FC2ブログ

STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

「き」~きつね

7.gif

「おい、キツネ。」


タカシがそのあだ名でマリエを呼んだ瞬間、
女子の目が一斉にタカシに向けられた。


ナツミが慌てて駆け寄ってきて マリエの前から回り込み

「マリちゃん、理科室行こ。」
と、トレーナの袖を引っ張った。

数人の女子がタカシを囲んで何か言っている



2学期まで マリエの苗字は「ツネキ」だった。─ お父さんの姓だ。

「せめて 3学期まで、
  ううん、マリちゃんがそうしたかったら、
学校ではそのままの名前でもいいのよ。」

お母さんは言ったけど

「いいよ。お母さんと同じ苗字がいい。」

マリエはきっぱりと言った。


3学期の準備で引き出しを開けると、
ノートに 教科書に
「ツネキ マリエ」の文字が黒々と書かれている。

自分で書けるのに、ちょっぴり甘えて、お母さんに書いてもらった字。

━お母さんって、濃くて大きい字、書くのよね。困ったもんだわ。

声に出して言いながら 
マリエは修正液か上から貼れるテープを探した。  
..... が、見当たらない。


「いいや、これで。」

姓の所だけ 黒マジックで ガリガリと上から書き込んだ。

ちょっと汚いなぁ・・と思ったが、
こんな事、大した事じゃない、マリエは心の中で繰り返した




聞かれたときの答え方まで 考えて行ったのに、
3学期、 新しい名札を見ても、誰も何も聞かなかった。

出席を取るときも、先生が
なるべくさりげない様子で 新しい苗字を呼び
「Mか・・いい苗字だぞ・・」
と変なコメントをして 一人で頷いていた。



さっきの女子の慌てようといい、
「ツネちゃん」と呼んでいた子まで
皆揃って「マリちゃん」と呼ぶことといい・・・
きっと、ナツミが しきって、決めたんだろう。

ナツミの気遣いは ありがたかったけど、
「ツネちゃん」と呼びかけて口ごもる友達を見ると

もっとフツウでよかったのになぁ・・とマリエは思う。

そして、こういうことって、フツウじゃ、ないのかなぁ
・・・とも思う



高学年は女子の方が体格がいい。
小柄で口の悪いタカシはいつも女子に追い回されたり
 押さえつけられたりしている。

もちろん逃げるのは得意だ。



「何度でもいってやらぁ。
キツネ、キツネ、キーツネ、キツネ。
  苗字なんか関係ねぇぞ。
  この頃ず~っと こーんな顔してっから、お前はキツネなんだ。
    マリエの顔はこんな顔~!!。」



女子の間をすり抜けて、マリエを追い越したかと思ったら、
タカシは振り返りざま、そう叫んだ。

自分の顔の 両の目じりを手で上に押し上げて、
顔を真っ赤にして 作った、タカシのキツネ顔。


心配そうな顔で 皆が見守る中、
マリエは そんなタカシの顔を見てたら 笑えてきた。


 笑って、笑って・・・笑っているうちに、 
体から重いものが抜けていく。


 可笑しくて、可笑しくて
・・・・・・・ちょっとだけ涙が出た。



コメント

ああ・・

それこそ 私のネライなんですよね。Amiceさん♪
タカシ側からでもいいし
別の感じ方する 同じ状況の子の話でも
もちろん おかあさんのはなしでもいいですよ。
お話 作って、作って!!

ぷぷ (^w^) それはもしや・・・。 σ(^^ )

思わず、タカシの側から見た「きつね」を立ち上げてみたくなるような
お話ですよね♪
同じ題名を追いかけながら、勝手にトラバしてみちゃったりしても、
お怒りになりません??

hirononさん、いらっしゃいませ~。
一昨日辺りから、レイアウトいじりっぱなしで、やっと落ち着きました。
ワザがないもので、シンプルになっております(*^_^*)

辛いからこそ、普通に、ちょっと雑めに扱って欲しいこともあるかな・・
”「タカシ」がただのバカヤローでなく” ”素敵な気遣いのできる少年”であるることを願って”くださいね。
(↑これは、他の方に頂いたコメントからきています)

切ないけど、あったかい

なずなさん、来てしまいました~!笑

それぞれに、すごく存在感のあるお話ですねぇ・・・。
私は長い文章を書くと、「作文」になってしまいます。
この「きつね」も、なずなさんらしく、切ないけどあったかいお話ですね。
「怒らずに笑ってしまう」というのが、なずなさんだな~と、思ってしまいました(ゴメンナサイ、よく知りもせずにー笑)。

そうそう、同じFc2ブログなんですね!
また読みに来ます。楽しみにしてますね~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/tb.php/8-4e0d03f4

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

管理者ページ