FC2ブログ

STAND BY ME

生きることにちょっと 不器用な子どもたち、もと子どもたちの 短いお話を 綴っています

大切な 不思議


isu.jpg






キミがその柔らかな身体から
命の火を ふいと消した日から

ボクの身にもいくつかの
不思議とも言える 出来事はあったんだ。




深夜ひとりで TVなんか観てたらね
ぷちり
急にTVが消えた。

あれ?うとうとしながら リモコンのスイッチ押しちゃったかな

けれど リモコンはいつものこと、手元にはなく
探してるうちに ふつ と
TVがまた ついた。


「もう・・観てないじゃない、お布団で寝ておいでよ」
「消さないでよ 観てるんだから」
そんな 会話も何回あったろう。






他の日は外出して帰ってきたら TVがついてた。
消して出たはずなのに。
キミと二人でよく観てたドラマの再放送。

タイマーオンになってたんじゃないの?
あれから ボクはやっぱりぼんやりしてる。



いいシーンなのに キミはここで立ち上がったりして
一緒に観てくれないんだよね。
一緒に泣くのなんて 照れくさかったけど
それぞれ別の部屋で泣かなくたっていいのにさ。

結局 ボクは もう一度 ひとりで泣いた。
再放送で ひとりで泣いた。



電気屋さんが来て スイッチ直接じゃなく
リモコンを使った方がいいですよ 壊れるの早いから。
・・って言った。
簡単にTVは直ったけど  
TVの主電源切るのはキミの癖だったんだよね。






少ししたら 今度はキッチンの電子レンジのボタンが壊れ
レンジでチン、のご飯が食べられなくなった。
炊飯器を久しぶりに使ったよ。
キミと さんざんデザインと値段で悩んだ 炊飯器。







キミがいなくなって初めてのお盆の頃。
初めて 数日 家を空けた。

帰ってきたらさ、ほかのものは何も倒れてもないのに
壁にかけた絵だけが サイドボードの下に
誰かが そっと置いたみたいに 落ちていたんだ。
一緒に住む記念に買った 絵。




ボクはその年の暮れ その家を出た。

新しい部屋 引越し荷物を解いた そのすぐ後
大きな大きな地震があったんだよね。
日本中が大騒ぎになるくらいのさ。





こんなことまで キミのせいにはできないから
いくらなんでも できないから


ボクは 不思議を ごくんと飲み込んで
大切な思い出を そおっと布でくるみ



そして ひとりで 歩き出す。






いつまでも「明けましておめでとう」はないだろう・・
と 何か書こうとしていた矢先
「不思議話」のblogを読んでて ああ、こんなことがあったな・・と
思い出したことがありました。

ちょっとだけ ノンフィクション。
・・・どこが? 
秘密です。







コメント

お久しぶり~

復活&NEWハンドルおめでとう(^^)
ちょっと心配してたのだけど、新作のお話にパワーもあって
安心しました!
HN変えたら 自己紹介や、ご挨拶や 大変だと思いますが
気持ち新たにがんばってください(^^♪
「ノア」と読むのになれなくっちゃね・・。

コメントの場所間違いです;;

デイクロウの方に書き込むつもりがwww;;
ごめんなさいww;;

お久し振りですフトンです^^

中々来れなくて本当にごめんなさい;;
ハンドルネームも変えました!!希彩と書いて”のあ”です。宜しくお願いします^^
さて、この作品・・・こわいですwww;;
思春期の無知な恐さをじわじわ感じました。
主人公の優しさに救われながらも・・・
とっても面白い作品!いつもありがとうですww

Re.aoiさん

大事な人の思い出って 大切だし
その人の気配を感じていたいってことも きっとあるし
実際そんな気配のような合図のようなものって
あるのかもしれない・・・と思います(^^)
けれど、そればかりを考えては 前に進めないですよね。
強くやさしく・・前を向いて・・
主人公の「彼」に生きて欲しいと思います(^^)

なずなさん、こんばんは!

人の心は、出会いや別れを経験して、
だんだんと成長していくのだと思いますが、
中でも、別れは悲しく…
それを経て、人は強くなってゆくのでしょうか。
少しだけ、心が強く、優しくなれた時、
新たな一歩を歩き出してゆけるのかもしれませんね。
そういう意味では、ラストでは、この主人公は、
強く優しい心を手に入れたのかもしれないなと
ちょっと思ったりしてみました。

Re.月神さん

リンク新blogに修正しました。
ますます 絵がステキになっています。
「雪月花」ここでも 宣伝しておくね(^。^)

すいませーん(´・ω・`)
さっき、思ったより早かったんですが復帰しました・゚・('A`;)・゚・。アセアセ
ご迷惑おかけしました○┓ペコ
リンクお願いしますデス○┓ペコ

Re.月神さん

あーい 了解。
その後で リンク追加するね~。

|д`)д`)チラリズム
ちょぉwww 聞いて下さいw
ドメインの更新間に合わなくて、今σ(*'エ`*◎)のとこ開くとなんかおかしなページが出ます(´゚艸゚)∴ブッ
手続き完了するまで復帰しないっぽいので、それまで雪月花には足を踏み入れぬようよろしく(ェ)
復帰したらまた連絡に来ますil||li _| ̄|○ il||l
多分、来週くらいかと(・ε・)
ご迷惑おかけしますil||li _| ̄|○ il||l

Re.besoさん

遠い遠い昔
ピュアな恋愛してて 誰かがとっても大事だった頃・・?

いえいえ、今も大事なひとたちが いるはずで。
大事なひとたちが元気で 生きてるのが一番ですね(^^)

Re.やすみさん

書き込みありがとう~(^^)
何だか地味で暗くなっちゃった。
たまには こんな話でもいいかな?

Re.月神さん

人の生き死にが絡んでくる話はどうしても泣きが入ってしまって
あんまりにセンチにな話になっちゃうので
書くときちょっと 身を引いてみます^^;

だけど これも しっかりセンチだね~。
「ノンフィクション」ね・・
ま、色々電化製品が壊れたって話なんだけど。
よく 一気に壊れるよね・・電化製品って。

読んでいると引きずり込まれ、情景が見えるようです~♪

な~んか、とおーい、とおーい昔を少し思い出させてくれました。

まるで、散文詩のような・・・

いつも、情景描写が巧みなのに感心します。そこから、主人公の心の動きも読めるんですよね。

不思議なお話。ちょっと怖いようなお話。
でも何故かちょっと泣きそうになりました…。
今度昼間に一人でもう一回読み直して泣こうかな。なんて思ったり。
思い出と、不思議現象がなんかこう・・・スーッと心の中に入ってくるようなお話ですよね。同じような感じのお話でも、書き手によって「泣け具合」が変わってくるようなテーマなのに、ちゃんと心に響くのは、やっぱりなずなさんの書き方がいいからなんだろうなぁとか思っちゃいました(★´ェ')⌒ョo
こういうお話はカナリ好きなので、また是非書いて読ませて欲しいです☆(´ё`*人.+゚*。:゚+

最後の「ちょっとだけノンフィクション」がめっちゃ気になるんですが・・・・(ェ)ドコ?w

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/tb.php/82-5e51cc97

 | HOME | 

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

すずはら なずな

すずはら なずな

どれも短いお話ですが 
一つでも心に残ったら嬉しいな。

過去記事どこにでも、
コメントOKです。
舞い上がって
喜びます。

管理者ページ