FC2ブログ

STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

メロディさんの音楽教室

猫の大好きな心優しいお友達 melody♪さん。彼女にイメージを頂いて お話を書きました。
勝手に創作した部分もたくさんありますので ご了承下さいね。

久しぶりの 童話です。深く考えず、にっこり笑ってもらえたら うれしいです。 では どうぞ。



melody.jpg







メロディさんのおうちには、
大きなピアノのある、すてきに日当たりのいい お部屋があります。

黒猫のななくんはいつも足をきれいにして 爪もちゃんとといで、毛なんかも散らさない おりこう猫なので

そのお部屋の いちばん日当たりのいいところで
好きなように寝転んでお昼寝します。



今日もメロディさんは 
素敵な春の曲を奏でています。

春の日には花の咲くような曲
夏の日には水の音のする曲
秋の日には葉っぱたちのささやきが似合う曲

冬は・・寒がりのななくんのために
ほかほか心が あったかくなる曲

メロディさんの弾くピアノはいつも
ななくんを ふかふか 幸せな眠りに
連れて行ってくれるのでした。



でも ななくんはこの頃メロディさんの奏でるピアノの音の中に
賑やかだった昔を懐かしんでいるような
ちょっと寂しいつぶやきが 聞こえてくる気がします。

一時 たくさん通ってきた音楽好きの子供たちも
もう すっかり大人になって
今では ご近所もお年寄りばっかりの住宅地になっていて
新しくピアノを教えてくださいと
やってくる子どもが なかなか いないのです。

あの ちょっぴり乱暴だったり 
指が上手く動かなくって とたとたと、たよりなかったりする
あの、子供らしい鍵盤の音・・
メロディさんは なによりもその音が大好きなのでした。

(ななくんは どちらかといえばメロディさんが弾いているほうが、眠りやすくって 良かったのですがね。)







トントン カリリ・・

何の音かしら?

ある日のこと。
ピアノの部屋の大きなガラス窓のところで音がします。
外を見ますと 一匹のとらねこが 座っておりました。

「あらあら、すてきなとらさんだこと。」
メロディさんが 窓を開けて少しお相手をしますと
とらねこは、すりすり 甘えてきます。

とらねこは ゆっくり遊んだ後、何か言いたそうな顔で 
振り向き、振り向き 帰って行きました。




コリコリ コツン・・

次の日は ぶちねこがやってきました。

「あらあら 今日はぶちねこさんだ。昨日のとらさんのお友達かしら?」

ぶちねこも 窓のそばからはなれません。
「今日はピアノの生徒さんが来ているの。あまりお相手できないわ。」
メロディさんが言うと ぶちねこはその場に丸まって座り
長いこと そこから離れませんでした。


ゴツゴツ ガリン・・

その次の日は さびねこです。

窓のそばで ゴロンとしてメロディさんを呼んでいます。
その日は メロディさんは長い曲をを弾いていましたので
そのままにしておきますと
曲のあいだ中、さびねこは それはそれは気持ちよさそうに
うっとりと寝そべっておりました。





「この頃 おきゃくさまの多いこと。」

メロディさんは 近頃のこのようすについて
嬉しいけれど 少し不思議に思いながら
ななくんの ふかふかの黒い毛をなでながら 言いました。
今日は ぽかぽか 気持ちよい日差し。
ななくんに寄り添って お昼寝したい気分です。


コリンコ コツンコ トンカラリン

不思議で楽しい音がします。
おや、と見ると小さなおきゃくさまが
窓のところに立っています。
大きなシルクハットを被り、だぼだぼの黒い燕尾服、
胸と袖のところから真っ白なシャツが覗いています。



おやおや おしゃれなおきゃくさまだこと。
そして メロディさんは そのおきゃくさまに
長くてふさふさの しっぽがついているのに気がつきました。

「オホン、ここは メロディさんの音楽教室ですね。」

「ええ、ええ、そうですよ。
 子どもから大人まで 音楽のお好きな方なら 
 どなたでも お教えいたします。」

「実は、昨日と一昨日、そうして一昨昨日、
 子どもが ここにお邪魔したのですが
 なにしろ照れ屋なもので うまくお願いすることが
 できませんでした。」
メロディさんは 昨日と一昨日と一昨昨日のことを思い出し
なるほど、と思いました。
毎日やって来た猫さんたちは 音楽が習いたかったのね。

