FC2ブログ

STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

美術室には小鳥たち①

 今回は少し長くなってしまいました。
っていうか、短くまとめられなかったってだけなんですが・・・。
3回くらいに分けてちびちびUPします。ぼちぼち 読んでいただけたら
嬉しいです。
下からだと読みにくいのでこのお話だけ読み下ろすように設定変えました


20060119225852.png





美術室 は3階の端にあり
窓のすぐ近くに 黒い実をつける大きな木があった。
ここから 降りられるかな・・キリエが手を伸ばすと
気配に驚いて 数羽の小鳥たちが 一斉に 飛び去った。 



・・ 壁に沿った低い棚。
いくつものキャンバスが無造作に置きっぱなしになっている。

文化祭に展示した作品を 部員たちが 持ち帰らず
卒業した生徒まで、そのまま置いている・・そんな感じだ。

キリエのような物好きの転校生でもいない限り
誰も手にとって見ないのか、
それらの絵はどれも ほこりを被って沈黙していた。


絵の出来不出来はともかく、一応完成した絵ばかりだと思っていたが
重ねて立てかけられた後ろの方の 
粗いタッチの下塗りだけの人物の絵が目にとまった。


モデルはこの学校の女生徒。
「伝統あるスタイル」と校長が言うところの古めかしいデザインの制服。
ダサいって はっきり言ったら?とキリエは思ったけれど
ここの生徒たちは妙に素直で、
レトロの極みのこの制服を誇りにしているらしい。

絵は まだ下描きの段階だったが
少女のはっきりした意志の強そうな目は 印象的だった。



* * *


「美術部の人?」

急に後ろから声をかけられ、キリエはドキリとする。
レトロな制服に似合う レトロな三つ編みの人・・

─ 見たことあるぞ・・・・
 って・・ 転校してきてから1ヶ月は経つのに
キリエはまだクラスの子の顔も名前もほとんど憶えてない。

記憶をなんとか たどろうとしていると

「それ、私。」

その人はいたずらっぽく笑いながら 絵を指差して言った。
─ この人だったんだ
・・・昨日見つけた 下描きの油絵。

見比べる。確かにその人だ。間違いなかった。

「まだクラブ入るかどうかも決めてません。あなたは 美術部の人?」

「私?そうね、私は’美術室の人’・・・かな。」

聞こえるか 聞こえないかくらいの小さな声で
その人は 歌でも歌うように そう言った。


細い三つ編み 白い肌 
真っ直ぐに相手を見る大きな目も 絵のとおりだった。
3年生かな?キリエの周りの子たちより ずっと落ち着いて見えた。
真面目そうなのに 名札はつけていなかった。


「お願いがあるの。」

その人は言う。
顔は笑ってたけれど声に何か真剣なものを キリエは 感じ取る。

「その絵、完成させてほしいの。
 ’美術部のひと’に頼んで 描いてもらってたのに
       描き掛けで放り出されちゃった。」


「私 油絵なんて まともに描いたことないですよ。
 それに 描きかけの他人の絵の続きなんて・・・・・」
        
初対面の、それも絵が描けるのかどうかも解からないキリエに
何でそんなこと頼むのだろう・・
─ もしかして からかわれてるのかな・・・ 

けれど、その人の周りの空気には
ほんのかけらも悪意の気配がない。


あまりに突然な申し出だったのと 
他人に踏み込まないキリエのいつものクセで
その人の名も 絵の作者のことも 聞きそびれた。


* * * *



とりあえず、美術部に届けを出した。
─ チームワークが良いから きっといい仲間ができるよ・・と
担任の’物理’が薦めるから 運動部は 入らない。
生徒と目も合わせられない地味な研究者タイプ。
「運動部がお薦め」なんて 絶対この物理個人の意見じゃなさそう。
やたらと’いい学校’をにこやかに強調する先生たち。
どうも この学校 胡散臭い。

「いつでもいるから きっと描いてね。
     あなたに続きを描いてもらいたいの。」

「三つ編み」の、その言葉が妙にひっかかって
届の用紙に「美術部」と書き込んだ。

    *

「活動なんか してないぞ、あそこ。」

やっと名前と顔が一致したひとり、
ヤスモト コウスケが 言う。

「かけもちのヤツも多いし 
 とにかく文化祭に1作でも出しとけば OKってなクラブだな。」

ヤスモト自身は 運動部リタイヤ組で 帰宅部だという。

「美術室なんか 行っても誰もいないと思うよ
 それよりクラスのヤツ集めるから カラオケ行かない?
 ヨシタニ キリエちゃんの 歓迎会ってことでさ・・。」

ヤスモトの言葉を 軽く流して、美術室に向かった。
人の歓迎会にかこつけて 騒がれるのはごめんだ。



* * * *



事情もわからないまま 他人の絵の続きを描くわけにもいかない。
それでも 確かに「三つ編み」は モデルとして
どこかキリエをひきつけるものがあった。

─ そのうち事情を話してもらえるかもしれないし・・。

キリエはとりあえず自分のスケッチブックに 
彼女を描くことにした。
絵を描くことは 好きだった。


─ 他人の事情に興味を持ったり 
人の頼みをどうにかして叶えてあげようなんて
自分らしくないなぁ・・調子狂っちゃう
・・ キリエは思う。

   *


転校ばかりしてきた。
転勤が多い父に 母は意地でも「家族は一緒」を貫いた。
親は姉の転校の時期には神経を使ったが 
次女のキリエの方は「何とか上手くやっていける子」だと
そう言って あまり気に掛けてくれなかった。

