FC2ブログ

STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

思い出の居場所~公園の童話⑥

少し思い出すことがあって 閉校してしまった私の小学校のことを絵日記に綴ると、
たくさんの人から 温かいコメントを頂きました。
今回の「公園の童話」は「子どもが大勢いた時代」の
「子ども(私)」のセンチメンタルなお話です。
                     2006.1


gakkou.jpg




ガツウン・・ゴツウン・・

ツン と冷えた空気を震わせて 
大きな建物を取り壊すような音だけが 遠くから響きます。

子ども達の冬のお休みも終わり 
公園にも またいつもの日常が戻ってきました。


このところ ベンチの不機嫌なことはこの上なく 
何につけてもブツブツと文句ばかり言うので
黒猫でさえ ベンチの傍に近寄りません。

その理由はといえば 
子どもたちが 木に引っ掛けた凧を取るために
ベンチに土足で上ることなのですが、

ある時は 大人に 別の木の傍に
引きずっていかれたことまであり、

「凧揚げなんて 迷惑千万。 
 あんなものは 即刻やめさせるべきだ。」

凧を持って 近づいてくる子どもを見るだけで
ベンチはもう あからさまに嫌な顔をします。


カラスはカラスで 白鳥たち、池の水鳥ばかりが
人気なのが気に入らない様子ですが、

「その割りに おこぼれ貰って 喜んでるじゃない。」

スズメたちに からかわれては 
プイと怒ってどこかへ飛んで行ってしまうという有様でした。


  *   *   *


「桜じいさん、解かった、解かったよぉ。」

息せききって 一羽のスズメが飛んできました。


「あの音ね、工事の・・。
  古い方の小学校 取り壊しなんだって。」

「『古い方』って・・・桜じいさん?」

若い桜が じいさん桜に尋ねます。


「古い・・か・・。
 あれが建って そうだな・・40年
    ・・・いや もっと経つのかな・・」
じいさん桜が ゆっくりと 記憶をたどるように言いますと

「フン、いずれにせよ
  じいさんに較べりゃ ヒヨッコの部類なんだがな。」
ベンチが 苦苦しげに 口を挟みました。

じいさん桜の言葉の続くのを待って 
久しぶりに皆が集まり出しますと
いつもの黒猫も 何処からか ゆうるりと姿を現し 
じいさん桜の根元の 北風の当たらない場所を選んで座りました。



「子どもの数が 増え続けた時代があった。」

じいさん桜の 思い出話が 静かに静かに 始まります。

「まだ この公園もこんな風には整備されていない頃の話だ。
 畑ばかりだった このあたりの土地に 家がたくさん建ったのだ。
 どれも 大きな家ではなかったけれどもね。

 小さな子どもが二人くらいいる、若い両親がちょうど欲しくなるような   ささやかな夢をかなえてくれる・・・そんな 家たちだった。

 子ども達が通う小学校が そのまん中に建てられた。
 それが その『古い方』の学校だ。」

じいさん桜が 話すのを止め、皆が耳を澄ますと
遠くから 解体作業の音が 響きます。

その音は まるで 身体を失っていく小学校の 
嘆く声のようにも聞こえるのでした。

じいさん桜は 静かに息を継いで、話を続けます。

「子どもたちの数が増えるのに合わせ
 小さな四角いコンクリートの校舎は 右に 左に 増築を重ね
 遅れて 体育館が建ち、プールが出来た。

 学校の近くの古い団地も 大きなマンションに建て替えられていくと
 また 子どもたちが大勢入ってきて
 小学校には 渡り廊下で繋がった 新しい校舎もできた。

 授業の始まりや終わりを告げる チャイムの音や
 子どもたちの元気な声は 風に乗って、よくここまで響いたものだ。」


「そう、そう その学校よ。
 でも もう使われなくなって 何年も経ってたんだって。」
スズメが 羽をパタパタさせて 言いました。

「子どもたちが少し減ったって言っても まだまだ いたんでしょ?
 いったい どこに行ってしまったの?」
若い桜が 不思議に思って聞きますと

じいさん桜はいつものように 長い合間をおいて
つぶやくように 語り続けます。

「そのうち 大きなマンションが 
 少し離れたところにいくつも建った。
 そう、子どもの数は それから まだまだ増えたのさ。
 あまりに増えたので 少し離れただけの所に 
 もう一つ小学校ができたほどだ。