「そうですか、それでしたら どうぞ いつでもおいで下さい。
 そうそう・・ちょうどいい楽器がたくさんあるわ。」

親猫の生真面目な物言いが 可笑しくて、メロディさんはニコニコしてしまいます。
ななくんが子猫だったときお気に入りだった音のなるおもちゃ、
私がこどもの頃遊んだおもちゃの楽器も、きっと物置のどこかに眠っているはず。

ななくんは ピアノの下に隠れて片目をそっと開け、様子を伺っています。
(実は ななくん、おうちの中で育ったものだから、他の猫がちょっと苦手なんです。)


「それでは 私たち来てもよろしいのですね。
 ありがとう、ありがとう メロディさん。」

親猫はメロディさんの手を取って ぶんぶん振りました。
あんまり振り回されるので メロディさんが目をまん丸にしていると
今度は ぎゅうぎゅう抱きしめてきました。

「やったー。ピアノ、ピアノ・・」

いつの間にやってきたのか、子猫たちもぴょんぴょん飛びついてきます。
メロディさんがよろけて、ソファに倒れこんでも おかまいなし。
ふかふかの猫たちが メロディさんの上に登ってぐるぐる喉を鳴らします。

「そんなに一度に乗ってきたら苦しいわ・・」






くすくすくすくす・・笑いながら 目が覚めました。

「あら、あら、あら、眠ってたのね。」
お腹の上に乗って ぐるぐる喉鳴らしてたのは ななくんでした。

─メロディさんたら 他の猫の夢なんか見ちゃってさ・・・。
ななくんは ちょっぴり やきもちです。


とんとん かりり・・

「あら、ななくん見て 本当にまた、やって来てくれましたよ。」

今日は親猫に連れられた3匹の子猫です。親猫の毛並みを見て
メロディさんは おやおや・・と思います。
だって 胸と足のところがふさふさ白い毛の 黒猫さんだったんですから。







メロディさんのおうちには 小さなおもちゃのグランドピアノ
ぽんぽん踏んだら音の出る、鍵盤の絵のついたシート
ころんと転がしたら きれいな音のする大きなクッション

その他いろいろなものがある すてきに楽しいお部屋ができました。

メロディさんがピアノを弾くと、今日も猫たちがやって来て
それぞれ気に入った楽器を鳴らして遊びます。

ななくんはのら猫さんに少しずつ馴れて
上品な足の拭き方、毛を散らさない優雅な歩き方など
マナーの先生を引き受けてくれています。

今日もメロディさんの音楽教室は大賑わい。

でも、みんなが 一番大好きなのは・・
(ほらほら、そっと覗いて見てください)
 
メロディさんのピアノを聴きながら 一番暖かいところに寄り添って
うとうと お昼寝すること

・・みたいですね。


コメント

Re.BEATさん

自宅の音楽教室にマツイさん!
嬉しくなっちゃう取り合わせですね。
コメントありがとうございます。

他のレスにも書いたのですが、URLが盛りだくさんのページ につながり、新参者はどこから読ませていただいたらよいのか 迷子になってしまいました・・(泣)
BEATさんのHNはMystery Circleのみ使用されているのでしょうか・・少し教えて頂けたら嬉しいです。

四季に合わせた音楽や、可愛らしい擬音、なずなワールドここに在りって感じですね。
ウチはピアノ教室を行っています。ピアノ室から聴こえて来る小さな子が奏でるつたない音の流れに耳を傾けること、よく有りますよ。
猫といえば、僕が住んでいる地区にマツイさんという名前の猫が住んでいます。彼女は温かい所が大好き。晴れの日のウォーキングの時は彼女を探しながら歩くんですよ。

Re.やすみさん

うーん、そうか 、犬とは行動が違うから
出来てくるお話も変わってくるんだよね。
ふらりやって来るよその犬とか のら犬、自由犬
なんてそうそういないから、交流の仕方もちがうしね。

犬が運んできてくれるメルヘンって どんなだろうな~。

こういうメルヘンも楽しいですね。

犬は、とにかく動きが多くて、人間にべったりですが、猫は独自の動きをするから、それはそれで、観察してると面白いのでしょうね。

Re.aoiさん

aoiさんと絵本って すごく合うと思います。
リラックマみたいな 大人でも楽しめる本とかも
aoiさんの作った本なら きっと素敵だと思うな~。

擬音語って 私も好きで、ちょっと変わった擬音をたくさん使った 絵本とか童話が書きたいです♪
気に入ってくださって ありがとう~。

Re.xx月神xx さん

うちも黒猫がいて、黒猫つながりのお友達がモデルなんですよ~。
私は外猫さんとなかなか仲良くなれないんだけど(もともと そんなに 周りにいないし。。)お友達のおうちの周りにはたくさん外猫ちゃんがいて 甘えてくるコもいっぱいいるそうです。いいなぁ~。
音楽聴きながら、猫とお昼寝・・最高の贅沢だと思うな~

お久しぶりです!

