FC2ブログ

STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

「る」~留守番

20051208175309.png




「一人で お留守番のとき、
宅配便のひとが来たら どうしたらいいのかな?」

「いないフリ~」
「インターホンで”今だーれもいません”って言う」
「いるじゃないですかって 言われるし~」

みんな口々に 好きなことを言っている。


「さまざまな危険から 自分で身を守りましょう」 
っていう 授業。

 
「ママは 私をひとり置いて 出かけません」
(だから 留守番したこと ありません・・・)
って 正直に言った方が いいのかな・・ 
ヒトミは ドキドキした。

ママは カギっ子だった。
自分が それで寂しかったから 
「おかえり」をいつも言いたいんだって。
だから 出かけても学校が終わるまでには
絶対に 帰ってくる。

結局 ヒトミは当てられないまま 授業は進み、
授業の終わりに 先生が
「ドアは絶対開けないで また改めて来て貰うように言う」
ということで 締めくくった。
2年生のときのことだ。





  ★


「ごめんねヒトミ、今日は少し遅くなるかもしれない。」
初めてママが ヒトミに言ったのは 4年生になってから。

もう鍵持ってる子も多くって
かわいいキ-ホルダーの見せっことか している。
ちょっと羨ましいな、ヒトミは思う。

「いいよ。誰か呼んで遊んでてもいい?」

─部屋、片付けとくね・・
ママは キラキラ光る銀色の鍵をヒトミの手に乗せた。



こういう日に限って 誘っても誰も遊べる人がいないんだ。
塾、習い事、お医者さん、買い物・・
ごめんね、って言って みんなに断られた。

ポケットの鍵を 何度も何度も確かめながら
ヒトミは マンションのエレベーターに乗る。
ドアが閉まりかけたとき タイチが滑り込んできた。

─ いつもは うちの前のらせん階段 
  ガタガタいわせて駆け上がるくせに

横目でタイチを睨む。

長いコイル状のキーホルダーに玄関の鍵付けて、
ズボンのベルト通しから ぶら下げている、
これは1年生のときからの タイチのスタイル。
最近は 中学生の真似して ズボンを少し下げて穿いている。


    

「ハンコ押して 受け取る」

あの授業の時 となりの席のタイチは 小声で言った。
でも その声はみんなの声にまぎれ かき消されてしまった。


タイチは それから ずっと
つまらなそうに 鉛筆をコロコロ転がしながら
授業が終わるまで ひと言も言わなかった。


    ★


ヒトミが幼稚園の時 タイチは大阪から引っ越してきた。
─ 同じ歳の子が真上の部屋に来た
ヒトミはちょっと嬉しかったんだ。

でも 男の子だし、保育園に通っていたし
一緒に遊べるタイプじゃなさそうだった。
ヒトミはとても がっかりしたのを 覚えている。



   


