてみました。
関西弁使って 一度書いてみたかったんだ。 




おっちゃんか?
おっちゃんの名前なぁ・・

そうやなぁ 
何でもええけどなぁ・・。



 
ちっさい兄ちゃん、ホタル 知ってるか?

おっちゃんが 生まれ育った 田舎なぁ
近所の川に ホタル いっぱい おったんやで。

夜になって 家族で 外 出て
ホタル見るとな
あっちにぴかり こっちに ちらり

それは きれいやってんで。


手のなかに そっと入れるとな
ふわっと 明るく光って

その光が ほっこり やさしゅうて

大事に だいじに 
また 手ぇ 開いてな
飛ばしてやるんや。

元気で 飛んで行き、ってな。



おっちゃんな 田舎出て 働いた.
家族のために それは 一所懸命 働いたんやで。

やっとのことで マンション 買うたんや。
ごっつい ぴかぴかの マンションや。


まっさらな 白い壁紙が まぶしゅうて
それが 誇らしゅうて

ベランダ出て タバコ吸っても
幸せ やった。

あっちに ぴかり  こっちに ちらり
タバコの火ぃ 見えるんや。

ああ、あそこの ダンナさんも
そっちのダンナさんも

部屋 汚さんといて とか、
空気悪うなるから とか言われて 
ベランダ 出て 一服やってるんやろな 

そう 思った。



でも おっちゃんは 幸せやったんや。

ホタルみたいに ぴかり ちかり
タバコの火ぃ 見える マンションのベランダが
家族 守る 大切な 居場所やと 思うてた。




おっちゃんか 
おっちゃん 誰でもなくなった。
だいじなもの いっぱい 無くしてしもた。



ちっさい兄ちゃん 
この タバコは あかん。

あかんよ。返してき。


禁煙してるはずの おとうちゃんが 
こっそり買うてたから

おかあちゃんが それを怒って 
ゴミ箱捨ててたからって

それ 拾って来て おっちゃんに 
くれたら あかん。

それは あかん。


気持ちだけ ありがとうって
貰っとく。
おっちゃん 落ちてるタバコ 探してたんやもんな。


ちっさい兄ちゃんは ええ子やな。
ほんま ええ子や。



おっちゃんな
田舎のホタル 見とうなった。

ちっさい兄ちゃんぐらいの時
毎日 走り回ってた道が 見とうなった。

すっかり 変わってても
誰も おっちゃんのこと 知らへんよう なっとっても

もしかしたら 川もすっかり 変わっとって
ホタル おらんかもしれんけど

それでも おっちゃんの 
帰るところやもん。
始まりのところ やもん。


ちっさい兄ちゃん 
ありがとうな 

ほら もう 家に 帰り。
みんなが 心配する。
元気で また 会えたらええな。


おっちゃんか
そうやな・・
ホタルのおっちゃん って 覚えといて。




コメント

Re やいっちさん

高速道路のタクシーの灯も ホタルの群れみたいなのか・・

それぞれ 思い浮かぶものがあるのですね。
そんな お話も 聞いてみたいな。

Re aoiさん

(^ー^* )フフ♪
関西人ですよ。生粋の大阪弁ではないけれど
神戸弁との違いが解かる程度。

子どものときの小学校は 新しい住宅地だったので
色んな関西弁がミックスして 
そこの「方言」ができてる感じでした。
もっと「大阪弁」キツく書いてもいいんだけど 
読み方の解からない人(イントネーションとか)出てくるでしょうね(^。^)


高速道路の蛍たち

東京のタクシーは空車になると屋根に設置されている行灯が点灯する。夜は空車だと、その明るい行灯で遠くからも分かる。
真夜中、仕事で高速を使っての帰り道、お客さんを下ろしたタクシーは次のお客さんを早く乗せたくて、高速を飛ばして都心へ向かう。
真っ暗な高速を点灯した行灯だけが走っているようで、まるで闇の川を駆け抜ける蛍の群舞みたいに見える。
小生も逸る心で運転してるけど、この光景は幻想的で絵のようなので、結構、楽しんでしまう。


 闇を飛ぶ蛍の群れの健気なる

おはようございます!

関西弁!!
なずなさんは、関西出身なのですか?

今回のお話は、ほっこりとした、とても素朴で優しい雰囲気のお話ですね~。
まさに、なずなさんワールド!!
私の実家も、もの凄く田舎なので、蛍がたくさん。
本当にキレイです。

寛美さん!

小学校のころ 土曜日、学校から帰ったら
松竹新喜劇を 母が見てました。
うふ、何だか 懐かしいです。

細かい言い回し 語尾なんかを もっと「大阪弁」にも
できるんだけど、字にすると わかりづらいので
コレくらいにしておきますネ。

このおっちゃん、なんとなく、想像つきます。
すこし、色が変わった日本手ぬぐい首にかけて・・・

なんか、新喜劇にでも出てきそうな。それも、吉本でなくて、松竹新喜劇。そう、藤山寛美さんがよくやってたような。(^_^;)

ホタルブクロの絵、綺麗に描けてますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/tb.php/35-2112156e

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

管理者ページ