正直なところ…
今回のお話が、私は一番好きでした!

あまり詳しい事は分かりませんが、
昔、私も絵本を作った事があるんですね。
その絵本の中に、
“雨がザーザー”とか、“星がキラキラ”とかいう
擬音語を沢山使ったんですね。
これは、当時、学校の先生から教わった事なのですが、
子供は、擬音語を使った表現に敏感で、
凄く興味を示してくるらしいのです。
だから、今回のほのぼのとした内容の物語に
“トントン カリリ・・”とか、“コリンコ コツンコ トンカラリン ”
という擬音語が入る事によって、
よりいっそうの親しみと、読み手に何らかの癒し効果を
与えているのだろうと感じました。
文章自体も、凄くすんなりと入ってきましたし、
読みやすかったです。

凄~く、ほっこりとさせていただきました!
ありがとうございました。

ふわふわあったかくって優しいお話ですね・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
猫好きにはたまらないですね、猫が題材のお話って(*´艸`)ププ
猫ってほんとわかりやすいですよねぇ。気持ちいい音楽の流れてるところや、あったかい日差しのあるところでは気持ち良さそうにお昼寝してますもの(○´艸)(艸`●)ネー♪
あの寝姿がとっても可愛いの!w
飼い主メロディさんの優しさもいっぱい感じられちゃうお話でとっても和ませて頂いちゃいました(ノε`●)ウフフ+.゚
私もピアノを聞きながらお昼寝したくなっちゃいましたw

Re.亜紀さん♪

猫が気持ち良さそうに寝てるのって
ほんとにいいですよね。
ついつい 添い寝させてね~って
にじり寄り、逃げられる私。
一緒に寝られると ふかふか気持ちよくって
ちょっとのつもりでも 熟睡してしまうんですよね~。

猫さんたちに素敵なお昼寝場所ができてよかったです♪
大好きな曲を聴きながらの
ひなたぼっこって最高の贅沢ですよね!

よかったぁ・・

Re.melody♪さん
長らくお待たせしました。気に入っていただけたようで
凄くうれしいです♪
今 私の膝にも、大和が乗っかっています。パソコンって暖かいんでしょうね・・顔をぺったりキーボードに置いて
時々、手の上に「動かすにゃ~。」とばかりに 前足を乗せてきます。(^_^)

こころがあったかくなるお話をありがとう!

なずなさん、素晴らしいお話と絵を本当にありがとう!!!
素敵に書いて下さって感動しました。
改めてなずなさんの天才的な分才に脱帽してしまいます。

ななやつうそしてとら&ぶち&さび猫ちゃんたちが登場で、にこにこ、わくわくしながら読ませてもらいました。

春夏秋冬に合わせて奏でるピアノの曲、ピアノの部屋の大きなガラス窓にやってくるとら&ぶち&さび猫ちゃんたち、
タキシード姿の親猫がやってくるシーン、猫たちが気に入った楽器を鳴らして遊ぶところとなどなど、まるで映画のシーンのように目に浮かんで来る素敵なお話ですね。
タキシード姿の猫ちゃんの何とも言えない表情の絵が大好き!
バックの音符と肉球の色もとても素敵!
聞いてもいい? この猫ちゃんはつうちゃんですよね。

とてもとてもふわふわしたあったかい感動を覚えました。
たくさんの方に読んで貰いたいですね。
お友達に自慢して報告します。

なずなさんのお蔭でわたしの大切な宝物になり幸せに思っています。

今bbsでカキコしている間、なながお膝へ座って甘えたして寝んねし始めました。
ななにもなずなさんのお話が出来上がったこと伝えましたよ!
よろしくにゃ~と言って喜んでいました。

なずなさん、ありがとう!!!!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/tb.php/61-24950d8e

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

管理者ページ