5階でヒトミが降りると、タイチも何故だか降りてきた。

「何で 降りたの?ここ5階だよ。」ヒトミが言うと
「エレベーターなんか かったるい。」

タイチは答えて 玄関前のらせん階段を駆け上って行った。

「変なヤツ」
鍵をガチャガチャやって、開ける。


「ただいまっ。」

誰もいないのが解かっているくせに、大きな声を出す。
さっきまでお天気だったのに 
なんだか急に空が曇ってきて家の中が 暗い。

家中の電気を点けて回って、TVのスイッチをONにする。

ワイドショーでは 誘拐事件
ドラマはサスペンスの再放送。
いきなり死体役の女優さんのアップ。

やだやだ、お昼って何で こんなのしかやってないんだろう。
通販の番組をつけたまま ヒトミはおやつを探した。

空がますます 暗くなる。





ピカッ・・

バキバキバキッ・・・・・

イナビカリ、 そしてかみなり・・・。





上の階のタイチが暴れてるのも たいがいうるさいけど
見晴らしのいい5階、
ベランダの窓から見える イナビカリは思いっきり迫力があった。

ガラス戸を全部閉め、カーテンも閉めた。
イナビカリがまた 空を裂く。




─ ピンポーン

ママだ!ヒトミは慌ててドアを開けた。

立っていたのは タイチ。

「何?」

ぶっきらぼうに言ったつもりだけど 
実はタイチの顔見て安心した。
安心したの、ばれたかな・・・コホンとヒトミは咳払いする。

「これ」

回覧板。

「え?上の階の人全部回してからだよ、誰もいなかったの?」
「さぁ」
「いるのに 飛ばしたらだめなんだよ、
 この前も隣のおばちゃん怒ってたもの。」

「なら いい。」
タイチは クルリと後ろ向いて また階段を駆け上る。

「もうちょっと 静かに上がってって この前お母さんが・・・」
後ろから叫んだが タイチの逃げ足は 速かった。


雨が バタバタと音を立て、強く降りだした。
ママは今日は乾燥機使ってたから 取り込む物はない。
ヒトミは ふと、タイチん家って どうなのかな、
そう思ったら じっとしてられなくなって
階段、駆け上がった。 

─ ピンポーン

鍵を開け、チェーンを外す音がする。

「何?」
「チェーン 外しちゃダメなんじゃないの?」
「覗き穴から オマエ見えたもん。
 オマエこそさっき いきなり開けたんちゃうん?」

タイチは 大阪弁を直さない。
ふざけて言ってる訳じゃないのに 笑われる時があって
時々それが ケンカの原因になっている。

「あれは・・お、お母さんが帰ってきたかと思ったの。 
 あ、えっと・・雨降ってるよ。洗濯物入れた?」

「とっくに。こっちは 留守番、プロやもん」

ヒトミだって ほんとはちゃんと知っている。
保育園、放課後の学童保育、友達といる時間は長くっても、
その後の時間タイチは お母さんが仕事から帰るまで
ひとりで待っている。

