FC2ブログ

STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

「も」~森のくまさん

「森のくまさん」の歌詞を知っていますか?歌詞に色々疑問が付きまとうようで ネット上でも色々考察しているサイトがあります。面白いので 良かったら散歩してみてくださいね。



kuma.png





「掛け合いのトコ 歌ってよね」

カナミは歌の途中で いつも言う。
でも ユウジが けして童謡なんか歌わないことは 
カナミだってちゃんと知っている。

たくさんは話してくれないけれど 
ユウジが歌わない理由も 少しは気づいている。

でも 言ってみる。


*  *  *


「森のくまさん」・・ カナミの お気に入りの歌だ。

「仕事中に歌ってたら、あのマユミ先輩も、歌っちゃってね、
  『カナミさんに つられてしまったわ 』
           なーんて 悔しそうに言うのよ。」

真面目な先輩まで巻き込む。
カナミって子は 仕事でさえ鼻歌気分でしちゃう・・そんな子だ。



「お母さんが 思い出しては 笑い話にするの。
小学生のとき 友達と『好きな歌』の話,しててね・・」

カナミは おかしくてたまらない様子で話す。
自分の話が笑いのネタになるのさえ カナミには嬉しいみたいだ。


「友達は アイドルの歌を言ったのに、
私は『そうね、わたしは"森のくまさん"かな』って言ったんだ。
 それも 相手と同じような、大人ぶった、すました言い方で。」





─ 僕は 童謡なんか 知らない・・


幼い頃 歌を歌っているユウジに 母は 言った。
「お前は 気楽でいいね、歌なんか歌ってさ・・。
              人の気も知らないで。」

母の 投げかける数々の言葉は ユウジを突き刺し、
幼いユウジの心は 凍りつく。

そして ユウジは もう 思ってしまったのだ。

─ 僕は ひとの気持ちが解からない。
  僕のすることは ひとを傷つける。

自分はそうゆう人間だと、ユウジは思ってしまったのだ。


*


カントリー調の喫茶店はテディベアのぬいぐるみで溢れていた。

─ 何だか場違いな所に入ってしまった・・

ユウジが そこから出ようと向きを変えたとき、
足元にキラリ、光るものを見つけた。

片方の小さなイヤリング。

拾って、手にとって見ていると
「きゃああっ、ありがとうございます!!」

文字通り、「飛び上がって 喜ぶ」人がいるんだ
・・ユウジはそのことに まず感心したものだ。

分厚い眼鏡をかけても まだ 目が悪いというカナミ、
ずいぶん苦労して床を探していたらしい。

「まさに 『森のくまさん』 だわ!
 お礼に歌いましょう、っていうのも変ですよね?それとも・・」

カナミの言葉の意味が ユウジにさっぱり解からない。

「歌って・・いや そんなのは いいんです。
            別に・・。お礼だなんて」

カナミは少しの間ポカンとして ユウジを見つめた。
そしてクスクス笑い出し、止まらない。

「ごめんなさい、ごめんなさい。
 イヤリング落としたものだから 
   ついつい歌いながら探しちゃってて・・」

喫茶店の中で自分の言葉に笑い続けるカナミ、戸惑い顔のユウジ・・

カナミのペースに巻き込まれるまま、
テディベアの並ぶ出窓の傍で、ユウジは コーヒーを飲んだ。

そして そこが 二人の指定席になった。



   *  *



「’森のくまさん’は どうして、
  女の子に 『お逃げなさい』 なんて言うのかな。」

二人で たわいない話をよくした。 
カナミはユウジに 時々そんな風に 問いかける。


歌自体をよく知らなかったユウジは インターネットなどで調べて

「おいかけっこ遊びのキャンプソングが元らしいよ。それから・・」
・・・次に会ったとき 説明する。

そういうとき、眼鏡の奥のカナミの眼はとびきり嬉しそうだった。


「ユウくんのそういうとこが 好き」

カナミは笑う。
性格のズレてるところでさえ 楽しむ・・
カナミって子は そんな子だった。

カナミの 厚い眼鏡の奥の 笑い上戸な瞳。
コロコロ笑うカナミと一緒にいると、
ユウジは 自分が信じられる、そんな気持ちになった。



  *  *  *



「小さい頃ね、お嫁さんごっこしたの。
  レースのカーテン身体に巻いて。
  そのときね、友達に『その眼鏡で お嫁さんは 変』って
  ・・そう 言われちゃった。 
  酷く落ち込んだのよ、私。」