─ なんとか やっていける

キリエの学んだことは 
出来上がった友達関係に無理やり入らないこと。
イレテモラッタ・・という 立場を守ること。
期待しすぎないこと・・・。
自分を見せすぎないこと。近づきすぎないこと。




* * * *

「三つ編み」は キリエが放課後美術室に行くと
いつもひとりで待っていた。

「これ描いてた人って もう絶対 続き、描かないんですか?
    あ、卒業したとか・・?」

スケッチブックに鉛筆で大まかなかたちをとりながら キリエは聞く。

「話したくないことだったら いいんです。ごめんなさい。」


窓に一番近い枝にとまって こちらを見ていた小鳥が
軽く枝を揺らして 他の枝に飛び移る。

「三つ編み」は 飛び去ったあとの鳥のいない枝を
しばらくの間 黙って見つめていたが
振り返ってキュッと唇を噛んだあと
キリエが考えてもみなかったことを 言った。


「描きかけなのにね。 事故で死んじゃった・・・

      私 ちゃんと 仕上げてほしかった。」











         (②に続く)

スポンサーサイト

コメント

ありり?

今日もう一度送りましたが。。?

え~と・・・(汗)

届いて無いっス。(汗)

わぁ、だるまさんも・・

距離を保った関係から 少しずつ 近づいて
いい関係になって行ったんですんね(^_^)

こちらこそ、色々思い起こしてもらって 嬉しいです。
(^。^)

はろ~ww

昔の高校時代・・・きりえに似た知人が二人いました。
一定の距離を保ちながら・・・仲間のような振る舞いをする知人。
なぜだか何も言わずともわかってしまう・・・
最後はそうゆう関係になってましたw
実際わたしもきりえと同じ・・・
自分を含めた三人は「友達」「親友」などと言い合った事がありません。
会えばののしりあうwそんな関係w
でも今だから言える。
思い出したその光景を胸に抱きながら。
その二人はかけがいのない私の親友です。
いつも・・・なずなさんには感謝していますw
私の過去を呼び起こして頂いて・・・・
またきます+つづきはまた今度w
いっぺんに読むのがもったいないw
ではではwまたw

hirononさんいらっしゃい♪

シンとした美術室にひとりいるのは 
ちょっと素敵。図書室ともまた少し違いますネ。

うちのクラブも 文化祭前だけ 活気がありました。
でも時々は 集まってクロッキーやってました。

描かずにしゃべってる時の方が多かったかな(^。^)

続き読みたいです~

今回は、ちょっとミステリー調だ!
心ひかれます~
美術室って、とっても好きな場所でした。
そう、人はあんまりいないのに、作品の中に息づいてたり。
ちょっとミステリーな場所ですよね。
「三つ編み」というのも、何だか心ひかれるなぁ。
続き、楽しみに待ってますね♪

コメントありがとうございます~(^。^)

長いと飽きちゃうんじゃないかな(読む人が・・)と
UPするときドキドキでした。
やすみさんヨッピちゃんaoi さん 
温かいコメントありがとうございます(T_T)

先が読めるような、読めないような 
書き出しになりました。
イロイロ 想像してくださいね。
こんどは それをネタにして 物語を作るから 是非教えてくださいねっ。
(次回の ネタを要求しています。(* ̄m ̄))
あと 最終話までに 読み直して ところどころ手直しするかもしれません。ご了承くださいませ。ペコリ(o_ _)o))

おはようございます!

私は、中学校の時に運動部しか無かったんですよね。
美術部にはいりたかったなぁ…。そこの学校の方針で、子供の頃にしっかりと体力をつけさせることが目的だったようですね。

絵の人物は、「三つ編み」の親友?それとも…
私の予想では、最愛の誰かだったのではないかと思いました。

お話の続きを待っています♪

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪ 続き読みたいよ~ん。
待ってるから(⌒▽⌒)アハハ!

ほんと

少し長編。(^o^)

でも、特に、今回はぐぐっと引き込まれた。いままでが、そうでないわけではないのだけど。。。

どんどん、うまくなってるということかな。なずなさん。

続きを楽しみにしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/tb.php/57-61a6bf35

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

FC2Ad

管理者ページ