─ よその家に上がり込むのは良くない、
  外で遊ぶのは5時半まで。

タイチはお母さんとの約束を きっちり守っている。

洗濯物の取り入れどころか 
ガスコンロを使って簡単な料理だって
小さいときから 出来るらしい。

そんなことも「留守番の時の安全」の授業では
タイチは 言い出せなかったに違いない。

    ★ 

「それよりオマエ、家の鍵閉めてきたんか?」
「ああっ」
ヒトミが 慌てて階段を駆け下りる。
ガチャガチャ鍵かけて タイチもすぐに後を追ってきた。

ドアの前で顔を見合す。

「泥棒・・いないよね・・」
「開けてみぃ・・」
「うん・・・」

おそるおそる ドアを開ける。
人の気配はない。 玄関は 出たときのまま・・。

「中 見て来い」
「ええっ タイチ見てきてよ」
「アホ 自分の家やろ」
タイチの服をつかんだまま、ヒトミは 少しだけ家の中に入ってみた。

心臓がバクバクいう。

あのカーテンの陰、それとも そのクローゼットの中・・
誰か潜んでいたら どうしよう・・

タイチが カーテンをガバッと捲くる。
ヒトミも 息を止め目を閉じたまま クローゼットを開けた。

だれも潜んでない・・・。

でも この 廊下の奥は・・・・




その時 

「ただいま、ヒトミ。遅くなってごめんね。」
玄関でママの声がした。

まだ、奥まで見ていないのに 緊張が一気に解けて
二人ヘナヘナと 座り込む。

「あらあら どうしたの・・?」



  ★


ママに事情を話すと 全部の部屋を 開けて見せ

「そんなに長い間じゃなかったんでしょ?
 大丈夫よ、よかった、何もなくって。」

ママは笑って 言った。
ママの笑顔で心がほわほわ柔らかくなった。



─ 今日は特別だから 

タイチはママに引き止められて
ヒトミの家で おみやげのクッキーを食べた。

「もう遅いから」
きっちり5時半に タイチは言って ひとりの家に戻る。


「今日はさ・・・ありがとう」

タイチを玄関まで送って ヒトミは聞いた。
「ねぇ・・タイチってさ、留守番 寂しくない?」


タイチのことだ、簡単に否定するとヒトミは思っていた。

でも タイチは 階段の一段目に片足乗っけたまま少し考えて

「最初のころは むっちゃ 寂しくて
 このまま だれも帰ってこんかったら
 どうしようってばかり思ってた。」

「それは ・・・怖いね。」

ヒトミは うなずく。

同居してたおばあちゃんが亡くなって、 
タイチはここに引っ越してきたと聞いている。

タイチが階段を上がりながら話すので ヒトミも後ろを追いかける。

「あんまり静かで 怖くなったから 家ん中で
 ダダダーって走り回ってドドドッてソファに倒れこんで遊んだ。」

「・・・・」

「そしたら」
「そしたら?」

「オマエのカアチャンが 来た」
「ママが?」

「うん。 『ごめんね、今うちのヒトミ、熱出して寝てるのよ。
  もう少し、静かに遊んでくれないかな?』って言われた。」

「ええ~?そんなこと ママ言いに行ったのぉ?
 知らなかった!ごめん!
 嫌だったよね、怒った?
 ・・・・えっと・・か、悲しかった?」

6階の自分の家の玄関ドアに手をかけて タイチは振り向いて言った。

「なんかナ、変かもしらんけど・・・
   ・・・・その時 オレ ちょっとだけ 嬉しかってん。」
「え?」

「うまく言えんけど、下に 知ってる人がいて、
 熱出して寝てるとか そういうのん、解かって・・

 ほら、2階建ての家で ばあちゃんと住んでた時って
 そういうのって あって・・・。

 あ、ははは・・変かな? 変やな?」


タイチは 手でかみの毛をくしゃくしゃにしながら そう言って
「ほなな。」

後ろを向いたまま 片手をあげ、
さっさと 家に入ってしまった。




らせん階段をカンカン鳴らして下りながら 
ヒトミは タイチの言葉を頭の中で繰り返してみる。


2階建てのおうち。
タイチが上にいて 家の中の階段を 
時々トントン降りてくる。

熱出して寝てる私を見て 
照れくさそうに 声かける。

「オマエ 大丈夫かぁ? 変なものでも食べたんちゃう?」


・・その想像は かなり変だけど 

そういうのって ちょっと いいかも・・・・
ヒトミは思う。
 

コメント

だるまさんへ

幼稚園で 目覚めて一人お留守番・・
雨ザーザー・・とくれば、「留守番のプロ」でも
こころ細くなりますよねぇ・・。
私、今でも、一人が楽しいのは 一時・・
少しすると 寂しくなってきます(^_^;)

どうも

こんばんはw
家で一人かぁ・・・
私はタイチのほうかな
でも初めて幼稚園のとき一人で部屋にいたときは
泣いた泣いた・・・w
だって昼寝してて起きたら誰もいないし雨ジャージャーふってるし・・・
そんなこと思い出しましたw
それではw

フトンさん~

ダークなお題でたいへんそうですネ。
おお~これは 難しそうって思ったもん。
今回は 私の分のほうがきっと書きやすいよ、
頑張ってください。

たいちくんは けっこういいキャラだったよ。
書いてて 楽しかったです。

お久しぶりです

たいちくんかわい!!
お留守番は大人でも不安ですよね。一人になると急に地球上ににとりぼっちのような気がしちゃって・・ん?フトンだけ??
寂しがり屋のフトンです(^0^9
お題、いい感じのでしたねw季節感でそうw
楽しみにしてますねw
フトンは難しくて・・・今うなってますw
やっと、プリドリも更新できて、ちょと、安心したふとんでした(^0^9