 そのために 同じ学年の友達たちが 
 ふたつの小学校に分けられてしまって 悲しい思いをしたんだよ。」


「だけど その子たちが大きくなって 小学校を出てしまった後 
 今度は 入ってくる小さな子がどんどん少なくなってきたのよね。」
おしゃべりスズメが フゥとため息ついて 言います。


「古い方の小学校はその後閉校して 
 その役目を 新しく出来た方に譲ったんだね。」

─ いやだよお こわさないでおくれよお・・・
  ここは 子どもたちの 大事な 思い出の場所なんだよお・・

校舎が泣きながら 訴えているような気がして 
若い桜は 胸がクツクツ痛みます。


「小学校として使われなくなってからも 
 色々な催しや 地域の人たちために 使ってはいたそうだけれどね・・
 今度は すっかり建て直しして・・・ 
 えっと、何になるんだって? スズメや?」
じいさん桜が聞きますと 

「お年寄りのための 建物ですって。」
スズメは じいさん桜に聞かれるのが さも得意だという風に
クイと首を長くして 答えます。

「そんな風に壊してしまっていいの?桜じいさん?
 卒業生たちの思い出の場所が なくなってしまうんだよ。
 校舎の悲鳴が聞こえるよ。
 こわさないで、こわさないでって・・。」
若い桜は たまらない思いで じいさん桜に問いかけました。

じいさん桜は すぐには答えず 誰も 何も言いません。


「見てごらん お前さん。 
 ほら スズメ・・校舎に伝えてやるんだな・・」
長い沈黙のあと ふいにベンチが 若い桜とスズメに言いました。 

ちょうど年配の男の人が ベンチの前を通りすぎるところでした。

その人は 立ち止まって しばらく空を見上げ 耳を澄ませ
遠い物音をじっと聞いている様子でした。

その人は ひと言も言いませんでしたが 
解体の音を風の中に聞いて 何かを思っているということだけは
若い桜にも わかりました。

そして 若い桜は その日から何回も
通りかかる何人もの人が 取り壊されていく校舎の声に耳を澄まし 
何かを思い出したり 語り合ったりしている様子を 見かけたのでした。




「校舎がいくら解体されても・・・
  そう、どんなに 形がなくなっても・・」
じいさん桜は ひとり言のようにつぶやきます。

「大丈夫、あの小学校を大切な思い出として思い出す人が居る限り
 本当の意味では なくなってしまいはしないのだよ。」
じいさん桜は 誰に言うとはなしに 続けます。

「建物のかたちこそ なくなってしまうけれど 
 数知れない思い出の かけらとなって
 何処にでも それは 在り続けるのだからね。

 そして 残されたグラウンドの土にも、
 新しい建物の上を通り過ぎる風にも
 子どもたちの歓声や 足音や 懐かしい思い出の風景は
 きっと 感じ取ることができるのだ。

 そしてまた 新しい思い出を 
 そこに積み重ねていくことができるのだ。」



風の中に、空気の中に 誰かの大切な思い出が 
きらめくかけらとなって漂っているような気がします。

若い桜は そのかけらたちが 風に運ばれて 
それぞれの心に帰っていくことを想像しました。

そしてまた、これから新しく建つという施設に
お年寄りや 地域の子どもたちの笑い声が響く日が
やってくるのを 思い描きます。 

それはとても 幸せな気持ちになる風景であり

じいさん桜の傍に 皆が集まるときには
誰からとはなしに 
そんな建物の将来の姿を 語り合うのでした。 






   

コメント

かたちあるものは・・

hirononさん コメントありがとう(^。^)
いいことあった人ばかりじゃないかもしれないけど
みんな 懐かしい想い出になっていったらいいな。

でも 小学生のとき、あんなに大きく思えた渡り廊下のこの柱、
こんな細かったんだ~とかいう 比較の楽しみがなくなっていまうのだけは やっぱり残念なんですよね(^_^;)

そうですよね!