日ごろ 眼鏡を気にしてるそぶりも見せないカナミが言った。
二人が「結婚」を意識し始めた頃のことだ。

「ユウくんも・・・・ そう思う?」



何か言わねば、と思った。
カナミが心安らげる言葉。ユウジの気持ちを伝える言葉。

けれど のどの奥に 蓋でも嵌ったかのように
ユウジは声を出すことさえできなかった。

頭の中に 黒い煙が渦巻いて ユウジは ギュっと目をつぶる。
忘れたはずの 母の声が 久しぶりにユウジの頭の中で響いていた。

─ どうせ 私の気持ちなんか アンタには 解かりっこないんだ。



気分の悪そうなユウジを気遣いながら 
カナミは その日 早くに 帰っていった。





  *  *  *  *




「 森のくまさんは どうして『お逃げなさい』なんて言うんだろう。」

喫茶店の出窓の 熊のぬいぐるみをひとつ取って抱きながら 
また カナミは言った。

ユウジが別れを切り出した時だ。

「ごめん。カナミ、自信がないんだ。
 僕はやっぱり 誰かを幸せにしたりできない。」


熊のぬいぐるみの足を ぱたぱたと動かしながらカナミは言った。

「私  歌いながら よく思ったの。
 くまさんは 自分が『優しい熊』だって事を 
  ちゃんと 知らないのかもしれない。

 私が’お嬢さん’だったら きっと言ってあげるの。
 スタコラなんて 簡単に逃げないよ。」



けれど ユウジの心は どこまでも 後ずさりしていく。

「あれから ずっと 考えていた。
  思い描こうとしても どうしても無理なんだ。

  僕と キミ、将来や・・・・・子どものこと。
  幸せに 歌なんか歌っている そんな 風景・・」


幸せなはずの風景に 母の声が追ってくる。
背を向けて 走り出してしまいたい。

カナミの幸せを守るには 
カナミが今、ここから 立ち去ること。
そう 思い込んでしまっていた。



ユウジは 自分のこと母のことを ポツリ、ポツリと説明した

連絡を断って 忘れたはずの母。
何がそんなに 彼女をイライラさせていたのか 考えても解からない。





カナミは 熊のぬいぐるみをユウジの手に押し付けるようにすると

「私は 今のユウくんが解からないわ。
   でも 解かりたくないのとは 違うよ。」



「ごめん、今日は 先に帰るわね。」

ユウジは カナミを見なかった。
このまま 会えなくなった方がいい そんな気さえしていた。





   *  *  *  *





「お客さま、これ、お連れ様が 落として帰られましたよ。」

レジ係りが やって来て ユウジに何か渡した。

─ 片方の イヤリング
最初に会ったときの あのイヤリングだった。


ユウジの手の中で イヤリングが キラリと光る。

─ ’森のくまさん’は 追いかけたんだ。

   イヤリングを女の子に届けるために。


ユウジは イヤリングを 握りしめ
失くしてはいけないものを 想う。



─ 母に会って来よう。


 母を笑顔にすることが 出来なくっても、
 あのときと同じ言葉が また 僕を突き刺しても。



ユウジは 全速力で カナミを追いかけた。



走るユウジの視界の隅 道端の花の色が 鮮やかだった。 



コメント

「失くす」

自分の気持ちとか 人との関わりとか
「失くす」・・「捨てる」のとは どう違うのかな・・って 
考えたら 解からなくなってしまいました。

捨てたものも 失くしたものも
取り戻せるのかな・・

とにかく モノの場合とはちがうよね。
何か難しくなってしまいました。
お友達は そうやって気にしてくれる人がいるだけで
幸せなんだよね。その人は気づいてるのかなぁ。

「失くす」こと

なずなさん、こんばんは~
このお話読んでると、ある友達を思い出すのです。
何だかその友達を見ていると、「喪失」という言葉が浮かんでくる。
何でかなぁ、やっぱりこのお話のように、お母さんの言葉に傷付いたり、色々原因があるのかなぁ。なんてことを思いました。
「失くす」方が簡単ですよね。私は失くさないことを模索して行きたいな、これからは。
なにか「失くす」というキーワードに、反応してしまったのです(笑)
しかしなずなさん、良い物語がたくさんできますね!すごいです♪

コメントありがとうございました(^。^)

だるまさん ようこそ いらしゃいませ。
また 遊びに行かせてくださいね。

亞季さん、コメントありがとう(^。^)
亞季さんの超短編 楽しみに読んでます!

今回のトラウマ話、「母」の言葉が尾をひいている訳で
自分が 実際「母」なので(イジワルな言葉くらいは 日々、子どもに 言ってたりもするし・・)・・・自分で書いてて 結構 重いものもありました。

深く読んでくださる 感性にも 感謝です(^_^)

少し怖いです

「くまさんは 自分が『優しい熊』だって事を ちゃんと 知らないのかもしれない。」
ってところにドキっとしました。
何もしていなくても怖い怖いと思われて育った熊さんですもんね。
周りの人が自分に、自分が周りに与える影響って
底知れないなぁと少し怖く感じちゃいました。

こんにちは

読みました・・・

ひとこと

「すごいな」

これだけです。

鳥肌たちましたね。
言葉は時に
人を殺す凶器になります。
しってて使う人も
しらずして使う人も
相手を「思う気持ち」を
もって欲しいものですねw
その気持ちがあればそんなこといわないですもんねw

好かれる歌だよね

リズムがいいのかな、掛け合いの楽しい気分がいいのか
くまさんと女の子の構図がほほえましく映るのか・・

原語の歌詞はもっと 内容が細かくって 食うか食われる(?)か・・みたいなこともあるそうですが

コレくらいの日本語の歌詞が 楽しくっていいですよね。ウン。
そういえば おなかをすかせた熊騒ぎ、ニュースで結構やってましたよね。大きいのが襲ってくると やっぱり怖いかも。

フトンさん、長編の方も楽しみに読んでますよ~。

森のクマさん!

この歌、昔よく歌った記憶がありますね♪
今回のお話、私も好きです!
イヤリングをひろうことろとか、こうゆう感じ可愛くていいなぁ!

嗚呼~ネットが見られるようになってホントよかったです!!!

なずなさんww

すごいよwwww
鳥肌ものだよww

なずなさんの頭の中身をフトンにください!!
移植だwww
すごすぎてもうwww

この話最高!!!
ぜひ!!いろんな人に読んで欲しい!!読んでほしいよwww
興奮中のフトンでしたww

あの歌、私好きですよ。(*^^)v
ほとんど覚えて無いのだけどね。

熊って、本当は怖い動物なのに、なぜかあの歌とか、ぬいぐるみは人気あるよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/tb.php/43-e3cc1d4f

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

管理者ページ