林檎さん kazahanaさん・・

林檎さんハジメマシテ。こちらからも覗きながら、先にコメントいただいて 嬉しいです。
オトナっぽい 素敵なstoryを書いておられますネ。サイトのセンスも素敵。よろしくお願いします(^。^)

kazahanaさん、そうですね、ここには「父親」の出番がないのですが、お父さんの思い、意見っていうのも関わってくるんですね。
こどもの心理・・今回の話はムスコ(小3)が興味を持って読みたいと言ってくれたのですが 最後の方で「長い・・・」と言われてしまいました・・・・(x_x;)シュン

こんにちは^^

私の家では、父がはやくに父親を亡くして、母親は働きに出ていたために、
やっぱり苦労をしたそうで、私の母を父は働きに出しませんでしたね。
ありがたいことに、だから、そんな寂しい思いをしなくてすんだのです。
でも、最近では、共働きの夫婦も増えているから、
寂しい子供たちもたくさんいるんでしょうね。

それにしても、子供の心理を描くの、いつも絶妙で、感心してしまいます^^

はじ

子供の頃、か~...すっかり忘れてたなぁ、なんて言っても中身はてんでがきんちょな私デスが、暖かいお話でした。また来ますネ★

♪おるすばん♪

hirononさん、その赤い楽譜、私も使ったことがあるんですよ。
オルガン・ピアノの本、ですよね。昔、むかしのことだけど。

おるすばん中に 素敵にピアノが弾けたら
寂しくないかもね。

そう!その曲です

どうして知ってるの!?なずなさん。
私も小さい頃使ってた本を、生徒にも使ってるのです。

子供たちの悲惨な事件がつづいて、ちょっと悲しいですね。この頃。
どうしてだろう。。。

かぎっ子・・

ワタシの母は家にいたから ほとんど「おかえり」があったかな。
姉が怪我して 母が慌てて出かけた後の一人でのお留守番は
記憶に残ってます。

aoiさん、そのときね、私何故だか、絵を描こうとか思って、鏡見ながら人物描いた。
それがね、みんな凄くきつくて怖い顔になった。
よけいに 寂しくなったのを覚えています。

やすみさん、授業参観で こういった授業を見ました。
難しい世の中になったよね。

「ドレミ~ ドシラ~ レミファ~ シラソ~」
hirononさん、この曲かしら?
寂しいような、頑張るような・・・

HPの方を昨夜拝見してたのだけど、このおはなしにつかうのだったのね。(^^)

私も、仕事を辞めたのは、子供を鍵っ子にしたくなかったから。
いまのように、子供の周りに危険がいっぱいの頃ではなかったけど、やはり帰ったら、おかえり」の声で、むかえてほしいのだろうなぁと思ったから。

いまは、宅配さえ信用できない時代。まじめな業者さんには気の毒だけど、子供だけなら絶対開けちゃいけないわね。

でも、悲しい世の中になったもの。

合鍵って、ちょっと憧れを抱く時期ってありましたね~!だけど、いざ留守番をするとなると、やっぱり寂しいですよね。そんな時誰かがいてくれると、凄く心強かったりします。一人に憧れたりもすることもあるけど…やっぱり一人は寂しいかな。

寂しいような頑張るような

こんにちは♪
この頃、レッスンに来る子達も、鍵やら防犯ベルやら携帯電話(子ども向きの)やら、首から下げてきます。
私などは、ちょっと痛々しいような気がしてしまいますけど、自分の子供だったら、絶対「ちょっとだけ待ってて~!」となるだろうなぁ~と、思います。。。
悪い人がいなければいいのに(笑)
そうそう、小さい子に使ってるピアノの本に「おるすばん」という曲があるのです。感情表現をレッスンする曲なんですけど、寂しいような、でも頑張るような、不思議な曲です(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/tb.php/50-23ad29e3

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

管理者ページ