>風の中に、空気の中に 誰かの大切な思い出が 
>きらめくかけらとなって漂っているような気がします。

ここのところが、すごく好きです!
形あるものは、いつかは朽ちる・・・
でも、かけがえのない思い出は、確かに、それぞれの胸の中に
残るんですね。
みんなに愛された学校は、ものすごく沢山の思い出で一杯でしょうね♪

aoiさんへ

そうですよね。思い出だけにしがみついてたら
大事な点を見落として ただ壊すな、残せってことばかり
言っちゃいそうですよね。
そういう思いをちゃんと汲んで 次の世代のために進めていくように して欲しいですよね。

こんにちは

古いものには、沢山想い出が詰まっているので、やはり取り壊されるのは淋しいし、悲しいですよね。だけど、それが新しい時代に役立つものに生まれ変わるのなら、それはそれでいいことなのかなとも思います。時間が経つにつれて、やはりいろんなものが変化していくでしょうし…。大切な想い出は、一それぞれの心の中に大事に閉まっておきたいですね。

コメントありがとうございます(^。^)

臨さんへ
ただの「入れ物」だとはわかっていても やっぱりなくなっちゃうと寂しいのよね(゜-゜)
一つの時代に活躍した 何かが壊される なくなってしまうって、自分と接点があまりないものでさえ、寂しいのは何でなのかなって思います。ウン。
やいっちさんへ
最近掌編の方も書いておられる様子、楽しみに覗いています。
自分が変化していくのは 仕方ないですよね。「成長」ととらえるしかないかな?
なくしちゃったものも多いかもしれないけど 身に着けてきたものもたくさんあるし。(脂肪だけじゃなく・・・←私のことですが)
色々思い出しながら 失くしたと思ってるものを 拾いにきてる感じで 私は モノを書いているってとこです。(^_^)

校舎・・

ヨッピさんへ
 そうね、古くて建物の歴史的や芸術的に価値のある校舎でさえ、壊す、壊すな・・の問題がどこかでありましたよね。
私の行ってた学校は ただの四角い入れ物だったけど
それでも 壊すとなると 「待って!!」って気持ちになった。
行ってる子ども達は 自分達がいるうちに 「綺麗」になるのは
嬉しかったりもするらしいけどね(^_^;)。
建物の強度・・は大事ですよね。確かに・・。
やすみさんへ
あら、シャイな少女やすみちゃんですね(* ̄m ̄)
人のことは言えない・・私も 随分図太くなったもの・・。
そういう時代があったから 今がある!
可愛い懐かしい胸キュン時代ですね(^。^)

残るものは土地だけ

小学校も中学校も高校も小生が卒業した翌年に新築(鉄筋コンクリート)された。だから卒業した年の夏に行ったら、もう通っていた校舎はなくなっている。
ただ、駆け回ったグラウンドだけはそのまま。小学校の校庭の隅っこに作られたスキーのための築山も残っている。
帰省した時、駅から自宅まで歩いて帰るときは小学校の校庭脇を通る。校舎はこれからも建て替えがありえるけど、校庭はまだまだ残ってくれている、と期待しているけど、さて、将来は分からないね。
そうそう校庭の隅の桜並木も昔のままだ。きっと随分と育ったんだろうけど。
思うに何が変わったって、自分自身が一番変化しちゃってる。校舎の事など言えた柄じゃないね。

所詮この世に不変のものなんてないんだ、と思う小説でした。
私の通っていた小学校のすぐ近くの小学校がなくなったとき、自分には関係がないはずなのに無性に哀しくなったことを思い出します。
素敵なお話でした。

渡り廊下。。。懐かしい響きです。(^^)

もう、あの校舎もないだろうなぁ。私たちが中学三年生の秋に新築された。

旧校舎との渡り廊下。

2階から、眺めると初恋の人が歩いていくのよね。。。
今では、考えられないくらい、引っ込み思案で、おとなしい少女時代。(・_・)ヾ(^o^;) オイオイ

今考えると、あの頃いまくらい強い自分だったら、よかったのに。

そう思うことないですか?

早速、学校の物語が出来てますねえ。
日本は、要らなくなったら壊すんですよね。
文化の継承より、建造物の強度とか・・色んな制約が大事。

萩に行った時、木造の素晴らしい校舎が今もって使われているのを見て感激しました。
田舎に行くと、まだ木造校舎が残ってます。

話が逸れたけど・・・「壊さないで!」と叫びたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/tb.php/56-86e4e1a2

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

管理者ページ